債務整理太陽光発電

小学校の運動会

2014/09/29(月)

神の山…御嶽山の突然の噴火は多くの犠牲者を出し、今もなお捜索が続けられています。
よりによって週末に当たったため、登山者が多く、犠牲者が増えてしまったようです。

御嶽山では、最近地震が多く、後になれば、警戒レベルを上げておれば…の意見もあるようですが、まあ、実際には難しい判断だと思います。
また、警戒レベルを2に上げていても、あまり結果には影響なかったのでは…と私は思います。

最近の日本国民は、危険に対する(政治にも身体に対しても)本能が、退化しているように、私には思えるので・・・・・。

IMG_8976.jpg
5,6年生による組み体操

まあ、そんな中、昨日は久しぶりの青空のもと、午前は、近くの名鹿港祭りに顔を出し、昼からは連れ合いさんが、何年か学習の面倒を見ていた子の、運動会があるからと、まあ何十年ぶりに小学校の運動会を覗いてみました。(笑)

1,2年生の踊りでは、我が家の孫ちんそっくりの可愛らしい女の子が、列の先頭で踊っていて、連れ合いさんは声をあげて笑っていました。

IMG_8927.jpg

それにしても、この写真、何だと思います?
シリアの難民キャンプではありません。運動会のグランド風景です。

私は、こんな風景は初めて見ましたが、ここ四万十では普通の風景らしい。誰も違和感を感じている人はいないようです。(笑)

グランドの周り全体に、車やテントがズラリと並んで、ちょうどこの時間は昼の休憩時間だったこともあって、テントや車の周りで、みんなそれぞれに、ご飯を食べたりお茶を飲んだり、中にはおちゃけを飲んだり?しておられました。

所変われば品変わる…なんて言いますが、ホントにそうですねえ。私もねえ、少しびっくりしました。





a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2014/09/29 09:28 ] 四万十周辺 | TB(0) | CM(0)

台風11号通過中・・・

2014/08/10(日)

いや~~  久しぶりの大型台風直撃でした。
前回、8号台風で倒された皇帝ダリアは、補強したので無事でしたが、他の鉢植えなどが若干飛ばされました。とほほ・・・

昨夜はテレビやパソコンで台風状況を確認していたら、10時半に突然電気が切れました。
全くねえ、久しぶりの停電ですわ。まあ、原発のメルトダウンではないな…と思いましたが、かなり河川はあふれそうで、風雨もかなり強まっていましたので、こりゃ~ 停電長引くぞ…と直感しました。

いつもの停電なら、そのまましばらく待つのですが、今回は懐中電灯を探し、2階からローソク立て2本持ってきて、これも久しぶり…ここの家では初めて、ローソクの明かりが灯りました。

ローソクの明かりで、乙な気分で30分ほど待ちましたが、どうにも電気の復旧は長引きそうです。
仕方なくベッドに入りましたが、12時過ぎる頃には大嵐です。風の音と木々のざわめきが、そして雨音が激しくなるばかりです。

そして朝方、6時18分に電気がつきました。約8時間もの停電でした。
早速、電話機や機器類の時計合わせをして、外に出ると、外はもう大変!

木の枝や葉っぱが所構わず散らばっています。


IMG_8688.jpg 

そして、道路への出口はご覧の通り、竹やぶの竹が5~6本ほど倒れています。
こいつを切り倒して排除しないと、外へ出られません。
朝から、大わらわ…汗をかきながら処理を済ませて家に戻ると、なんと連れ合いさんは、まだベッドの中…白河夜舟でおました。

まだ水害の状況は把握していませんが、四万十市内でも、かなりの範囲で避難指示や勧告が出されていたので、浸水等の被害が、ある程度出ているのではないかと思われます。

午前8時現在、台風はまだ高知県を通過中の模様ですが、四万十市内では、もう雨もやみ風もかなり弱まってきました。
さて、大阪の孫ちん…今夜あたり高知へ向けて出発できるかな?


