債務整理太陽光発電

トンボ公園

2017/05/07(日)
連休も終わりました。
わが里も、何組か訪問者がありましたが、今朝、最後の1人が帰っていきました。
今日からは、しばらく静かな毎日が戻ってきます。

ハクビシンの襲撃から守り通した我が家のサクランボは、今年はたくさん採れました。
今日は近所の子供が採りに来ます。
それで収穫も終了です。

昨日は昼から、久方ぶりに四万十市のトンボ公園を訪ねてみました。
ナンジャモンジャの花が満開だと聞いたからです。

IMG_5624.jpg IMG_5619.jpg
        ここがトンボ公園…結構広いよ                 これがナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)
木に雪が積もったような、真っ白な花がふわふわと咲いていました。


IMG_5622.jpg IMG_5627.jpg
        アップにすると…こんな花です                            大量の睡蓮の花が待ってます


IMG_5632.jpg IMG_5665.jpg
       ピンクの睡蓮はとても優雅                           これは珍しい…アサザの花


IMG_5671.jpg IMG_5630.jpg
              水辺の花…名前は?                                         このトンボ…?ヤンマ


IMG_5640.jpg IMG_5654.jpg
この季節に、もうこれだけのトンボが飛んでいるんだねえ。


IMG_5657.jpg IMG_5669.jpg
             イトトンボの交尾                                これなんだ…シオカラトンボみたいだけど?

たまには、広いトンボ公園を散策してみるのも、いいんじゃないかなあ。
トンボの写真が大好きな《M字ハゲ親父さん》に会えるかな?  と少し期待していましたが、それらしき人とは出会えませんでした。残念。(笑)




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/05/07 09:02 ] 四万十周辺 | TB(0) | CM(2)

マイヅル草満開+第88回中村地区メーデー

2017/05/05(金)
雨模様の天気が続いていますが、5月1日は、そこそこいいお天気でした。
労働者の祭典・メーデーも、最近は労組の組織率も低下しており、年々影響も低下しつつあります。
しかし、労働者という者、考えてみれば、決して社会的強者には入りません。
どちらかと言えば、弱者であります。
弱者が身を守るためには、やはり団結しかなかろうと私は思う訳ですが、最近の労働者は《長いものには巻かれろ》主義なんでしょうかね。少し寂しい気がします。


IMG_5596.jpg IMG_5602.jpg

中村地区メーデーも、今年で88回です。
3年程前までは、全国でも珍しい《統一メーデー》が続いていた中村ですが、上部からの指令で連合が統一メーデーから脱落して以来、中村も全国並みに落ちてしまいました。


IMG_5611.jpg IMG_5617.jpg

四万十市の名物《赤鉄橋の下》お祭り広場で100人ほどが集結し、集会宣言の後、市内を中心部をデモ行進、再び赤鉄橋下に集まり解散。

今は昔…私も若いころに参加していた、にぎやかだった大阪のメーデーを思い出す1日でした。

DSC_1831.jpg DSC_1826.jpg

今年の連休…楽しみにしていた孫ちんたちの訪れはありませんでした。
だけど、楽しみにしていた花《北の花・マイヅル草》が満開を迎えました。
孫たちの為、育てているサクランボも今年はハクビシン対策を万全にして、赤い実を守り抜きました。近所の人にお分けしながら、寂しく甘い実を連れ合いさんと食べています。(笑)


DSC_1832.jpg

可愛い花です…マイヅル草。直径3ミリ程の小さな花です。
毎年6月には北海道への旅に出かけるのが、私たち夫婦の定例行事となっていましたが、昨年は選挙で、そして今年は新しい孫ちんの誕生が予定されているので、2年続けて北の旅は見送りになりそうです。


DSC_1801.jpg DSC_1806.jpg

スズランも満開になりました。今日あたりもう枯れ始めています。
ピンクのシャクナゲも写真撮影時よりもつぼみが開き、今満開です。


DSC_1808.jpg

赤いシャクナゲ…昨年他の木が倒れて枝が折れてしまいましたが、けなげに花を咲かせてくれました。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/05/05 10:37 ] 草花たち | TB(0) | CM(2)

愛媛・八面山登山その2

2017/05/03(水)

