債務整理太陽光発電

リンパ腫のPET検査+赤いカンナ

2013/07/14(日)

去る6月19日、眼瞼奥の腫瘍を手術で摘出した。願い虚しく、悪性リンパ腫と診断された訳ですが、不幸中の幸いと言いますか、低悪性のマルトリンパ腫でした。

この種の腫瘍は、転移の可能性も低く、快癒する可能性が高い…と言うことで、随分安心したものでしたが、その安全の裏付けをとるための検査…すなわち、全身にリンパ腫が転移していないか確認するための検査…PET検査(陽電子放射断層撮影)を医師に勧められていました。

瞼の傷もずいぶんと薄くなり目立たなくなってきました。あれから早、1カ月近くにもなんなんとしているわけではありますが、先日高知市内の大学病院まで、連れ合いさんと二人で、朝飯も抜きで、片道130キロも車で走ッてきました。(笑)

PET検査とは簡単に言うと次のようなものです。

・・・がん細胞は、勝手に仲間を増やして大きくなり、転移などを起こして広がります。その活動のエネルギーの元はブドウ糖で、がん細胞は正常細胞の何倍もの量のブドウ糖を取り込むため、F-FDG(放射性薬剤)を注射すると、この薬もがんの病巣に集まります。薬が集まったところからは放射線が多く放出されるので、それを捕らえて画像化することにより、がんの病巣を見つけ出すことができます

最近はPETとCTを組み合わせた"PET-CT検査"も増えています。薬が集まる様子を撮影するPETと、臓器の形状を撮影するCTを組み合わせ、一度の検査で両方の画像を重ねて表示することができるようになり、診断精度が向上しています。 ・・・私が受けたのは、このタイプでした。

午前中にPET検査を1時間半ほどかけて受け、午後から眼科の検査を受けました。
担当の眼科の医師は、私の手術を行った医師でしたので、症状と経過についての説明は、ほとんど要らなかったのですが、とにかくまあ、大学病院と言うところは、色々と検査の多いこと…大半の時間がここで消化されてしまいました。

まあ検査自体は、痛いのは注射くらいのものでしたが、とにかく検査費用だけで3万円かかりました。

検査の結果については、放射線の専門家の診断が数日後でないと出ないそうで、正式な判断ではありませんが、担当の眼科の医師が、画像を見た範囲では、特に問題の個所は見つからなかった…ということで、まずは全身転移の可能性は低いということが言えるだろうと思います。

そして、これから…これがまた大変…これで終わりじゃないんですから悲しい。。。。とほほほ。。。。。
今度は、これに加えてMRI検査、さらに血液内科の診察を受けなければなりません。

何でかと言うと、PET検査も万能ではなくて、これの弱い部分をMRI検査、さらに血液診察によって補完するのだそうです。まるで、自民党を補完する共産党以外の政党みたいな感じですっきりしません。(笑)

そして、これで他の部分の転移がないと判断されたら、次は手術後のマルトリンパ腫が再発しないように、この部分の根っこを根絶やしにする作戦…いわゆる
放射線治療を実行するかどうかの判断を迫られることになります。

放射線治療を行うとなると最低3週間ほど入院することになります。

医師は、眼窩部のマルトリンパ腫は低悪性で、生命に関わるものではないので、
放射線治療
をしないで腫瘍の経過を見守る判断もありますよ…と言ってくれてはいるのだが、さてどうしたものか?
悩ましいところではあります。

どういうことかと言うと、まあ、再発したらもう一度手術すればいい…と、そういうことでありますよ。(笑)

とりあえず最終判断は、全ての検査が終わった時点でしたいと思います。


 IMG_2474.jpg

 参院の  熱き戦い  カンナ燃ゆ   simanto114


いや~ 今回の参院選。民主異心に問題が多すぎて、反自民、反貧困、反原発、反戦護憲等の批判票の受け皿が共産党になりそうな、そんな面白い雰囲気が漂っていますねえ。

まあ、共産党にも反省してもらいたい面は確かにありますが、それでも、国民主権、反戦平和、弱者救済等のどの点をとっても、最も自公政権と対決している、たくましい政党であることは、どなたも異存のないところでしょう。