a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください。

[ 2014/08/10 08:03 ] 四万十周辺 | TB(0) | CM(0)

初夏の四万十川

2014/05/16(金)

私の住む、ここ南国四万十市も、最近雨が多く、もう梅雨入りなの?…といった感じですが、先週の週末、まだ一度も完全走破したことのない、高知でも最悪の国道≒惨酷道=439号線(通称  ヨサク)を走ろうと計画していたのだが、理由は省略するが、我が愛車(軽トラのジャンボ君)が、急きょ、6カ月点検に入ってしまい、時間的に無理となり、時間が空いてしまったので、予定変更で、初夏の四万十川沿いのドライブに出かけてみました。


IMG_6114.jpg


この日は、実にいい天気!
空は晴れ渡り、空気は澄み、ウグイスののどかな鳴き声が聞こえる四万十川沿いの道は、まだ狭い個所が多いけど、実にさわやかなドライブ道でした。

四万十川の良さは、緩やかな川の流れとカーブの多さ、そして、できるだけコンクリートを見せない、昔ながらの自然な感じの景観がいいですねえ。


IMG_6132.jpg


中流域にある田舎食堂…最近、観光客も増えつつある『しゃえんじり』で、近所のおばちゃんたちが作る手料理のバイキングを昼食に食べ、沈下橋をいくつか渡り、川の両側を往復しながら、景色を楽しみつつ家路につきました。

ここは、今回新しく発見したポイントです。
丘の上の小さな静かな、全く目立たない公園からの景観です。(笑)


IMG_6140.jpg


写真の橋は、川登大橋…かなり高い橋ですが、豪雨の時は、この橋の橋脚が隠れることもあるそうです。そうなると、もう辺りは大変…集落は水浸しとなります。

昔ほどではなくなったそうですが、四万十川は今も、見た目と違い、暴れ川の異名は撤回されていないようです。





a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2014/05/16 07:00 ] 四万十周辺 | TB(0) | CM(0)

四万十市の菜の花祭り

2014/03/09(日)

昨日は久しぶりに、四万十市菜の花祭り を見学してきました。
毎年この季節に開かれる菜の花祭りは四万十市の観光開きも兼ねた催しとなっています。

赤鉄橋上流の四万十川河川敷には、数キロにわたって柳の木が植えられ、柳の木の下には、真っ黄色の菜の花が、これも数キロにわたって続いています。

清流四万十川を渡る風と共に、パステルカラーの一面の菜の花が、ウグイスの鳴き声も混じり、泣きたくなるような郷愁を誘います。


IMG_5098.jpg 
四万十河原の菜の花


写真をたくさん並べたいところだが、このブログ、一応制限があるので、多くは並べられない。まあ、いつもの通り、2枚だけにしておきましょう。(笑)


IMG_5068.jpg 
草花のお浸しや天麩羅弁当


そして昼ご飯は、『野草づくし』の炊き込みご飯、ギシギシやハコベ、カラスノエンドウヤブカンゾウ、カキドオシ、セリやクレソンなど、たくさんの野草の天ぷらやお浸し、白和え、それから、ノビルの味噌和えなど、春のお味は、少し日向くさい匂いもしたけど、たっぷりと楽しんでいただきました。

この日は、菜の花をバックに、琴の演奏会も行われ、私は連れ合いさんと二人、会場正面の野点会場で赤い毛氈を敷いた床几にすわり、無料ふるまいの羊羹と抹茶を飲みながら、ホント、久方ぶりの風流を体験いたしました。(笑)



a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2014/03/09 07:00 ] 四万十周辺 | TB(0) | CM(0)

四万十川の海苔採り風景

2014/02/05(水)

1週間ほど暖かい日が続いていましたが、昨日は北風が吹いたせいで、かなり体感温度が下がったようです。
東京辺りでは、また雪が降ってるようですが、それにしても四万十の冬は暖かいです。
私たち夫婦は、せっせと北風に向かって生きています。昨日も土筆採りに四万十河原で励んできました。(笑)