日本国憲法は、1946年(昭和21年)の「11月3日」に公布、1947年(昭和22年)の「5月3日」に施行となった。色々と議論はあったが、5月3日が憲法記念日となりました。
その記念すべき日に、この国の再軍備を悲願とするアベシンゾウが、またもこんな策動を…。

憲法改正「2020年に施行したい」 首相がメッセージ

憲法改正「2020年に施行したい」 首相がメッセージ

 
安倍晋三首相は3日、憲法改正を求める集会にビデオメッセージを寄せ、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と表明した。首相は改正項目として9条を挙げて「1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方は国民的な議論に値する」との考えを示した。

 18年秋の自民党総裁選での3選を前提に、自らの悲願である憲法改正の実現に意欲を示した。野党の反発は必至だ。

 首相がメッセージを寄せたのは、日本会議が主導する美しい日本の憲法をつくる国民の会などの改憲集会

 首相はメッセージで「憲法改正は自民党の立党以来の党是」とした上で、「憲法を改正するか否かは最終的には国民投票だが、発議は国会にしかできない。私たち国会議員は大きな責任をかみしめるべきだ」と強調。20年に東京五輪・パラリンピックが開催されることについて「日本人共通の大きな目標。新しく生まれ変わった日本がしっかり動き出す年」として20年に改正憲法の施行を目指す考えを示した。


そしてこちらは沖縄の翁長知事の談話…

翁長知事「地方自治を保障する憲法を尊重」 憲法記念日で談話

 



翁長雄志知事は3日の憲法記念日に合わせ、談話を発表した。施行70周年を迎えた日本国憲法について、「安全で安心な沖縄の未来を自らの意思で描くためには、地方自治を保障する憲法の理念を十分に理解し、尊重することが重要だ」と強調。「県民一人一人が平和と人権について考え、基本的人権を尊重し、平和の創造に貢献することを祈念する」と呼び掛けた。
 知事は世界各地の地域紛争や人権侵害、難民、飢え、貧困やテロが国際社会の問題になっているとした上で、「沖縄県民は古代より万国津梁の精神で、中国などアジア諸国との架け橋として友好関係を築いてきた。その後、沖縄戦や米軍統治などの苦難の歴史を通し、平和と人権の尊さを肌身で感じている」と指摘。さらに「これらの歴史的教訓から、アジア・太平洋地域における平和と交流の拠点として、恒久平和の創造に努めることは私たちの責務であると考える」と、県民の役割を提案した。


宗教的な超右翼団体…日本会議や財界人の占いで国の政治を進める総理…それがアベシンゾウ。
一国の政治が、こんな非科学的な方法で決められていいのでしょうか?
総理の発言と翁長知事の談話…どちらが重たいと思いますか?



愛媛・八面山登山その2

さて突然話は変わります。前号の続きです。
三本杭(標高1225.7m)の頂上で絶景を眺めながら、昼食を楽しんだ後は、コースを外れて頂上から見えていた《アケボノツツジ》を求めて移動しました。


IMG_5499.jpg IMG_5494.jpg


アケボノツツジは紀伊半島と四国に分布する落葉低木で、この仲間には3つの変種があり、三重・滋賀以東にはアカヤシオが、九州にはツクシアケボノツツジが分布している。
この花は色合いと言い形と言い、実にやさしい感じのする花で、私の大好きな花です。


IMG_5503.jpg IMG_5537.jpg


道を引き返し、今回の目的の一つ、自生する《山シャクヤク》の群生地を目指しました。
その途中にもいろんな花が咲いています。
左はスミレ(エイザンスミレか?)、右はエンゴサク…山シャクヤクの咲く沢の下へと下っていく途中に咲いていました。


IMG_5549.jpg IMG_5547_201705011504485fc.jpg 


そして苔の中に咲く、こんな小さな花も。右は目的の《山シャクヤク》の群生です。


IMG_5552.jpg


多くはまだ未開花でしたが、数輪開いてる花がありました。
我が家の庭にも咲いていますが、やっぱりねえ…山奥で見かける花は別品…です。
この場でコーヒーを沸かし、おやつを食べながら、しばし、気高い花の姿と香りに酔いしれました。


