債務整理太陽光発電

今年最後?のムカゴ採り

2015/11/11(水)

昨日は午前中ぽっかりと空き時間ができてしまった。
「ムカゴ採りでもいこか?」と連れ合いさんに声をかけると、「うん、いこいこ!」と声が返ってきた。

もうこうなりゃ仕方がない。
今年はもう、5回ほどムカゴ採りに出かけたのかな?
え~っと、まだ回って無いコースは?…なんて考えながら、少し遠周りのコースに軽トラ君を走らせる。

そういや、軽トラ君も良く走らせるねえ。もうすぐ車検なんだが、トータルで18000㎞を越えた。今回は半年で5000㎞越えてしまった。


IMG_3573.jpg

これが、昨日の収穫です。ムカゴもずいぶんと大きくなりました。直径25㎝のボウルにほぼいっぱいありました。良く見ると若干異物が入っています。ムカゴの大きさが分るようにと卵と銀杏の実を入れてみました。
大体大きさが理解していただけたでしょうか?(笑)

もうずいぶん、ムカゴもたまりました。正月に逢える孫ちんたちへの土産にしようと、少しだけムカゴご飯にしていただいた後、冷凍庫に入れて保存してあります。


IMG_3570.jpg

そして突然登場の、このおじさんは誰だ?なんて…おじさんはどうでもいいのです。
この写真は連れ合いさんが撮ったもので、どうしても、読者のみなさんに、どうやってムカゴを採っているのか?…その様子と道具を紹介したい…と、この写真をブログに載せろ…とうるさいもので、仕方なく掲載します。とほほ。。。

ムカゴの群れの下に、直径1mもある大きな網を置いて、右手のアルミ棒でムカゴをたたき落として採取する訳ですが、この網は釣竿を利用したもので、伸ばすと4mほどになります。もちろん私の手作りです。
またアルミ棒も3段伸縮で、これも伸ばすと4mほどになります。私は如意棒と呼んでおります。

まあ、この道具を担いで、四万十の山野を駆け巡っている訳です。
当初はアルミ棒ではなくて、壊れた釣竿を担いでいましたので、出会った人たちに、『山の中で何を釣るんだ?』と不思議そうに声をかけられたものでした。(笑)

まだまだムカゴは山野に残っていますが、これから冷え込んてせ来ると、もう一つの楽しみ…キノコ採りが待っています。今はもう、そちらの方に気が移りつつあります。





a_01.gif
← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2015/11/11 20:58 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(2)

ハチク筍のシーズンに

2015/05/13(水)

昨日12日は、5月にしては珍しい台風の襲来となった。
まあ、とにかく足の速い台風で、風が強くなったな…と思う間もなく、四国沖を駆け足で通り過ぎて行った。

春は、山菜のシーズンで、我が家では1年で一番忙しい季節なのだが、さすがに5月に入ると、もう採れる山菜も限られてくる。
事実上山菜採りも終わりとなる。


IMG_0781.jpg

今年初めてメニューに加えた山菜に、クサギの葉っぱがあります。
茎や葉っぱを折ると、くさ~い匂いがするので臭木(くさき)と呼ばれるようになったそうな。
秋には当初白く、次第に赤っぽい花の真ん中に紺色の宝玉みたいな実をつける…あの木です。

軽く湯がいて、水にさらすと匂いと苦みが薄れていきます。
それを油でいためたり、酢醤油で食べたり、あるいはみそ汁に入れたりして食べます。
味はなかなかいけますよ。美味しくて癖になりそうです。(笑)


IMG_0932.jpg

そして5月と言えば、やはりハチクの筍です。
毎朝起きてすぐ、近くの竹林に入り籠いっぱいの筍を採ってきます。
連れ合いさんは、もう冷凍庫がいっぱいだから控えるように言いますが、このハチクの筍がまたうまい。
ついつい採りすぎてしまいそうです。



