FC2ブログ

幸徳秋水の刑死110年に当たって

2021/01/20(水)
今年1月24日は、地元の偉人・幸徳秋水の刑死110年に当たる。生誕150年の記念すべき年である。24日は昼から、秋水の墓前で大逆事件に関わる支援者たちが集まって、墓前祭が行われる。
ただねえ、生憎のコロナ禍の中で、予定していた記念講演やイベントは、ほとんど中止となってしまった。残念だが仕方が無かろう。

今はもう大逆事件なんぞ、当時の政府のでっあげ事件であることは、広く世間に知られている。
当時の活動家たちの一部の者の跳ね上がりを、山県などの醜悪なる権力者たちが利用して、絶対主義的天皇制の下、国民の抑圧を図るために、反戦・平和、自由・平等・博愛の実現と、そのために社会主義を目指そうと言う幸徳らの主張を社会から一掃するために、多数の活動家たちが逮捕され、完全な闇裁判で1人の証人も登場させず、26人が有罪判決を受けた。内24人が死刑、2人が有期刑となった。翌日天皇による恩赦と言う形で12人が終身刑となったが、12名は判決から僅か6日後に処刑される…という、今ではとても信じられないような乱暴極まる政権によるでっち上げ犯罪であった。

戦前は勿論、戦後においても社会から迫害を受け続けてきた、幸徳秋水は、20世紀最後の2000年12月、立ち上がった地元の有志達に押されて、当時の中村市議会全会一致で、【幸徳秋水を顕彰する決議】が行われた。
地元において、一応の名誉回復はなされたが、国は、大逆事件関係者の刑罰について取り消そうとはしないのである。
この戦いは、未だ終わってはいない。国が大逆事件関係者に、きちんと謝罪し、刑の取り消しを行うまで、この戦いは続くだろう。

この記念すべき年に、地元の幸徳秋水を顕彰する会は、次に掲げる秋水の「吾人は飽くまで戦争を否認す」の一文を記念碑に刻み、幸徳秋水の墓がある正福寺境内に建てる予定です。
石碑に刻むのは、下記の青い字で表記している部分となります。
この計画には、全国から多くの募金が寄せられています。


 吾人は飽くまで戦争を否認す
(1904年1月)…幸徳秋水

 …前略

   我同胞中或者は戦勝の虚栄を夢想するが為めに、或者は乗じて奇利を博せんが為めに、
 或者は好戦の慾心を満足せしめんが為めに、焦燥熱狂、出師を呼び、開戦を叫び、宛然悪
 魔の咆哮に似たり、吾人是に於て吾人同志の責任益々深きを感ず、然り、吾人が大に戦争
 防止を絶叫すべきの時は来れり。

  吾人は飽くまで戦争を非認す、之を道徳に見て恐る可きの罪悪也、之を政治に見て恐る
 可きの害毒也、之を経済に見て恐る可きの損失也、社会の正義は之が為めに破壊され、万
 民の利福は之が為めに蹂躙せらる、吾人は飽くまで戦争を非認し、之が防止を絶叫せざる
 可からず。

  嗚呼朝野戦争の為めに狂せざるなく、多数国民の眼は之が為めに昧み(くらみ・暗い意
 味)、多数国民の耳は之が為めに聾(ろう)するの時、独り戦争防止を絶叫するは、双手江河
 (こうが・大きな川の事)を支うるよりも難きは、吾人之を知る、而も吾人は真理正義の命
 ずる所に従って、信ずる所を言わざる可らず、絶叫せざる可らず、即ち今月今日の平民新
 聞第十号の全紙面を挙げて之に宛つ。
  嗚呼我愛する同胞、今に於て其本に反れ、其狂熱より醒めよ、而(しこう)して汝が刻々
 歩々に堕せんとする罪悪、害毒、損失より免がれよ、天の為せる禍いは猶お避く可し、自
 ら為せる禍いは避く可らず、戦争一度破裂する、其結果の勝と敗とに拘わらず、次で来る
 者は必ず無限の苦痛と悔恨ならん、真理の為めに、正義の為めに、天下万生の利福の為め
 に、半夜汝の良心に問え。   (平民新聞第十号)


戦後75年がたち、またぞろ恥知らずな権力者たちの、戦前回帰の不埒な策動が始まっています。
改憲による人権無視の明治憲法の復活、9条を無くして再び戦争のできる国造り…まったくもって信じられないような動きが始まっており、これに、戦争の恐ろしさを知らない若者たちが、「愛国心」だとか「国を守る」だとかの言葉に乗せられて、自民党を支持する動きがあることが、私には嘆かわしくてなりません。

コロナ禍という、国民を苦しめる。この国難の状況下においてさへ、これを利用して首相に絶対的な権限を与える「非常事態宣言法」を成立させようともくろむ自公政権は、断じて信じてはならないと私は思います。
今回の菅政権の「刑罰を含むコロナ特措法」が、その露払いとならないよう警戒したいものです。





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO改憲発議に反対する署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘で自公政権打倒

関連記事
スポンサーサイト



[ 2021/01/20 16:12 ] 幸徳秋水 | TB(0) | CM(2)

勇敢な方でしたね。

 今なら政府を批判しても拷問も殺害もありませんから、もっともっともっと声を大にして与党の悪政を指摘しなければなりませんね。
[ 2021/01/21 08:11 ] [ 編集 ]

Re: motomasaさん

こうした権力の犯罪の上に、治安維持法の改悪、特高の設立、そして、マスコミは勿論、自由主義者から宗教家、教育家迄みんな牢獄へつなぎ、すべての政府への反論を封じたことで、政府は国民を無権利の奴隷のごとく戦場へ送り、アジアや南洋の諸国を隷属させ、無謀な英米との戦争へと突入しました。
その結果は歴史が示す如く、日本の戦争で日本人300万人、その他諸国民2000万人の犠牲と言う、まことに取り返しのつかない事態となりましたねえ。
今この時代に、再びの戦乱はみんな牢獄につながれても、絶対に阻止しなければなりません。
[ 2021/01/22 17:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/704-ce5a1983