IMG_5569.jpg IMG_5573.jpg


見たこともない不思議な花にも出会いました。名前は当然分かりません。(笑)
右は二人静…まだ蕾でした。

しかし、なんですねえ。歌の文句にもあるじゃないか…《往きはよいよい、還りは恐い…》なんてねえ。ここまではねえ、景色もよかったし、素敵な花にも出会えたし、体調もばっちり…そのはずだったんだけどねえ…沢を歩きながら上から石が転がり落ちてきた。
でもまあ、そんなことはよくあることなんだよねえ。
気にしないで、それでも気を付けながら歩いていると、何度も石が落ちてくる。

見上げてみると、Hちゃんがこけている。何度もこけている。
大丈夫か?沢を抜け、登り口にかかると歩みがだんだん遅くなる。
平場にたどり着いた途端、Hちゃんがへたり込んだ。

肩があえいでいる。顔が真っ青だ。
慌ててシートを広げ寝かせて、温かい飲み物をつくる。
そんなこんなで1時間回復を待つ。

やっと立ち上がり再び歩き始めたが、ペースが落ちている。前後2人で引いたり押したりしながら、何度も座り込んで休憩もとりながら山を下っていく。


IMG_5574.jpg

IMG_5585.jpg


途中には、こんな花(テンナンショウ)も咲いていた。
結局、登りは3時間かかった道を、下りは5時間かけて降りてきた。
最悪《救助隊》の要請も必要か?と思ったこともあったが、何とか車にたどり着けました。

その頃には、もう日も落ちかけていました。愛媛の宇和海は夕日に照らされ、遠く九州の島影も見えていました。

その後、元気になったHちゃんと私の会話。
『やっぱり山登りは、車で登るに限るねえ。』
『そうだねえ、やっぱりドアtoドアがいいよねえ。』
『今度からは、歩くのは30分、長くても1時間以内でないとだめだねえ。』

今度から、山登りは以上の条件をクリアしない限り、不採用ということに決定しました。

何とも貴重な教訓に満ちた山登りの旅でした。



sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/05/03 17:51 ] 四国の旅 | TB(0) | CM(0)

愛媛・八面山登山その⓵

2017/05/01(月)

連休後半に知人3家族6人でと愛媛の八面山に登る予定をしていた。
ところが、予定は急に変わるのが通常なのだ。連休に帰る予定の無かった子供たちが帰ってくる…とのことで急きょ日程変更となりました。

実は、この山結構初心者には厳しいコースなのだ。南予アルプスと呼ばれる山で、大久保山(標高1155.5m) 八面山(標高1166m) 三本杭(標高1225.7m)のコースを歩くのに耐えられるように、近所の坂道を歩いて足腰を鍛えて挑戦する予定…だったのだが、突然の予定変更で、トレーニング不足状態で、不安を残した登山と相成りました。

車2台で出かけて、黒尊渓谷の途中にある《山のコテージ》さんに、車1台を預け、1台で登山口へ向かいました。

数年ぶりに尋ねた黒尊渓谷は狭い山道に落石がゴロゴロと転がり、運転初心者には厳しいかな。


IMG_5373.jpg                  IMG_5380.jpg
途中に咲いてた藤の花                                                        ここが登り口

黒尊渓谷から愛媛を目指し、山を登りきると眼下には宇和海が見えてきました。
海が見えたらすぐに登山口があります。
少し広くなった道端に車を止めて、装備を担ぎ、いきなりきつい鉄の階段を上っていきます。

何だかなあ、前途多難の予感が…。


IMG_5385.jpg IMG_5396.jpg
登山口辺りの標高は約800mほど。山は自然林で、新緑に染まり、何だか山が笑っている感じがしました。黄色い花はアブラチャンの花…結構たくさん咲いていました。


IMG_5400.jpg IMG_5414.jpg
山を登り始めて次に眼についたのは、                         こちらは山つつじ
白とピンクの筒状の花…馬酔木の花。
馬酔木は、漢字名のとおり、馬がアセビの葉を食べると酔ったように脚が不自由になるという。これはアセビの葉、花、茎に毒性があるためで、アセビという名前も「悪し実」(あしみ)から転じたとする説がある。その威力はすさまじく、アセビの葉を煎じて畑などに散布すれば殺虫剤として使うことができるほど。