IMG_0933.jpg

皮をむいて湯がくと、こんな感じです。孟宗竹の筍と違い、やはり繊細な感じがします。
このタケノコ採りが終わると、我が家の山菜採りは一応終わることになります。

さて、次は何をして遊ぼうか…ここしばらくは、『憲法9条を守る』運動に参加して、世の平和に貢献して見ようか…そんな殊勝なことを考えている昨今です。



 

a_01.gif
← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2015/05/13 06:00 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(0)

イタドリ採りの旅

2015/04/14(火)

12日、朝早く投票を済ませ、連れ合いさんと2人、1年ぶりの『イタドリ採りの旅』に出かけた。
昨年は、時期を間違えて5月の連休後に出かけ、見事空振りをくらってしまったので、今回は事前に過去の記録を調べ、万全の態勢で出かけたのでした。

ただ、曜日が悪かった。
土曜日に先客が回ったらしくて、ここという場所は荒らされていて、小物しか残っていなかったのは残念である。

まあ、それでも連れ合いさんは久しぶりのドライブだと言って大喜びである。
途中、山出(やまいだし)温泉に立ち寄り、温泉には入らず、バイキング料理を昼食に食べ、愛媛の山の中へと入って行ったのでした。

IMG_0719.jpg

結果は写真の通りです軽トラの荷台に約半分…いつもなら満杯になるところですが、まあ、仕様が無いか。でもこれでも、イタドリの皮むき作業に2日もかかってしまいました。
家計節約というか、風流を味わうには、とにかく時間と労力が必要なのです。
あ~、肩こった。

連れ合いさんは、時期を見て、もう一度チャレンジしたい…とのたまっています。

IMG_0681.jpg
夕暮れに  ほの白く咲く  シャガの花

この花は、種で増える訳ではないので、その分とても丈夫です。踏んでも水をやらなくても、まず枯れることはありません。
春というよりは、初夏の風情漂う花です。

IMG_0688.jpg
久しぶりの青色のミヤコワスレ

我が家のミヤコワスレは、毎年きっちりと花を咲かせていますが、白色に変わってしまいました。
まあ、それはそれで清楚で可愛いのですが、柔らかさに欠ける点に難がありました。

写真の花は、以前、大豊町の天空農園を訪ねた時に、ニホンサクラソウの苗と一緒に貰ってきたものです。今、どちらもきれいな花を咲かせてくれました。

四万十では、私の支持する現職の県会議員を失いました。
まあ、私は、半年も前から、今度の選挙負けるで…と警告はしてきたのですが、どうやら何の対策も講じなかったようです。さて、反省と今後の対策…どうするのか? 何とも歯ごたえの無い政党ではあります。



 

a_01.gif
← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2015/04/14 08:28 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(0)

山菜採り…いよいよピークに

2015/04/11(土)

昨日は、眼窩マルトリンパ腫の1年半検診日であった。
また往復260キロ走りました。高知県はホント横に広いねえ。県庁所在地まで、一番遠い所は、おそらく180キロはあると思う。こんなに遠いところ他にありますかねえ?

今回の検診は血液検査が主体だったが、結果は特に異常なし…それどころか前回は数か所基準値を外れていた部分も、今回は全て基準値内に収まっていた。
なんと『ちょい悪親父』卒業だと言うことで、なんか逆に居心地が悪い感じ。(笑)


IMG_0539.jpg
セリのキンピラ

まあ、そんなこんなで(なんのこっちゃ?)忙しい毎日だが、趣味の山菜採りもいよいよピークを迎えつつある。
昨年から加わったセリ摘み…は、今ではメインの山菜に変わりつつあるが、こちらのセリ摘みは、まだまだこれからがピーク。まだしばらくは楽しめます。


IMG_0673.jpg
蕨の煮付け

3月末ごろから、ワラビ採りは、もう後しばらくで終わりそうです。
今年は、新しい場所を見つけて大量に収穫できるぞ…と大喜びしていたのだが、最近までメインにしていた蕨畑が、耕作地に変わってしまいがっくり…です。好事魔多し…ですなあ。