しかしまあ、来週あたりから、忙しくなりそうですねえ。
東京知事選の結果で、ワイのワイの。それに大阪の『ドアホ市長』も辞任して、再選挙…だとか。金もないのに簡単に無駄遣いしてくれますねえ。
大阪市民も、今回こそ橋下なんぞ落としてほしいもんです。

ところで忙しい本命は、これです。冬季オリンピックが、いよいよ始まりますねえ。
なんだかんだと、ソチも大変そうですが、私個人としては、今からワクワクして開催を心待ちにしています。

色々と今回は日本人選手の活躍を楽しみにしています。
その中でも私が一番驚いて、期待しているのは…『怪物飛行少女・高梨沙羅ちゃん』です。

つい先日、W杯ジャンプ女子個人第13戦(オーストリア・ヒンツェンバッハ)で、高梨沙羅(17)ちゃんがまたも優勝  米国のサラ・ヘンドリクソン(19)の持つシーズン単独最多勝利を抜く今季10勝目を挙げました。そして通算勝利も、W杯初優勝からわずか1年10カ月で、荻原健司(ノルディック複合)に並ぶ日本人最多の19勝としたではありませんか

彗星のごとく日本ジャンプ界に登場した…と思ったら、あれよあれよと勝ち星を重ね『日本の沙羅』から『世界の沙羅』へとのし上がってしまいました。

まったく驚きです。驚天動地です。
可愛い日本の高校生が、ほとんど何のドラマもなしに、あっという間に、ジャンプの歴史を塗り替えてしまいました。

沙羅ちゃん、こんなに早く、あらゆる栄光を手に入れてしまったら、これから先、果たしてどうなるのでしょうねえ。。。。考えると眠れなくなりそうです。(笑)

まあ、その他の選手も含めて、冬季オリンピックを一杯楽しみたいと思います。
できるなら、テロなんぞ…無粋なことは起こらないように願っています。


まあ・・・前置きが長くなってしまったので、本題はちょっとで終わりましょう。(笑)
冬の四万十川の名物は、夜のシラス採り(ウナギの稚魚)と、海苔採りです。

今年の海苔は、例年にない成長ぶりで、普段の倍ほども収穫があったようです。
川に入る人も例年より数倍も多く見かけました。


IMG_4702.jpg 
四万十川下流の海苔養殖場


IMG_4742.jpg 
こちらは四万十川本流での天然海苔採り

小舟で、川の浅瀬に乗り入れ、人が直接川に入り、熊手みたいなもので川底の海苔を掻き採ります。収穫した海苔は、川の海水でよく洗い、河原に張ったロープにかけて乾かします。

今年は大漁で買い取り価格が少し下がったようですが、まあ、採れる量が多いので、今年は短期間でずいぶん稼ぎ、有卦に入ってる人もいるようです。(笑)


a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2014/02/05 07:00 ] 四万十周辺 | TB(0) | CM(0)

沖縄・名護市長選+伊才原

2014/01/10(金)

いつもの前置きですけど
沖縄の基地問題…大変な事態を迎えていますねえ。
昨年11月に県選出の自民党国会議員、自民党県連が脅かされ、屈服させられました。
そして今度は、やっぱりねえ…仲井真県知事さん…とうとう土壇場で県民の想いを見事に裏切ってくれました。

国民に対する情報公開度では世界の後進国とも言われているこの日本で、さらなる秘密保護法なるものを設置して国民に対して、まさに封建社会そのままに『知らせるべからず、よらしむべし』という、時代錯誤とも言えるタカ派政策を推し進める自公政権ですが、その中心の自民党…今回の自民運動方針案では、ついに靖国参拝継続・改憲を明記… 「不戦の誓い」は削除してしまいました。