今回の登山の一つの目的は、つつじとシャクナゲの群落を見ることだったのだが、時期が1週間前にずれたため、つつじもシャクナゲもあまり見れませんでした。


IMG_5450.jpg IMG_5422.jpg
シキミの花も咲いてました                                尾根に出て連山が見えてきました

いくつか登りと下りを繰り返しながら、のんびりと3時間ほど時間をかけて三本杭の頂上を目指します。

IMG_5436.jpg   IMG_5446.jpg   IMG_5458.jpg

標高1000m辺りから、ブナの木が目立つようになる。色々な樹形が眼を楽しませてくれる。
左の木の割れ目には、人が1人入れます。真ん中はこぶ瘤の木。

右側は2本の木がH型にくっついています。そのくっついた部分に宿り草が芽を出し花を咲かせていました。


IMG_5466.jpg IMG_5471.jpg
上の木に咲いてた花がこちらです。                                そして足元には可憐なスミレが…
珍しい花だそうですが、名前が?です。(笑)


IMG_5475.jpg IMG_5480.jpg
いくつも峠を越えて、足はもうガタガタ。         やっと目的地に到着…ホォ~ッ!
最後の登りがきつい。もうヘロヘロ…                 標高差400m以上登りました。


IMG_5482.jpg

頂上に着いて、もうこれ以上登らなくて済む…ホォ~~と落ち着いて、のんびりゆっくりお食事タイム。お湯を沸かしてアツアツの肉うどんとおにぎり、そしておかずで至福の一時を…。

この後に、それはそれは厳しい地獄の釜が蓋を開けて待っているとは、この時は想像もしていなかったのよねえ。地獄の話は次回へ続く…(笑)


sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/05/01 15:06 ] 四国の旅 | TB(0) | CM(0)

驕るアベ政権は久しからず

2017/04/26(水)

しかし、なんだねえ。
アベシンゾウと昭惠夫人の《森友事件》への関わり…一層濃厚となってきましたねえ。
逃げても逃げても、次から次へと《真実》が追いかけてくる。
国会で、週刊誌で、テレビで次々と真実が明らかにされていく。
もはや《共謀罪》どころの話じゃないでしょう。
《アッキード事件》事件どころか、疑獄の様相を呈してきました。
自公政権も、脚下照覧…まずは身内の不祥事、疑惑の一掃こそ、政権党として一番に果たすべき課題ではないでしょうか。

相次ぐ閣僚らの暴言、不祥事



山本幸三地方創生相
 観光振興に関して「一番のがんは学芸員だ。この連中を一掃しないとだめ」(16日・滋賀県大津市での地方創生セミナー)



今村雅弘復興相
 福島原発事故による自主避難者の帰還で「どうするかは本人の責任」「(不服なら)裁判でも何でもやればいい」(4日の記者会見)そして昨日…東日本大震災について「まだ東北で、あっちのほうだったからよかった。」…そしてついに辞任。



稲田朋美防衛相
 自ら森友学園の訴訟に出廷したことを示す資料が判明しても「まったくの虚偽だ」(3月13日の参院予算委員会)と虚偽答弁。その後、撤回



金田勝年法相
 「共謀罪」法案について「国会提出後に議論すべきだ」と質問封じの文書を配布(2月6日)。法案審議に入ると法務省刑事局長の答弁を繰り返す



鶴保庸介沖縄北方相
 辺野古新基地建設に反対する沖縄県の動きを「ポジショントーク(自身に都合のよい発言)をするような向きも、ないではない」(11日の記者会見)と侮蔑



中川俊直前経産政務官
 週刊誌で女性問題が報じられ辞任し、自民党離党(21日)。自身のフェイスブックに「不徳の致すところ」と投稿するも、公の場での説明はなし



務台俊介前内閣府政務官
 台風被害視察の際に水たまりで職員におんぶさせた問題に絡めて「長靴業界はもうかった」(3月8日の自身の政治資金パーティー)。その後辞任。



驕る自民・アベは久しからず
…もう自民党は、政権党としての体裁を持ち合わせていませんねえ。こんな政権《百害あって一利なし》早く退陣願おうではありませんか。



片や我が家の庭は、世間の汚濁から離れて、今日も可愛い花たちが咲いています。
IMG_5327.jpg IMG_5328.jpg
こちらはシラー…ブルーベルと呼ばれます                 可愛い花だが名前が?

