FC2ブログ
債務整理太陽光発電

仁淀川上流の旅

2019/09/05(木)
先日9月2日、私が春に行った、耳の拡張工事の半年検診に高知医大まで、連れ合いさんと一緒に出掛けてきました。
耳の穴拡張手術から、ちょうど5か月が経過。もう検診もこれで最後かな?
と思い、ドクターに、もう検診、これで最後ですね…と言ったら、ドクター曰く、「まだ治った訳ではないですよ。半年ごとに、あと2,3回は来てもらわないと」…だってさ。ゲゲッ~。

診察ずいぶんと待たされ、診察が終わったのは13時頃。
診療代260円なり。交通費は約7000円なり、そして必要時間は寄り道なしでも6時間…どう思う?
まあ、そんな疑問も残りますが、あと何回か高知市へ通うことになりそうです。

この日は、帰りに牧野植物園でも寄って帰ろうか…と予定していたのだが、突然連れ合いさんが、「仁淀川を遡ってみたい」…なんて言い出した。
この日、久しぶりの晴れ間で気温は30度越え…暑かったんだよねえ。

まあ~、それじゃドライブでもして帰ろうか…てなわけで、伊野ICで一般道に入り、日高村、佐川町を経由して越知町に入り、仁淀川に係る、野老山ダムで停車。写真を撮り、仁淀川町の大渡ダム
に回りました。

DSCN2029.jpg 
▲ 越知町  野老山ダム…仁淀流域は結構ダムが多いんだよね。

DSCN2038.jpg 
▲ 越知町  野老山ダム…水門の水しぶき…なんだか涼しそう

DSCN2065.jpg 
▲ 仁淀川町  大渡ダム…ここもよく来るところです
山の中なのに、でも気温はやっぱり30度超えてました
DSCN2051.jpg 
▲ 仁淀川町  大渡ダム…画面では見えないけど鯉が泳いでいました

DSCN2045.jpg 
▲ 越知町から仁淀町にかけて、山間の町屋は、こんな感じ…広い空間の中なのに、結構高い所まで家並みが広がっていました。四国の山間地は、みんな平家の落人集落なのかなあ?

大渡ダムからの帰り道、逆戻りして伊野町の安居渓谷を見てみようか…と渓谷の入り口まで行きましたが、道は細くうっそうとした森の中…四万十までの距離が長くなり、何だか雨も降りだしそうだったので、途中あきらめて、引き返しました。

DSCN2071.jpg 
▲ 龍の咆哮が聞こえそうな…そんな感じの雲に出会いました。

この日、仁淀ブルーの写真を撮ろうと、回り道したのに、結局渓谷に降りることも無く、きれいな水の色を撮ることも無く帰ってしまいました。
ほんと、何しに行ったんだろうね。(笑)




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/09/05 12:56 ] 四国の旅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/659-fe9b7f9e