IMG_0675.jpg
ツワブキの炒め物

ツワブキも、毎日食卓をにぎわしてくれましたが、もうそろそろ終期に入りました。

IMG_0717.jpg

代わりにこれからしばらく忙しいのがタケノコ採りです。
これは孟宗竹のタケノコですが、私はタケノコを掘り出すことはめったにありません。
地上に40㎝ほど顔を出したタケノコを蹴倒して回るのが、私のタケノコ採りのスタイルです。
5月の連休過ぎまでは楽しめそうです。

この採りたてのタケノコをアルミのラップで包み、焚き火で焼くと、とても甘い美味しい焼きタケノコができます。それに塩をつけて食べるのが、通の食べ方であります。まあ、我が家の孫ちんたちは、この焼きタケノコが大好物…今年もきっと5月の連休にやってくるに違いありません。(笑)

その他、アケビのツルやイタドリ採りの旅にも出かけなくてはなりませんが、何しろ選挙が終わらないことには、出かけられないようです。

また、その後には、ハチクのタケノコが顔を出してきます。むしろタケノコ採りの本命はこちらです。味は何と言っても孟宗よりハチクが抜群にうまい!

まあ、そんなこんなで、山菜採りの楽しみは、まだまだ続きそうです。



 

a_01.gif
← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2015/04/11 07:00 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(2)

ツワブキ採り

2015/03/13(金)

沖縄における辺野古の問題…圧倒的な住民の想いを逆なでする、政府の強硬なボーリング工事の推進…一体これは何なんでしょうか?

沖縄県民が大差で選んだ新知事に、未だに面会も話も拒否する安倍総理…民主主義国家の総理とはとても思えません。
それだけでなく、沖縄県民の想いを完全に無視した、基地づくりのおしつけ…これが、民主国家、法治国家のとるべき態度なんでしょうか?

国民の暮らしの問題、医療、福祉の問題、増税の問題、教育の問題、平和の問題、原発の問題、そして経済の問題、外交の問題…どれ一つとっても、安倍政権には希望のかけらも見当たりません。

こんな政権を擁護し、彼らの憲法無視の政治に共感する人たちは、一体何を考えているのだろうか? 私には、彼らのことは全く理解できません。


IMG_0315.jpg 

世の動きが、どうであろうと、季節は確実に移ろい、山野の草花たちは、人間の複雑な思いとは別に、年年歳歳、芽を出し、緑を茂らせています。

昨日は、今年初めてのツワブキを採ってきました。

IMG_0316.jpg


ツワブキの茎を折りながら、1本1本、皮をむいていきます。
全ての皮をむき終わる頃には、両手の指先はツワブキの灰汁で真っ茶色に染まっていました。

軽く湯がいたツワブキは、水に浸して一晩置きます。
その後、豚肉と一緒に炒めると、実に乙な味がします。酒の肴に、ご飯の友に…ため息が出るほど美味しく食べられます。

これから、2か月ほどは楽しめるでしょう。



a_01.gif
← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2015/03/13 14:54 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(0)

今年初めて…山野草のおひたし

2015/02/24(水)

春は今年もやってきましたが、政局がどうも普通の春ではありません。

憲法 9条を根底からくつがえす「戦争立法」と改憲の暴走を止めよう ――主権者の声を全国の草の根から…九条の会が、こんな新たなアピールを発表しました。
また、安倍内閣、またも『政治と金』に絡んで、農水相が辞任しました。

安倍内閣の目線に国民福祉はありません。彼らの視線の先にあるもの…それは金持ちの動向とアメリカ様の動向のみ…こんな国民の平和な暮らしを守れない政府は、存在そのものが罪でありましょう。早く消えてもらいたいものです。

まあ、それで、生活が苦しいから…という訳でもないのですが、(でも、年寄の年金暮らし…なんだか先行きが不安ですよねえ。)我が家では、春の到来とともに野山の雑草…山野草採りに勤しんでいます。