カンナの花は黄色いのとかありますが、やはり真っ赤なカンナこそカンナでしょう
真夏に燃えるカンナのように、赤い共産党…この夏に燃えていただきたいものです




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2013/07/14 07:00 ] 老化と病気 | TB(0) | CM(0)

禁酒・禁煙・禁パチ

2013/06/30(日)

一念発起して42年間吸い続けた 煙草 をやめてから、やがて5年になる。
そして 禁パチ…今年のスタートは絶好調だった
正月からいきなり13連勝

財布の厚みは膨らむばかり…むふふふふ 悦に入っていた。
その後バカ付きが落ちても5勝5敗…勝ちは大きく負けは小さい
おいらインスタント勝負師の心境に入っていた。

ところが 好事魔多し …とは、よくぞ言ってくれたものである。
4月の中頃から頭痛が激しくなってきた。
空気の悪いパチンコ屋通いで、また風邪ひいたかな?…そう思っていた。

ところが、いつまでたっても治らない。5月の連休に可愛い孫たちに会いに行ったが、どうにも頭痛が止まらない。ず~っと寝ころんでごろごろしていた。

連休終盤には、なんと水疱まで現れ始めたではないか。それでも ヘルペス だとは気付いていなかった。
連休後すぐに四万十に帰り病院に行ったら、即日入院
それから1週間、ず~っと点滴とお友達。頭痛は激しく寝られない夜も3日ほどありました。
空気の悪いパチンコ屋さんでの体力低下が原因だったようです。

退院してからも、痛み止めと仲良し…2ヶ月近くたつのに、未だに痛み止めを飲んでいる有様です。
でも、こちらはなんとか目処が立ちました。もうすぐ薬とお別れできそうです。

それから、当ブログでも紹介していますが、眼瞼裏の腫瘍の手術…これもなんとかうまく行きましたが、悪性度の低い MALT リンパ腫…とのことで、まあとりあえず命に別条はないようでほっとしていますが、しばらくは病院との縁が切れそうにありません。

まあ、そんな訳でおいら、もう二度と空気の悪いパチンコ屋さんには足を踏み入れないことを決意しました。(笑)

それから、痛み止め飲みながらアルコールは飲めないので、もうね、ず~~っと、この2ヶ月間アルコールを口にしておりません。あっ、でも、ちょこっとだけ飲みました。

まあ、そんな 禁酒・禁煙・禁パチ の生活…聖人君子になったような気分ですが…そんな生活がしばらくは続くものと思われます。
私の近況報告でした。


IMG_2291.jpg

写真はベンケイソウ科のタキタスベルス・キングスター。
次々と鉢が増えています。
名前の通り、少し大きめの星型の花が咲きます。


IMG_2229.jpg

四万十は連日雨続きです。
うっとおしい空模様と病気で萎えそうな?私の心を可憐な花たちが癒してくれます。
あっ、それから私の リンパ腫 の記事で心配した子供たちから、色々と連絡がありました。
可愛い盛りの孫たちとのスカイプのおまけつきで。。。。。。




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2013/06/30 09:59 ] 老化と病気 | TB(0) | CM(0)

瞼の手術+サボテンの花

2013/06/21(金)

入院している間に台風4号発生とのことで、四万十は今日も雨に降られています。
まあ、それにしても昨夜の試合…ナデシコの試合はひどかったですねえ。

パスはボロボロ、コンビネーションはバラバラ…これがワールドカップを制したあのチームと同じなんだろうか?と疑いたくなるようなひどい試合でした。
監督も選手も、もう一度基本から考え直し、仕上げ直さないと、今後の試合は全く見込みがなかろうと私は思いました。

さて、先日から 眼瞼裏の腫瘍摘出 のため入院していましたが、昨日帰ってきました。
今は、瞼がはれあがって、お岩さん…状態です。(笑)

上瞼と眼球脂肪の間に肉腫みたいなもの(今検査中…)ができていました。
形は小判を半分に切ったような形で、大きさは縦横約3センチくらい、厚さは3ミリから厚いところで6ミリくらい…結構でかくて、奥まで入り込んでいました。

先生の話では、予想よりもかなり深くまで入り込んでいて、手術に手間取ったそうです。
とにかく痛かった
瞼の周辺に注射器で局部麻酔を何か所も打っていくのだが、これが痛い
麻酔が効いてきたら、今度は針先で切開部の周辺をチクチク…≪痛くないですか?≫