IMG_5330.jpg IMG_5335.jpg
海老根蘭も10本ほどが満開です                   スズランもすごい勢いで増殖中

このスズランは、大阪の家で20年以上も鉢植えにしていましたが、一度も花が咲きませんでした。ところが四万十で花壇に移したら、途端に花が咲きだし、どんどん増殖して、他家に貰われても、それにもまして、テリトリーを拡大中です。


IMG_5347.jpg IMG_5348.jpg
この花、ランの一種だと思うのだが、名前が?
まるで稲の花のような咲き方で、何とも不思議な花です。


IMG_5354.jpg IMG_5356.jpg
                           デンドロリウム                                            シンビジウム

こちらは最近雨ばかりです。新緑は萌出て、山風景が変わってきました。薄緑、鮮やかな緑、深緑…様々な緑に彩られて、まるで《山笑う》…そんな状態になってきました。
もちろん、山菜採りも今がピークです。

私の体は、実はこの季節が一番調子の悪い時なんですが、そんなこと言っておられません。山菜を《今採らなくちゃいつ採るの?》てなもんです。毎日老体に鞭を入れて走り回っています。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/04/26 17:22 ] 政治の話 | TB(0) | CM(0)

北の花・マイヅル草が南国で咲いた

2017/04/24(月)

22日付の赤旗に、とんでもないスクープ記事が載っていた。

「森友」に契約書原案まで渡す
14年12月 貸付契約結ぶ半年も前佐川理財局長、事実認める

学校法人「森友学園」への国有地格安売却問題をめぐり、財務省は2015年5月に貸付契約を交わす半年も前に森友側に契約書の原案を渡していました。21日の衆院国土交通委員会での日本共産党の宮本岳志議員の追及に、佐川宣寿理財局長が認めました。契約書の原案には必要事項がほぼ全て記入され、後は署名と押印だけとなっていました。(以上引用)


「ありません」「知りません」「やってません」…国会で木で鼻をくくったような答弁を続けていた佐川理財局長が、ついに籠池氏に懇切丁寧な協力と指導をしていた事実を認めました。

この一事のみでも、森友学園問題にアベシンゾウの力が、役人の「忖度」が働いていたことが明らかになりました。よくも今まで、言論の府・国会の場でシャーシャーと嘘をつき続けてきたものだ。

もう一度国会で、事件に絡んでいた政治家や役人大阪府関係者の証人喚問がどうしても必要です。そして恥知らずのアベシンゾウには自ら高言した通り「総理も議員も」辞任してもらおうではありませんか。



さてさて、我が家では春満開…紹介しきれないほど様々な花たちが咲き乱れています。
先日は、バラづくりの得意な友人に来てもらって、鉢植えのバラを花壇に植え替えてもらいました。
見てると、我々のやり方と違いますねえ。きっちりと専用のスペースを設けて、下穴を深く掘り、土も数種類混合してバラの移植をしてくれました。(下の写真)


IMG_5340.jpg

以前に確保しておいた川の石を使い新規にバラ専用の花壇を作りました。
花壇で使用していた土と鹿沼土、牛糞堆肥を混合してそこへバラを植えていきます。
これから、バラがどんな風に伸びていくか、どんな花を咲かせてくれるのか…とても楽しみです。

IMG_5342.jpg

新バラ園?の向かい側に、楓の木の下に柵を作り、その手前にモッコウバラのようなつる性のバラ(名前は忘れました(笑))も植えてもらいました。
このバラのツルが大きく伸びてきたら柵をさらに増設して、横に広く這わせる予定です。

北の花・マイヅル草が咲いた❢

先日は我が家の庭に、大変珍しい《雪餅草》の変異種が咲いたことをお知らせしましたが、その後、高知市の牧野植物園に問い合わせました。それによると、肉穂花序の無い変異種の報告は他には無いそうです。来年もう一度咲いたら新種ではなくて《変異種》として認定されるそうです。