IMG_0286.jpgIMG_0282.jpg

先日は、野の草が随分伸びてきたな…と感じたので、早速野草摘みに出かけてきました。
種類は、嫁菜、オオバコ、ハコベ、カラスノエンドウ、三つ葉、セリ、ヨモギ…全七種類の山野草です。
軽く湯がいた後、おひたしにすると、春のほの甘い味覚と香りが口の中に広がります。
この時ばかりは、世の中の憂さも忘れて田舎暮らしの幸せに浸っています。





a_01.gif
← 気が向いたらポチッと押してください。

[ 2015/02/24 14:14 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(0)

フキノトウの春

2015/02/11(水)

「イスラム国と戦う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援を約束する」…この一言で日本人人質2人の命を散らしてしまった安倍総理。
今度は、もっとえげつない閣議決定を行いました。
・・・他国への軍事援助をいましめてきた政府のODAが大きな岐路に立たされることになりました。

口でどう言い繕おうとも、具体的な政策に、安倍政権の国民無視、憲法壊憲(改憲ではない)の意図が丸見えです。
安倍シンゾウ…何かどうでも、この国を再び戦争のできる国にしたいようです。
その狂気恐るべし…です。国民も本気で、安倍倒閣を求める段階に来ているのではないでしょうか。


IMG_0213.jpgIMG_0221.jpg

こちらは、四万十の我が家の様子です。
梅の花も、とっくに満開…もうピーク を過ぎつつあります。
 
フキノトウも次々と顔を出します。先日のフキ味噌に続き、昨日は天ぷらにしていただきました。
ほろ苦い味が舌に広がります。
寒い中にも春を感じる…まさに早春の味…フキノトウでした。





a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2015/02/11 10:40 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(0)

フキノトウを摘みました

2015/02/09(月)

イスラム国問題では、テレビでも色々と取りざたされていますが、まあ、いろいろ言っても要は、日本人人質問題について、政府のとった態度が、是か否か…まあ、それに尽きる訳ですが、どちらかと言えば、日本国政府のとった態度が、日本国国民を守る態度としては不遜なものであった。もう少し配慮のある対応が求められたのではないか。
まあ、そんな論調、意見が多いようなので、まあ私としては、当然と受け止めています。

中にはねえ、政府としては当然の措置をとった…だの、これ以上の対応は無理だった…などの開き直った政府御用評論家も登場していたが、どう贔屓目に見ても、今回の政府の対応は誉められた対応ではなかった…と私は思います。

イスラム問題だけではない。沖縄の翁長知事とは2回も官邸を訪れたのに門前払い。辺野古基地では保安庁を権力機関として、反対する県民への暴力的恫喝。およそ、民主国家の総理のとるべき態度とは思えません。

安倍シンゾウの狂気は、原発でも福島でも、憲法破壊でも、その他あらゆる分野で、金持ちにすり寄り、国民に牙を剥いています。

こんな露骨な反国民的政策を推進する安倍内閣を支持し、認める連中には、もはや理性も良識も惻隠の情も…意味もなく平気で弱者を殺す最近の犯罪者と同じく、あらゆる人間的感情が、破壊されてしまっているのでしょうか?

私は、この国の未来が、この国の人間性が、一体どこへ流れていくのか、心配でなりません。
なんとかねえ、良識ある若者グループが躍り出してこないものでしょうか。

IMG_0201.jpgIMG_0216.jpg

世情と同じく、最近の四万十は風も冷たく、寒い日が続いていますが、一方土筆をはじめ、春の草花たちが次々と顔を出しています。

昨日は、今年初めてのフキノトウを摘んできました。
早速フキ味噌にして、お酒の肴に頂きました。独特の匂いと、ほろ苦いフキノトウと甘い味噌の取り合わせが、何とも食欲をそそります。

日本国民も、特に若者たちが、コンクリートジャングルの大都会に逼塞していないで、もっともっと積極的に地方へ転出し、大自然に触れながら新たな暮らしと人間としての豊かな感情を生き様を模索してほしいと願う昨今です。





a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2015/02/09 07:00 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(0)