安倍政権の暴走、このまま認めてしまっていいのでしょうか

時はちょうど、沖縄・名護市長選 が12日告示・19日投票で行われます。今回は何としても
稲嶺ススム市長 の当選で、自民党の県民裏切り&戦争追求の政治姿勢に痛撃を与えたいものです。
いくら知事が辺野古基地承認をしても、現地の市長さんが反対すれば、辺野古基地は実現しません。みなさんどうか、沖縄の知人に声をかけてください。


しかし、それにしても寒いですねえ。今日は我が家では恒例のたき火で温まっています。(笑)
6日に四万十へ帰ってきて、今日あたりやっと日常のペースに戻ってきたように思えます。

昨日は寒い中、寒い山の中の集落へ出かけてきました。
四万十市街から15キロほど北へ進むと、前が森という610mほどのお山があります。
その麓にある伊才原と言う集落に知人を訪ねてみました。



IMG_4609.jpg 

IMG_4612.jpg 

石垣を築いて作った棚田と集落…どうです。田舎でしょう。
でも私が田舎だと言うと『あんたんとこよりは都会だ』と返されます。

まあ、50歩100歩だと思うんですけどねえ。(笑)

知人の隣のお婆ちゃんに『ここは冬は寒いけん、夏においで…夏は涼しいけん…』と言われましたよ。確かにお山から吹き下ろす風は、とても冷たく、『安倍シンゾウの政治』に匹敵する冷たさでした。


a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2014/01/10 16:43 ] 四万十周辺 | TB(0) | CM(0)

冬の四万十川

2013/12/21(土)

攻めには強いが守りには弱い…と私は見ていましたが、近頃傲慢な言動の目立った猪瀬都知事が、ついに 辞任に追い込まれました。
かっての盟友、石原も小泉もピンチには知らん顔…まあ、当然ともいえる政治の世界のにことでした。

それはそうと、今度は沖縄の基地問題が熱くなっています。
今月25日には結論を出せと迫っています。
・・・日米両政府は、「辺野古が唯一の選択肢」(10月3日の2プラス2合意)であると確認。普天間基地「固定化」の脅しで自民党県連に「県外移設」の公約を撤回させる一方、「沖縄振興策」をぶら下げるなど、「アメとムチ」を総動員して、仲井真県政に襲いかかっています。

さて、保守県政ながら県民の熱い魂の叫びに支えられ、ここまで頑張ってきた県知事さん。これからもがんばり続けてくれるのでしょうか
なんとか、最後まで闘い続けてほしいものです。

ジュゴンが住むと言う沖縄の美しい海を、人殺しの、戦争のための基地なんかに変えてもらいたくないものです。


IMG_4437.jpg

ここ四万十も冬を迎え、寒い日々が続いています。
昨日は高知市内でも初雪が観測されたとのことですが、四万十ではまだ見ていません。
写真の四万十川…中流域の久保川辺りの景色です。
ちょっと寒々と感じますねえ。(笑)


IMG_4461.jpg

こちらの写真は、四万十川下流域…小雨の中、ちょうど川のなかほどから七色の虹が立ち上っていました。
こうして虹を眼前で間近に見ると言うことは、ありそうでいてめったにないものです。
嫌なことの多かったこの1年…これから先、庶民が何か希望を持てるような、良いことが起きたらいいなあ・・・心からそう思います。


a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2013/12/21 16:09 ] 四万十周辺 | TB(0) | CM(0)

東京五輪決定と四万十市花火大会

 2013/09/08(日)

昨日、ついに2020年のオリンピック開催地が東京に決定しました。
まあ~、そのことはほぼ予感していました。だってねえ、スペインはこの間、バルセロナ五輪やったばっかしだし、イスタンブールは政情不安定で経済的にも不安だし、まあ、そんな訳で約半世紀ぶりの東京五輪が決まった訳ですが、この時の安倍総理のプレゼンが私は気に入りません。