今日は、もう一つ珍しいお知らせがあります。
私たちが以前、北海道旅行の際、頂いてきた《マイヅル草》を、我が家の花壇に植えたのが、もう5年ほど前のことです。その時買ってきたクロユリの球根は、植えて数日後にイノシシに掘られて食われてしまいましたが、その後マイヅル草は、一応毎年、春になると芽を出していました。
しかし、いつも片葉だけで、一度も花は咲きませんでした。

やっぱり南国で花を咲かせるのは無理か…いつの間にやらあきらめていました。
それが今年、気がついたら、ナント❢ 花芽がついてるではありませんか。
目立たない実に地味な花ですが、気持ちとしては、もう飛び上がりたいほど嬉しい…やったあ…という思いです。(笑)

植物は環境に慣れるんですねえ。


IMG_5350_20170424100630f58.jpg



IMG_5352.jpg

まだ花は開いていませんが、この花、開いても本当に地味な花なんです。(笑)
また開いたらご紹介します。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/04/24 10:55 ] 草花たち | TB(0) | CM(2)

山の花、海の花

2017/04/22(土)
東の豊洲も、西の森友も…なんだか不完全燃焼のままですねえ。
真相は大体浮かび上がっては来ているのだが、権力側は確たる証拠があいまいなまま、幕引きに持ち込もうとしているようだ。
だけど、疑惑の中心人物《昭惠夫人》の証人喚問は行われていない。
なのに国会では、さらに国民の監視を強め、罪を犯してもいないのに処罰され、行為ではなくて、思想や信条が罪とされる…まるで106年も前の《幸徳秋水》のように、国家にとって不都合な人物は、ただそれだけの理由で殺される…そんな《共謀罪》の審議に入っている。

こんなことが許されるなら、アベシンゾウが自民党が、公明党が、政権の座に居座り続けるならば、この国は闇だ。正直者は馬鹿を見る。努力しても報われない。口先だけの権力におもねり、ごますり者だけが、おこぼれにあずかる。他人の足は引っ張りまくる。そして最後には、貧乏人は戦場へと狩り立てられ、命さへも無くしてしまう。

みなさん、そんな世の中がご希望ですか?
ご希望ならば、このままでも仕方なし。そうでないなら、アベ政権打倒の声をあげましょう。
まだ今なら間に合います。



さて、先日は、またまた、山へ山菜採りに出かけてきました。
まあ、改めて言うこともありませんね。ほとんど1日おきに出かけてるんですから。(笑)
今はイタドリとタケノコがメインです。
そんな中でも、色々と咲いてる花には、やっぱり気をとられます。持参のカメラでちょいちょいと撮ってきた花を紹介します。


IMG_5294.jpg IMG_5291_20170422080110ef1.jpg
                                       サギゴケ                                                       垣通し
今の季節になると、山辺の道沿いなどでよく咲いている。
サギゴケとよく似た花でトキワハゼもある。垣通しはツルが長く伸びるので見分けやすいが、その他のよく似た花がいくつかあって、いつも名前の確定に悩みます。



IMG_5293.jpg IMG_5301.jpg IMG_5303.jpg
赤い花と思ったら木の新芽でした                       こちらはタツナミソウ


IMG_5307.jpg IMG_5309.jpg
           こちらは浜辺の花…ダイコン草                       月見草に似た花…名前が?


IMG_5310.jpg IMG_5315.jpg
             ハマエンドウ                                                             ハマボウフウ


IMG_5317.jpg
                                浜昼顔

山や海辺に咲く花…これだけじゃありませんが、とりあえず、カメラに収めた花だけです。
ハマボウフウなど、最近は全国でも希少種に指定されているようです。私は根っこを採らず葉っぱだけ少しだけ摘んで帰りました。軽くゆでて、刺身のツマにすると、独特の香りと味が最高です。
夏の訪れを感じられる一品です。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/04/22 08:45 ] 草花たち | TB(0) | CM(0)

イタドリを求めて愛媛まで

2017/04/20(木)

四万十市は選挙戦の真っ最中だが、昨日1日だけぽっかりと予定が空いた。
今年はもう《イタドリ採りの旅》は無理かな?と思っていたのだが、この日を利用して、連れ合いさんと2人、速攻で小旅行に出かけてきました。