今年初めての土筆採り

2015/01/28(水)

昨日は雨上がりの、割と暖かい1日でした。
それにしても最近イスラム国に関する暗いニュースが続きます。
連れ合いさんと2人、散歩がてらに軽トラに乗り、中村で3枚目となる『憲法九条を守ろう!』の立て看板が、どんな具合に立てられたか見に出かけてきました。

下田の港の近く、コンクリート塀に取り付けられたベニヤ一枚(横向き)の立て看板は、ちゃんとその存在を主張して目立っていました。

『いや~  良かった、良かった。』安心して帰り道…今度は四万十川のどてに寄り道…いや~  やっぱりねえ!  ありましたよ。今年初めての土筆君!


IMG_0174.jpg

まだ数は少なかったが、二つかみ分の土筆が採れました。
早速、袴を脱がせて、今季初の土筆の卵とじにして食べたいと思います。
もうすぐ2月、2月に入ると本格的な土筆採りのシーズンに入ります。
さあ、忙しい毎日が始まるよ。(笑)

IMG_0175.jpg

そして、土筆君の横には、名前は知らないのだが、毎年見かける春の小さな花が、今年もちゃんと花を開かせていました。




a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2015/01/28 07:00 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(0)

年初めのセリ摘み

2015/01/10(土)

年末、年始はゆっくりと酒でも飲もう…と、高知を出る時、焼酎2本と酒1本買っていった。
大阪では、まあビールも少しは飲んだが、毎日お酒をちびちびと飲んだ。
飲んだ…と言うよりは舐めた…と言うべきか。(笑)

とにかく、一昨年マルトリンパ腫で入院して以来、酒量は激減した。
今日現在、お酒は微量とはいえ、まだ後1回分は残っている。焼酎は1本は婿殿に献上したが、残り1本は手つかずのまま、未だ封印も切らずに、手元に置いてある。(笑)

昨夜は、友人を呼んで久しぶりに鍋を囲んだが、その肴にと思って、今年初めての山菜採りに出かけた。
まだ、山菜の新芽は見つからず、わずかにセリとハコベを摘むことができました。


IMG_9684.jpg   IMG_9686.jpg
セリの根っこをキンピラに…                                   セリとハコベのお浸し…

いや~  久しぶりのセリのお浸し…美味しかったです。
キンピラなんぞ、どこの高級料亭よりもおいしかった。


IMG_9687.jpgそして、今朝の食事は、昨夜の鍋の残り汁で作ったオジヤに、お浸しとキンピラをのっけて食べました。
『七草粥』の台用食でしたが、そのおいしいこと…何杯もお代わり!…でした。

世間ではもう、正月も終わり、政局も動き出していますが、私の頭は、まだ正月中…撮ってきた孫ちんたちの動画を眺めては、ウハウハと笑っております。

さ~  そろそろ目を覚まさないと。ねえ~。






a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2015/01/10 15:09 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(2)

淡竹(はちく)のタケノコ登場で山菜採りも終盤

2014/05/08(木)

孫ちんが帰って、もう3日が過ぎました。
まだ脱力感が後遺症として残っていますが、そろそろ気持ちの切り替えがつきそうです。(笑)

また日常の山菜採りが始まりました。
しかし、GWの終わりと共に、イタドリ、ワラビ、孟宗竹のタケノコ等は終わりを迎えます。


IMG_6094.jpg


上の写真は孟宗竹のタケノコです。
大体、2月末ごろからGWまでがタケノコの採れるシーズンになります。
このタケノコが今季最後の収穫になりそうです。

ちなみに今の時期には、タケノコは掘りません。地表に50㎝ほど顔を出してるやつを蹴倒して回収します。名付けて『蹴倒しタケノコ』と言います。(笑)
まあ、味は掘りだしたタケノコと余り変わりません。十分おいしく頂けます。


