債務整理太陽光発電

憲法9条と三角西港

2013/07/31(水)

自民党が復権したせいで、次々と自民党幹部の暴言が続いています。
この暑苦しいお天気以上に、うっとおしい奴らです。

憲法9条が戦争抑止の大きな力に・・・

 片山さつき総務政務官(自民党・参院議員)は29日放送のテレビ朝日系番組で、東シナ海上で発生した中国艦艇による海上自衛隊護衛艦への射撃用レーダー照射事案(1月)について、「他の憲法上の制約のない国だったら、9条の1項、2項がなかったら、(自衛隊が)撃っていますよ」と述べ、軍事衝突を招きかねない対応が当然だとの暴言を吐きました。

 レーダー照射とは、射撃対象を捕捉し、いつでも発射できる状態(「ロックオン」)にするもの。危険な行為で許されるものではありませんが、日本側が先に攻撃に出れば軍事衝突を招くのは必至です。

 番組に同席したタレントの大竹まこと氏が「じゃあ撃てばよかったの?」と繰り返し真意をただすと、片山氏は「今の(憲法の)状況では撃てない」と述べただけで撃った場合、どんな事態になるか説明できませんでした。

 自民党は改憲草案で9条の全面改定を掲げており、歯止めをなくした場合の危険な実態が浮き彫りになったかたちです。・・・・・・2013年7月31日赤旗


確かに最近のアジア情勢は緊迫の度を加えるばかりですが、それは何も一方的に中国や韓国あるいは北朝鮮ばかりが悪いわけではないでしょう。
かって、大東亜共栄圏を夢見て、大量のアジアの同胞を死に至らしめ、屈辱の歴史を与えてきた、この国日本の反省は十分なものだったのでしょうか

一億総懺悔…その反省の舌の根も乾かない今…またしても憲法9条改悪の企みは、アメリカ様のおしつけに屈服し、銭金の亡者たちを先頭に、戦争ほどもうかる商売はない…とバカな国民の愛国心とやらを刺激しながら、着々と進められています。本当にこれでいいの



IMG_2616.jpg


さて話はいつもの通り、ころりと変わります。
私の好きな故郷の景色の代表とも言うべき場所が、ここ、三角西港です。

三角西港(みすみにしこう)は、明治三大築港のひとつであり、明治政府の国内統一、殖産振興の政策に基づいて建設された地方港湾の1つで、オランダ人水理工師ムルドルの設計によって、明治17年から明治20年にかけてつくられた。100年の歳月がたった今も当時の都市計画・石積埠頭がほぼ無傷のままのこっています。



IMG_2652.jpg


この周辺一帯が、写真のような 石造り の岸壁であり、道路であり、また石造りの側溝が一帯にいくつも巡らされています。
石橋も一つ一つが意匠を替えて設計されています。

この写真の左手に建物が見えますが、これは白壁の土蔵です。
ここは今、レストランとして使用されており、故郷へ帰るたび、ここで食事を楽しみながら、わが故郷に思いをはせるのが、私の習慣となっているようです。(笑)

前方に見える橋が、天草への橋、1号橋です。
この橋を渡るとすぐ、私の生まれ育った大矢野町となります。

大矢野町も、橋ができて以来、田舎の良さが失われてしまい、田舎でもなく都会でもない、何とも雑然とした街になってしまい、私としては、あまり好きにはなれません。

だからこそ、昔からの景色をそのまま残している、ここ三角西港に郷愁を感じて、毎回やってくるのです。



a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2013/07/31 10:50 ] 九州の旅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/65-7c7c040b