昨日掲載した、猪瀬都知事の話と同じ…福島の汚染水は、福島原発の海域0.3平方キロに抑え込んで、完全にブロックしているので安全だ…なんてノタマッタらしい。(笑)
だったら、福島近海の漁師たちは、ありもしない放射能汚染に恐怖し、事実無根の放射能除染、防染の要望を政府に行っているのだろうか

冗談じゃない 事故後2年半も経過しているのに、未だに高濃度の汚染で迂闊に立ち入りもできない原子炉の付近では、作業員は戦々恐々のあり様ではないか。
しかも、いつ燃料棒を取り出して、どこに保管するのか…未だにその日程も手段も場所さへ決められないのが現実として存在するのに、どこからいったい、そんな安全宣言が出せるのか

この国の総理、そして首都の知事に対する不信の想いは高まる一方です。


まあ~、そんな胡散臭い話が飛び交うこの国ニッポン…ではありますが、庶民の暮らしは一日たりとも止ってはいません。

ここ四万十市では、先週予定されていた花火大会が雨で延期され、昨夜いつもの場所、赤鉄橋の下の河川敷で行われました。
昨年は四万十市の人口を上回る4万人が参加したようですが、私の感じとしては、今年はさらに増えたのではないでしょうか。

まあ、そんな押し合いへしあいで汗をかきながらも、夜空を彩る9000発の花火を楽しんできました。
写真は、クリックすると少し大きくなります。

IMG_3106.jpgIMG_3169.jpg

右上の橋が赤鉄橋。河川敷には御覧の屋台が数百…ずらりと辺り一面に並び、なかなかの圧巻です。
まあ、後は説明なしです。花火…うまく撮れた自信はありませんが、お楽しみくだされば幸いです。(笑)

IMG_3180.jpgIMG_3244.jpg

IMG_3250.jpg  IMG_3274.jpg 

  IMG_3284.jpgIMG_3296.jpg

IMG_3314.jpgIMG_3322.jpg

IMG_3326.jpg  IMG_3338.jpg  




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2013/09/08 09:48 ] 四万十周辺 | TB(0) | CM(0)

夏の四万十川風景

2013/07/19(金)

我が家では昨夜も月下美人が2輪開花しました。
三夜連続の開花です。(笑)
この分だと、八月に入ってもう一度くらい開花しそうな予感がします。


さて、日差しも何となく秋の気配を感じるようになってまいりましたが、それでも暑い!
ここ四万十川河口付近は、夏でも庭の水撒きが要らないほど、良く雨が降る地域なんですが、前回の台風4号だったっけ?…あれ以来全く雨が降りません。

連れ合いさんは、毎日の水撒きが日課になってしまったようです。(笑)

私も少年時代は、暑い太陽のもと、1日中真っ黒になって野山に遊び、海に潜ってたもんですが、子どもの体力って、今思うと凄まじい の一言です。
今はねえ、熱中症にかからないようにと、1日中冷房の利いた家の中でパソコン触ったり、本を読んだり、ぐうたらぐうたらの毎日です。

本当にえらい違いです。


IMG_2411.jpg


今日は、連日晴天が続く、四万十川の写真を送ります。
ここは、四万十川河口から数キロ上流の四万十川と後川が合流する地点です。
お遍路さんに人気のスポットです。

川向うの土手道が、私たちが四万十市内へ買い物や用事で、いつも通る道です。
大阪時代のコンクリートに囲まれた、渋滞続きの道路と比べれば、まさに雲泥の差、月とすっぽんです。(笑)
8月に入ると可愛い孫たちが、四万十にやってきます。
この川や海で満足するまで遊ばせてやりたいものです。(笑)


IMG_2400.jpg


庭では連日の猛暑にも負けず、各種の花たちが咲いています。
この花はコムラサキです。熊葛(くまつづら)科、ムラサキシキブ属になります。

よく紫式部と間違われますが、紫式部よりも実が小粒でびっしりと数多く実がついています。

暑い夏の最中…可愛い花を咲かせてくれます。



a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2013/07/19 13:24 ] 四万十周辺 | TB(0) | CM(0)