IMG_6096.jpg


GWが終わると顔を出すのが、このタケノコ…淡竹(はちく)…のタケノコです。
こちらは最初から、にょきにょきと顔を出した奴を蹴倒していきます。

孟宗竹に比べると大根と人参くらいの差がありますが、味は淡竹の方がいい…という方が多いようです。孟宗竹と比べて味と食感に細やかさがあります。

この淡竹は今月いっぱいがシーズンです。
これが終わると、私の今年の山菜採りは秋の自然薯掘りまでお休みとなります。

まあ~、その前に一度は、毎年恒例の『イタドリ採りの旅』へと出かけなくてはなりませんが。(笑)
平地では終わりを迎えたイタドリも山間地に入ると、まだまだ今月いっぱいは採ることができます。
それに、高知では皆さん、イタドリを採りまくるので、平地での収穫はどうしても限定されてしまいます。

その点、他県の山間地では、まだ手付かずのイタドリの聖地がいくつか存在します。
その聖地巡りが、私の山菜採り終了の恒例の行事となっています。

近いうちに『聖地巡り』…出発したいと思います。



a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2014/05/08 08:04 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(2)

中村春の歌祭り+イタドリの季節

2014/04/07(月)

ここ数日、少し肌寒い日が続いていましたが、もう4月、本格的な春ですねえ。
庭のウグイスもメジロもシジュウカラも毎日にぎやかにさえずっていますが、散りゆく桜と共に、まずメジロが姿を消していくものと思います。

さて、我が家では、春と共に山菜採りが本格化し、おまけに世間のイベントも増えていく…私の体も大忙しで、精いっぱい来る春を満喫しているのですが、ただ一つ心配なことがあります。

それは私の体調です。
自然が芽吹く春は大好きなんですが、どういう訳か、私が事故を起こしたり、体調を崩したりして、入院したりするのは、決まって4月~5月なんです。

まあ、新入社員なんかに『五月病』なんてのがありますが、私の場合は、毎年この季節が一番危険な季節でもあります。
少し、イベントへの参加を減らしたいところですが、実は昨日も中村で『中村春の歌祭り』なんてのがありまして、友人に誘われて夕方6時から、夕食抜きで参加してきました。(笑)


IMG_5736.jpg


写真はフィナーレの場面ですが、総計34人のカラオケ自慢が、プロ顔負けの喉と衣装を披露してくれました。
私は初参加でしたが、年齢を吹き飛ばす凄い声量と歌唱力に圧倒される思いでした。
(ちなみに私は音痴なので、余計にそう感じました。)

入場料は無料でしたが、福祉チャリティー…と言うことで、募金を募り10万円を超えるお金が集まり、子供たちの福祉施設へ寄付されました。


IMG_5655.jpg


さて、こちらは土佐の山野草の代表…『イタドリ』です。
土佐人が歩いた後にはペンペン草ではなく、このイタドリの姿を見ることはありません。
例え、1,2本であっても手折っていくのが土佐人です。

いよいよ、このイタドリの季節到来です。
私と連れ合いさんは、ここ四万十へ移住してから、毎年必ず『イタドリ採りの旅』へ出かけています。
お茶と弁当を持って、200キロほど山道を走り回るのです。

まあ、旅に出るのは山間部にイタドリが生える5月になってからです。それまでは近辺の野原で細々とイタドリを採取しています。


IMG_5656.jpg


採ってきたイタドリは写真のように、まず皮をむいて行きます。まあ、これがなかなかに大変な作業です。(笑)
この後、たるに塩漬けにして1日置きます。
完全にシンナリとなって水分が出たら、今度は水にさらしてシュウ酸を抜きます。

毎日水を取り換え、数日さらします。これをきっちりしておかないと、体に結石が生じますので、さらしたイタドリが『無味無臭』になるまで繰り返します。味は少しかじって確かめます。