IMG_5287.jpg

今年は山菜が気象異常のため、例年より成長が遅いようです。それでも手押し車2杯分くらいは取れました。昨日と今日、2日かけて採ってきたイタドリの皮をむくと、こんなに少なくなりましたが、もう一つの器にもあります。併せるとスーパーの買い物かごに山盛りにはなります。
今塩漬けにしています。
しかし、なんですなあ。イタドリ採りの環境は年々厳しくなってきますねえ。今まで大量に採れてた場所が開発されてダメになったり、今まで見向きもしなかった愛媛の人たちがイタドリに興味を持ちだして、自分たちで採りだしたり…年々収穫は減少する一途です。


IMG_5282.jpg

タケノコの成長も例年より1か月ほど遅れましたが、4月に入りタケノコ堀も始まり、今朝になってやっとこさ、今年初めての《蹴倒しタケノコ》が収穫できました。
これからしばらくは、タケノコとイタドリ採りが続きそうです。
さらに5月になると、淡竹のタケノコも採れ始めます。





IMG_5286.jpg

サクランボの網囲いも完成しました。
昨年、一昨年と2年続けて、ハクビシンにやられているので、今年は網の下に大きな石をずらりと並べてハクビシンの侵入を撃退する作戦を採用しました。
また網も2重にかけています。
今年のGWは繋がりが悪くて、可愛い孫ちんたちは来れないそうですが、それでも頑張ってサクランボを人間様の口に入れたいものです。(笑)





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/04/20 06:00 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(0)

春の花が満開だ

2017/04/17(月)

昨日は四万十市では市長選と市議補選の告示日でしたが、我が家では連れ合いさんが早朝から所用で高知市内まで出かけましたので、私は選挙には参加せず、朝から《ワラビ採り》に出かけました。
今年は、たくさんのワラビが採れました。もうそろそろ終期です。
目を転じると、道路脇で孟宗竹のタケノコが20cmほど頭を出しています。そろそろタケノコ採りが本番を迎えそうです。
イタドリも盛期を迎えようとしています。

先週の土曜日には、卓球仲間と《タラの芽》と《セリ》や《ヨモギ》の天ぷらで宴会をやりました。皆さん田舎育ちの割に、山菜料理は珍しい…とテーブル一杯の山菜を食べまくり、残り物は《お持ち帰り》で楽しんでくれたようです。(笑)


さて、前号でお知らせした《雪餅草》ですが、花の筒の中にある肉穂花序…の無いもの…突然変異か?と付記していたものですが、山野草の先輩に聞くと、本当に突然変異で来年もう一度咲いたら《新種》に認定されるかも?との話でした。

早速ですが、《牧野植物園》に電話で問い合わせてみようかな…と思っています。

さて、我が家の庭ですが、《雪餅草》以外にも、多くの花々が咲きだしました。

IMG_5248.jpg IMG_5251.jpg
         ピンクのタイツリ草、白いのもあります                                  こちらはオダマキ


IMG_5252.jpg IMG_5253.jpg
                クリスマスローズは元気です                      八重の山吹…一重もあり、白もあります


IMG_5255.jpg IMG_5262.jpg
                                           都忘れ                               日本サクラソウ…どんどん増えてます


IMG_5263.jpg IMG_5266.jpg
                         黄色の日本サクラソウ                 春の妖精…二輪草も咲いた…今年は花が少ない


IMG_5277.jpg IMG_5280.jpg
        卯の花(姫うつぎ)…ホトトギスはまだか?                         紫蘭

春の山菜採りに走り回り、きれいな春の花たちに囲まれ、時々孫たちの声を聴き、一緒に平和な生活を送れたら、もう最高です。
でもねえ、その平和な生活をぶっ壊そうという無粋な奴らがいるんだよなあ。
アベシンゾウとその一味…こいつらがいなくなったら本当にいいのにねえ。

庭の鶯もメジロもヒヨドリたちも《そうだ  そうだ》と啼いています。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/04/17 13:03 ] 草花たち | TB(0) | CM(0)

雪餅草が咲きました

2017/04/14(金)

熊本地震の最初の揺れの発生から14日で1年です。今なお、熊本県では約4万7千人が応急仮設住宅や民間賃貸の「みなし」仮設住宅などで避難生活を送っています。仮設に入れず、自宅を補修しながら暮らす人も少なくありません。「先が見えない」と苦しむ被災者に、国は心を寄せ、財政支援などを強め、生活と生業(なりわい)の再建を急ぐべきです。

