FC2ブログ
債務整理太陽光発電

台風19号と史上最凶のアベ晋三

2019/10/16(水)
今回の台風19号を見て、いくつか思ったことがある。

その一つは、国連で訴えた少女のこと。

スウェーデン人の環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリさん(16)は23日、米ニューヨークで開かれた国連気候行動サミットで演説し、気候変動問題について行動を起こしていないとして、各国首脳を非難した。

トゥーンベリさんは、約60カ国の首脳や閣僚を前に、「あなた方は、私の夢や私の子供時代を、空っぽな言葉で奪った」と激しい口調で語った・・・以下略。

少女の訴えに、世界各国から賛同の声と連帯の行動が、特に若者たちから沸き起こった。最近の若者たちの政治への無関心と無気力に失望していた私にとって、若者たちのパワーと可能性に一縷の希望を見出した瞬間でした。
情けないのは、この少女の訴えに、例によって「言われなき」悪罵と人格を否定する圧力が投げられたことである。

この国の、多様性を否定する…自由・平等・博愛の精神を否定する…情けない輩たちが、日本会議に組織されたネトウヨどもであろうとは思うが、こんな輩が存在していることに、私は怒りを禁じえない。

台風15号、19号による、我が国の被害は、まさに、この少女の訴えが正鵠を射ていて、その対策は緊急を要することが、事実をもって示されたではないか。
そして問題は、石油や石炭など化石燃料の抑制だけではない。世界の海水温を高める要因の、大きな原因となっている【原発】を廃止しなければ、荒れ狂う気象変動には対処できない…と私は思う。


その2つは、アベ政権の災害に対する無能無策ぶりだ。

国土交通省によると、15日午後3時現在、7県の52河川73カ所で堤防の決壊を確認した。
福島県で26人、宮城県で14人が亡くなるなど死者は12都県で計74人に上り、行方不明者も6県で12人に上っている。

辛うじて首都壊滅の事態は免れたものの、事態は極めて深刻なところまで追い込まれていた。
一つの台風で、73カ所の堤防が決壊するなど、私たちは想像したことがあるだろうか。おそらくほとんどの人たちが想定外…と答えるだろう。
しかし、専門家の間では、いつかこの事態が起こることは指摘されていた。

にも拘らず、アベ政権は、アメリカや世界への金のバラマキでアベ政権の人気取りを進め、日本の強烈な憲法違反の再軍備に金を集中させ、災害対策費をケチってきた。その結果が、災害を大きくしたのだ。

例えば、前回の大雨で、愛媛で溢れそうな河川にダムの放流を行い、河川を決壊させ、大きな被害をもたらした事例がある。
そして今回も、八ッ場ダムが東京を救った…などの話もあるが、これは準備段階で水を貯めていなかったことで、いわゆる怪我の功名で、河川の増水を食い止めただけのことで、別に美談ではない。それよりも今回も事前放流しなかったことが問題だ。

問題は、きわめて正確な気象庁の大雨警報が出されているのにも関わらず、各地のダム管理者たちが、何故、事前放流を行って、大雨に備えなかったのか? という疑問である。

専門家からはアベ政権に対して、前回の事件からの教訓として、事前の放流を勧められていたのである。ところが、安倍のバカちんは、これに何の対策も打たなかったのである。

ダムの貯水管理については、生活用、農業用、
治水用…などと用途に応じて関係者の合意がなされているのも事実であり、治水用は30%と決められている。
しかし、明らかな災害が近づいている状況の中では、緊急の対応策があってしかるべきである。

ダムの放流だけではない。河川の危険個所は以前から指摘され続けている。それなのに、アベ政権は、その改善策を怠り続け、できるだけ金を使わず、その金を自分の人気取りのために、お友達に、例えば、プーチンやトランプや森友や加計学園の為に使っているのである。
国民の、一般庶民の被災などアベにとっては、なんの興味も無いのだろう。

過去の災害から、何の教訓も引き出せない&やる気も無いアベ政権の無能無策ぶりに、猛烈に腹が立つ。こんな政権に、これからの国土管理を任せていいのだろうか?