その後我が家では、調理して冷凍保存しますが、世間では、最初の塩漬けの段階で、そのまま冷凍保存するところが多いようです。

まあ、そんなこんなで、ツワブキやセリ、カラスノエンドウなどの雑草は、もう終わりの時期に入りました。

これからの季節は…イタドリ、アケビ、ワラビ、その他の山菜採りで、私は大忙しです。
とにかく、倒れないように、その他のイベント参加は極力減らしたいと思っています。
皆さん、私を余り行事に誘わないで下さいね。(笑)




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2014/04/07 11:35 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(2)

卓球教室入門とある日の我が家のおかず

2014/04/04(金)

昨日から我が家では、また一つ連れ合いさんの用事が増えました。
今でも週に3回、多い時は4,5回はアッシイ君で忙しい私なのだが、4月から週に1度、四万十市の卓球教室に通うと言い出した連れ合いさんなのです。

ついでに私も入門させられてしまいました。(笑)
昨日がその第1回目…老若男女15人くらいの集まりでした。
私も、その昔…昔には、そこそこ会社で卓球をやっていましたが、もう40年ほども昔のことです。

飛んでくる球を芯でとらえているつもりなのに、どういう訳か指にあたったり、ラケットの端にあたったり、あるいはスカッと空振りしたり・・・(笑)
いや~~、40年のブランクは簡単には取り戻せませんねえ。

まあ、それでも健康のために1年間が規定の期間ですので、その間頑張ってみようと思っています。私と連れ合いさんのメタボ率が少しでも減少するといいのですが。。。。



IMG_5662.jpg


さて、上の写真は、最近の我が家の見慣れた食卓風景です。
写真左上から一度出汁に使った昆布とかつおの佃煮です。まあリサイクルですな。
次が、最近最もはまっているセリの根っこのキンピラです。これがまあ、うまい!
その横は、同じくセリのお浸しです。お浸しではセリが最高!

下の段左はワラビの煮付け。これもうまいよ。
次が、これまたセリの塩漬け…浅漬けだが、これがまた最高!激うま!です。
最後は、雑草5種類のお浸し…ちなみにカラスノエンドウ、ハコベ、嫁菜、オオバコ、三つ葉などが入っています。


IMG_5672.jpg


上の写真で、セリの根っこのキンピラがよく分らないようなので、アップで掲載しておきます。
とにかく我が家では3月は、ほとんどこんなおかずが毎日並んでいました。
まあ、これ以外にもノビルの醤油漬け、ツワブキと豚の煮ものとか、タラの芽や野草の天ぷらなども時々出てきます。

この他には、貰いものの大根おろしとシラスのセット、後は鳥肉やめざしなんかも出てきますが、最近ではほとんど野菜は買ったことがありません。(笑)

コンクリートジャングルで御暮しのみなさん。たまには山や川、海に出かけ、自然に親しんでみませんか。



a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2014/04/04 07:00 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(2)

山野草のテンプラで宴会

2014/03/31(月)

一昨日、昨日と春の嵐が吹きすさび、各地で事故が起きていますねえ。
また、我が家では、せっかくの桜がほとんど散ってしまいました。

その中で、昨日は初めて地域の花見に参加しました。
残念ながら花は、夜半の嵐で半分が散り、昨日の宴会中にも風が強く、酌み交わすお酒にも花弁が飛びこむなど、まあ、なかなかに風流な場面もありました。


IMG_5576.jpg


さて、こちらは先日、大阪の友人が訪ねてきた時に作った、山野草づくしの料理の一端です。
この日は、野草のお浸しに、土筆の卵とじ、アケビのツルの炒め物、ワラビの煮付け、ノビルの醤油漬け、イタドリの煮付け、ツワブキの佃煮、セリの塩漬け、そして、タラの芽とセリ、ユキノシタとヨモギ、フキノトウの天ぷら…それと友人が持参したカツオのたたき…まさに山野草づくしの料理でかんぱ~い! でした。


IMG_5575.jpg


こちらは、ヨモギの天ぷら…色が鮮やかでしょう。
このヨモギ…食べてみると結構歯触りも良く、味もしっかりしていて、山野草の天ぷらの具としては欠かせない材料なんですよ。