痛い…と返事すると、また麻酔注射…まあそんなことの後に、手術が始まったけですが、当初30~40分の予定が伸びて1時間半にも…おかげで先生もくたびれたようですが、私も大変

最後は麻酔も切れてきて、傷跡を縫う時にチクチクと痛い
先生≪痛いですか? もう一度麻酔を打ちましょうか?≫

いや先生、ここまで来たら麻酔はもういいです。辛抱します。

・・・いやまあ、そんなことで、やっとこさ手術も終わりました。
次の抜糸の時に、腫瘍の検査結果が出ると思います。
良性でありますように 無神論者が神様・仏様に祈っています。(笑)


IMG_2197.jpg

さて、こちらは庭のウチワサボテン。 キキョウとサボテン で紹介しました足跡形のサボテンに花が咲きました。


IMG_2201.jpg

黄色い可愛い花が、現在6輪も咲いています。
最近いくつかの病気に取りつかれていましたが、これを契機に、この花のように爽やかな生活に戻りたいものです。



a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2013/06/21 08:44 ] 老化と病気 | TB(0) | CM(0)

GWからの遅れた帰還…ヘルペスとの戦い

2013/05/16(木)

いや~~ 参った 参った

橋下の慰安婦問題の発言もひどかったが、私にとって、今度の連休ほどひどいものはなかった。
当初、4月の末に瞼の手術を予定していたのに、手術日の直前になって担当の医師が倒れちゃったので、手術延期~~なんて連絡があって、その後音沙汰なし・・・こんなことってあり~?

まあいいか! なら、この間に久しぶりに孫ちんとご対面 なんて張り切って、大阪へと向かったのがよかったのか?悪かったのか?

大阪へ着くなり、なんか痛いなあ~と感じていた頭痛がひどくなり、それでも孫ちんと遊ぶのは楽しくて、頭を抱えながらも、孫ちんと笑ったりして月日は楽しく過ぎていったのでした。

そして連休の終わりごろになると顔面に傷が現れ始めた。
あれっ あれあれ・・・

慌てて、連休明けの7日には可愛い孫たちに別れを告げて、急ぎ四万十へと帰ってきたのだが、どうもおかしい・・・だんだん瞼がはれてふさがり始めた。その上発疹が顔面および頭部に現れ始めたではないか。
こりゃ~病院行かなくちゃ! でも9日には耳の定期検診がある。それを済ませてから皮膚科に行こう・・・なんて思い、9日に耳鼻科に行ったらいきなり言われました。

こりゃあかん! 入院やな! ヘルペスや!
耳鼻科どころやないで…今からすぐ皮膚科で受診や!…てなことで耳鼻科の先生の一方的かつ強制的紹介によって皮膚科へ・・・とほほ・・・その場で『ハイ!入院です!』病名は≪帯状疱疹

それから1週間、ずっ~~っと点滴の針を腕に刺して、私は病院のベッドで泣いていました。
何にもできないし、顔面ヘルペスでせっかくの男前?は台無しやし、頭は半端やない、ガンガン痛いし、4日間ほどは痛み止めも効かずに眠れない とほほ…な日が続きました。

退院して、今日はまた眼科の検査に行ってきましたが、こちらでもヘルペス用の目薬を頂きました。とほほ。
袋いっぱいの痛み止めの薬を抱えて、これからもしばらくは痛みと同居した生活が続きそうです。なお顔面にはかさぶたがいっぱいです。『どうしたんや?』と知人に聞かれたら、『嫁はんにやられた!』…と答えることにしています。



IMG_1951.jpg

まあ、そんな、とほほな生活が当分続くかと思いますが、久しぶりに見た庭の景色はずいぶんと変わり、夏の訪れが感じられます。

↑の写真は、オオヤマレンゲの花ですが、連休前に撮ったものです。
いかにも可愛い、楚々とした感じかあります。



IMG_1985.jpg

そして、この写真…これは今日撮ったものです。もちろん同じ花ではありません。
いくつも蕾が付き、順番に開花しては枯れていく…そんな繰り返しの一端ではあります。

まあ、浪速友あれ!…じゃない…何はともあれ、今日からブログも復活します。

またよろしくお付き合いください。



a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2013/05/16 17:06 ] 老化と病気 | TB(0) | CM(0)