【安倍政権の過去の災害対応を一覧してみよう】

山梨豪雪:支援者らと赤坂で天ぷら料理
20142月に起こった山梨県の豪雪では、その最中に支援者らと赤坂で天ぷら料理に舌鼓を打って和気あいあい…山奥の話なんて問題外だよ~~~

広島土砂災害:ゴルフ
同年8月の広島土砂災害では「災害応急対策に全力で取り組む」と宣言したあと、富士桜カントリー倶楽部で日枝久・フジテレビ会長(当時)や笹川陽平・日本財団会長らとゴルフを楽しみつづけた。…いや~~お金持ち同士のゴルフ、楽しいねえ~~

関東・東北豪雨:インターネットテレビで安保法制宣伝
2015年の関東・東北豪雨では、孤立して救助を待つ人びとや不明者も多数いたというのに、インターネットテレビ「言論テレビ」に生出演して櫻井よしこや田久保忠衛・日本会議会長とともに安保法制の必要性をアピール。…やっぱりさあ~ 一部の人の命より、俺たちは、この国全体のこと、論議してんだかねえ~~

九州北部豪雨:外遊続行
2017年も、G20首脳会談出席のための外遊中に九州北部豪雨が発生したが、G20閉会後も外遊を続行。緊急性もない外遊から帰国しなかったのは、加計問題追及の閉会中審査に出席したくないからなのは見え見えだった。…災害の時にボクちんがお役に立たないことは、国民も分かってるだろう~~

西日本豪雨:赤坂自民亭2018/07

気象庁は5日午後2時に記者会見を開き、8日にかけて東日本から西日本の広い範囲で記録的な大雨となる恐れがあると発表。「早めの避難を心がけてほしい」と呼びかけた。


内閣府はそれから1時間半後に、各省庁課長らを集めた災害警戒会議を開いた。
小此木八郎防災担当相が出席したのは、24時間の雨量が400ミリに達するとの予報に政府内の緊張感が高まったからだった。
 この日は死者40人、行方不明者2人となった「九州北部豪雨」からちょうど1年。小此木氏は「大災害を改めて思い出し、対策に万全を期すように」と指示した。午後10時までに、京都、大阪、兵庫の3府県約11万人に避難指示が出た。
安倍晋三首相らが自民党の国会議員による酒席の懇親会に出席したのは、この夜のことだった。

…いや~~ 赤坂自民亭  最高~~

西日本直撃台風:総裁3選の集い
さらに赤坂自民亭への批判もさめやらぬ昨年2018/9月、関空など西日本を直撃した台風。台風直撃の翌日、平成最大規模の約50万軒で停電がつづき、関空にも多くの人が取り残されているなか、安倍首相はなんと総裁選の票固めのため新潟県に。ホテルの宴会場で開催された「安倍総裁の3選を実現する新潟県民の集い」に出席したのだった。
…何言ってんのよ。関西なんて一部のことよりさあ、僕チンの自民党総裁3選の方が大事なのに決まってるじゃん~~ 違う??

台風15号:内閣改造強行2019/9/5
安倍首相は事前に関係閣僚会議も開かず、総理指示も出さず、非常災害対策本部を設置することもせず、そのことで停電復旧が長引き、10日には熱中症による新たな犠牲者まで出す事態となっているにもかかわらず、上陸2日後の11日内閣改造を強行。ところが、安倍首相は初動対応の遅れを批判されても、相変わらず関係閣僚会議の開催を拒否し、ついには自身のTwitterアカウントでも台風15号に一切言及することなく現在にいたっている。
…僕チンもさあ  改憲が最大の重大事なのよ。その為の体制作りで大変なのよ。皆は、あんまり政府を当てにしないで、自己責任でさあ、うまく処理してよ~~

そして今回:休養
ネットでアベ晋三に非難の声が沸き上がっている。なぜかというと、台風19号が列島を直撃して被害が次々と発生していた12日は“のんびり休養”状態だったからだ。例えば、12日の首相動静を見ると、こんな感じだ。
〈午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
   午前中は来客なく、公邸で過ごす。
   午後も来客なく、公邸で過ごす。
   午後10時現在、公邸。来客なし。〉(時事通信)


どうでしょうか皆さん、不肖・アベシンゾウ…この国の総理として、見事だと思いません?
僕チン、せっせと、おじいちゃんの夢を実現するため、改憲に総力あげるよ。
まあ、そのために僕チンのできることは、どんなあくどいことだってやっちゃうよ。
僕チンの夢を妨害する奴は、排除するよ。警察や司法、自衛隊だって使えるんだからね。
僕チンの名前は、アベ晋三…日本最凶の男、国民なんて、僕チンに降れ伏し、僕チンをあがめてたらいいんだよ。

さあ~  この国は、一体、どうなるんでしょうかねえ?
台風19号…皆さんは、何を思いますか?

DSCN2388.jpg 
DSCN2385.jpg 
▲ 我が家の池も、安倍政権には、かなり怒っていました




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/10/16 11:26 ] 政治の話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/670-20cee2c8