いよいよ明日から消費税増税で、物価が上がり、庶民の懐が一段と軽くなるのでしょうねえ。
まあねえ、我が家も、その対策もあって、今年の3月ほど山野草を食べまくった年は初めてです。
しかし、山野草は新芽の季節が一番です。そろそろ次の材料を探さなくちゃ…と言ったところです。




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2014/03/31 07:00 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(0)

セリと毒ぜりの見分け方

 2014/03/30(日)

四万十市は今朝からまた雨が降っています。
せっかくの満開の桜が雨風で散っていきます。

国民からなけなしの金を福祉税に使うからとごまかして、己らのもうけを企むどこかの政治家のような雨です。

そういえば、こんなニュースが目に入りました。

渡辺みんなの党代表
『熊手買った』と言うが…説明不能  8億円疑惑


化粧品会社「DHC」(東京都港区)の吉田嘉明会長から8億円もの大金を借り入れ、今問題となっていますが、渡辺氏は、「選挙資金として借りたわけではない」とあくまで個人的な借り入れだと弁明しています。

ところが、1回目の3億円を借りたのは、10年6月30日で、7月の参院選の直前でした。
そして2回目の12年11月21日の5億円は、同年12月の衆院選が事実上、スタートしていた時期と重なります。

それだけで、常識ある人なら、なんに金を使ったのか…すぐにわかる話です。ところが選挙運動費用収支報告書には一切、この8億円が記載されていません。
完全に選挙違反ですなあ。猪瀬元都知事なんぞ、これと比べると可愛いもんですわ。

さて、渡辺君、どう申し開きするのでしょうか?


それと、貧乏人を狙い撃ちする…消費税増税が、いよいよ目前です。
少々の必需品買いだめなんぞで対応できる訳もありませんわなあ。
ところが、この消費税…いい訳と実際の使い道には天地の開きと言うか、まったく違う使い方がされているのです。みなさん、ご存知でしょうか?

消費税収282兆円 法人税減税で消えた
消費税は1989年4月に、国民の大反対を押し切って導入されました。2014年度までの26年間で消費税による税収は282兆円に上りました。一方、この間に法人税収は255兆円も減ってしまいました。国民に増税して、大企業には減税・・・これが消費税の目的だった ・・・と言う訳です。

みなさん、消費税は全くと言っていいほど、福祉目的には使われていなかったのです。
ホントにもう、この国の国民はお人よしのすっとこどっこいばかりなんだから~~!


IMG_5406.jpg


ところで本日のメインテーマはこちらです。(笑)
写真は採りたての野生のセリ…漬物に、お浸しに、鍋物に…香り豊かな美味しい山菜であります。
幸いにして、ここ四万十では至る所に野生のセリが生えています。

欲しい時に欲しいだけ採ってくる訳ですが、時に皆さん、間違えて『毒ゼリ』を食べて死亡に至る例もありますので、セリを採るときには十分にご注意ください。

ドクウツギ、トリカブトと並んで日本三大有毒植物の一つとされるほど、その毒性は強烈です。


IMG_5407.jpg


葉っぱの部分だけでも、セリと毒ゼリの見分けは可能です。しかし、1度や2度の講習を受けたからと言って分るものではありません。
とにかく、匂いが違う、葉っぱが違うと言っても、素人に理解できるほど容易ではありません。

そんなとき、どんな素人でも分る見分け方があります。
それは、上の根っこの写真を参考にしてください。
セリは、写真のように細い糸状の根っこがついています。

そして、毒ゼリは、ここに写真が無いのが残念ですが、、まあ写真は無くとも必ず分かります。
根っこが、セリのように糸状になっていなくて、まるでワサビみたいな太い地下茎がついています。
・・・それが毒ゼリです。

ですから、セリを採るときは、必ず根っこから掘り起こして採るようにお勧めします。

以上simanto114の毒セリ対策でした。(笑)




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
[ 2014/03/30 07:00 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(2)