しかし国会では、12日の自民、公明両党による介護保険法等改悪案の同委での突然の審議打ち切り・採決強行について、13日与党側が謝罪しました。同理事懇は、14日に野党のみによる補充質疑(4時間)を行うことを決めましたが、熊本地震の救済も、もっと言えば東日本大震災の救済さへなおざりにして、自主避難者に対して《自己責任だ》と大臣か居直るなど傲慢無礼な国会運営が続いています。

籠池問題も早く昭惠夫人の喚問をして疑惑を晴らせよ。沖縄も基地強行やめろよ。稲田大臣も早く辞任させろ。原発は全面廃炉に…。
自民党と公明党に対する疑惑と不信は深まるばかりです。


さて、そんな中…四万十市は、今月の16日が市長選及び市議補選の告示日となっており、連れ合いさんは毎日走り回り、私はアッシー君として、結構忙しく毎日を過ごしています。
選挙以外にも、山野草採りは今がピークです。
体が2つあったらなあ…そんな生活を送っています。

そんな中でも、今年は花見を我が家だけでも3回もしたし、まあ合間を縫って、それなりに遊びも楽しく忙しく送っています。(笑)

そんな中ですが、先日から、私が楽しみにしていた花…雪餅草が咲きだしました。
以前より少し少なくなりましたが、それでも4本が芽を出し花を咲かせてくれました。
何とも言えない可愛い花です。


IMG_5243_201704141649129af.jpg IMG_5246.jpg
こちらはオスの花かな?                                            こちらがメスなのか?
○○タマがついています(笑)                                     タマがありません。こんなの初めてです(笑)
                                                                                     突然変異なのか?

IMG_5258.jpg IMG_5261.jpg
             桜も散り、地面はピンク色に                       今年初めてのタケノコ

やきもきしていた桜も散り始めると早いですねえ。雨に降られて散り《花筏(はないかだ)》状態に…そして今日は風に散り、庭で飲むコーヒーに花弁が舞い込みます。なかなか風流です。

そして、夕べ遅く家に帰ると玄関に、なんだが丸いものが…??と思いよく見ると、何とタケノコではありませんか。これは《タヌキの恩返しか?》と一瞬思いましたが、最近助けてやった狸に心当たりがありません。
はてな?と思っていたら翌日電話がありました。

近所の農家で《小夏っちゃん》と言われるみかんを買って、子供たちや知人に送りましたが、そのお礼だったようです。とんだ《タヌキの恩返し》でした。(笑)

毎年、我が家の横の竹やぶでも、3月初めからタケノコが採れるのですが、今年は気象異常で4月に入ってからやっとタケノコが顔を出しました。
もう1週間もするとピークも過ぎ、竹林の周りににょきにょきとタケノコが顔を出し伸び始めます。これを放置しておくと竹が道路や庭に侵入してきて大変な事態となるので、我が家では、このタケノコを毎年蹴倒して回ります。

そのタケノコの先端部だけを切り取り食用にしていますが、普通のタケノコと味も食感もほとんど変わりません。我が家ではこのタケノコを調理して後、冷凍庫で保存。1年を通して食べています。これを我が家では《蹴倒しタケノコ》と呼んで重宝しています。

さて今日は昼から、半年ぶりに私の《眼瞼性マルトリンパ腫》の定期検診日でした。通常なら連れ合いさんが《早めに出てあそこ行こ》とかで早めに家を出るところでしたが、数日前に大阪に住んでた時の町内会の知人が、お遍路の途中で我が家に寄りたい…との連絡があり、午前中ならいいよ…と早めのお出かけを中止していました。

すると突然電話…病院の先生の体調不良で日にちを変更して…の連絡が…おいおい、連絡遅いよ。もし早めに家を出ていたら、1日丸つぶれじゃないかよ。それも片道150㎞もあるのにさ。どうしてくれるんだよ…ぶつぶつ言いながら日程を変更しました。

従がって、今日1日、訪問者のNさんを引き留め宴会…そして夕方に次の宿泊地まで送り届けてきました。(笑)




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/04/14 17:28 ] 草花たち | TB(0) | CM(0)