債務整理太陽光発電

眼窩マルトリンパ腫 その② 眼窩マルトリンパ腫宣告までの経過

2013/11/05(火)

眼窩マルトリンパ腫  その② 眼窩マルトリンパ腫宣告までの経過

そもそも 眼窩マルトリンパ腫 なんて、初めて聞く病名を告げられたのは、下記に掲げる私の参考ブログ…瞼の手術・・・に書いているように、手術で摘出した腫瘍(術前まで私は脂肪の塊だと思っていました。)を検査の結果、次の検診の際、『眼窩マルトリンパ腫』・・・と告げられました。

リンパ腫・・・つまり血液の癌・・・と言われている奴・・・ガンガンガン・・・摘出された塊が脂肪ではなく腫瘍であった・・・と言うのは、もう分っていましたが、宣告を受けた時には、『えっ、やっぱり、ガン』・・・
『この俺がガン・・・』思わず絶句でした。

ドクターは『まあ、ガンとは言え マルトリンパ腫 は、極めて低悪性で全身への転移も余り起こらない、取り立てて命に危険があるものではないですから・・・』なんて説明を受けて少しホッとしました。(笑)

それから早速ネットで『マルトリンパ腫』を検索しまくりました。
その結果、前回のガン情報センターなど、いくつかのサイトを知り、かなりまじめに勉強しました。(笑)

眼窩マルトリンパ腫』の宣告を受けるまでには、いくつかの前段階がありました。
以前のブログにも何回か書いていますが、私は色々と趣味を持っています。その中の一つにパチンコがありました。幸か不幸か、私は結構博才があるらしく、そんなにむきにならなくても、お小遣い程度は、ほとんど毎月稼いでいました。(笑)

まあ、しかし、パチンコ屋の悪い空気を吸って、よく風邪をひいたり、スロットルのコインを触った手で眼をこすったりして、ちょこちょこと目をはらしたりしていました。

その所為で、『なんだか最近、左目の視力が落ちてきたなあ』・・・と2011年9月、近くの眼科で診察を受けたところ『白内障が進行しています』との宣告を受けてしまいました。

少しショックでしたが、自覚症状がありましたので、すぐに『なるほど』と納得。
早速紹介された眼科専門の高知市内のM病院を訪問。
ドクターは『simantoさん、すぐにも手術しましょう』・・・なんて、あっさりと宣言されてしまいました。

まあ、大抵のことには余り動じない(はずなんだが)私も、ちょっと心の余裕が欲しいと、手術はしばらく見送りにさせてもらいました。
だけど、いくら待っても視力は回復するはずもなく、翌年、2012年6月に左目の白内障の手術を受けました。
白内障の手術は今回は省略しますが、手術後は視野も広がり、随分世の中が明るく見えるようになりました。

都合により、白内障の手術を先行させましたが、同時に左の瞼がはれて、膨らんでいるのが気になっていました。そして今年・2013年に術後検診の際に、その手術もドクターに頼んでみましたが、専門が違うから…と腫瘍専門のドクターを紹介されました。

M病院から紹介された須崎市のK病院で2013年6月眼瞼腫瘍の摘出手術。その腫瘍が…眼窩マルトリンパ腫 と診断されたのでした。

まさに、青天の霹靂。『ガ、ガ、ガ、ガ~~ン』・・・でした。

******まあ、その後の経緯については、下記の私のブログに記載していますので、興味のある方はお読みください。

瞼の手術+サボテンの花    2013/06/21(金)
リンパ腫のPET検査+赤いカンナ   2013/07/14(日)
眼窩マルトリンパ腫・血液内科の診察   2013/08/20(火)
眼窩マルトリンパ腫・その後の診察   2013/08/27(火)
マルトリンパ腫・すべての検査終了   2013/09/03(火)
入院、そして一時帰宅   2013/10/19(土) 


IMG_4142.jpg
庭に咲いてる血の色したホトトギス


・・・まあ、経過については、ざっと報告しましたが、大体以上のような状態です。

次回は、実際の入院と治療の状況について報告します。




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2013/11/05 07:00 ] 眼窩マルトリンパ腫 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/94-e14ea9f7