FC2ブログ
債務整理太陽光発電

米軍機の事故は今後も続く…衝撃の実態

2018/02/09(金)
今日から、いよいよ楽しみにしていた平昌オリンピックが始まりました。
幸先よく、フィギュア団体戦の緒戦、ショートで宇野昌磨が100点越えで1位となりました。
しばらくはオリンピックを楽しみたいものです。

それにつけても、世間は大変ですねえ。
南国土佐でも、今まで経験したことも無いような連日の雪景色が続き、ブルブルと震える毎日です。特に福井県の車の立ち往生は、雪になれている地域だけに、想定を超えた積雪だったのでしょう。

さて、そんな折、かなりむかつく記事が産経新聞に載っていました。

「米兵美談」 「産経」誤報認める   沖縄2紙の批判受け謝罪



皆さんも、とっくにご存知だろうと思いますが、私は、先日沖縄に行き、米軍ヘリ墜落や不時着の現場を見てきただけに、この産経記事のでたらめさ、いい加減さには、怒り心頭に達しました。
沖縄県民への『加害者』である米軍を『救助者』のごとく作り上げ、事故を起こした米兵を『英雄』のごとく、祭り上げていたのです。しかも、産経記者は事故の調査もせず、ネット情報のみをうのみにして記事をでっち上げた…というから驚きです。

しかも、自らのでっち上げ記事を根拠に、この事件を報道しない沖縄の新聞2紙を『日本人として恥だ』と攻撃していたというから、開いた口がふさがりません。産経新聞は報道としての常識も良識も持ち合わせていないのか?
まるで政府広報と似たり寄ったり…同じ体質らしい。

沖縄の米軍ヘリの事故の多さを『このままでは近く重大事故が発生するぞ』と憂慮していたが、なんと、その前に
自衛隊のヘリが墜落5日午後4時45分ごろ、佐賀県神埼市千代田町嘉納で陸上自衛隊のヘリが墜落、住宅が炎上する…という事件が起きてしまいました。
そして、事故から3日後になんと、
事故現場近くの上空を、航空自衛隊の大型輸送ヘリCH47Jが飛行して現場住民の怒りが吹き上げています。

何とねえ、親分(米軍)が親分なら、子分(自衛隊)も子分なんだねえ。とても、国民主権、民主主義国家・日本の出来事とは思えない。まさに由々しき事態です。

米軍、衝撃の実態
先日、平和新聞を読んでいて、衝撃の記事を見つけました。
米軍、海軍機の過半数飛べず…予算不足で整備できず…という記事です。

 米海軍のウィリアムーモ上フン副作戦部長(大将)が米下院軍事委員会(2017年2月7日)で、「軍保有の航空機の半分以上を飛ばすことができず、国防費増額の見通しも立たない中で、投入出来る航空機の使用回数は限度まで来ている」と証言しました。
 さらに、「FA18(戦闘攻撃機)に限れば、任務に使えない機体の数は本来の水準の倍になっている」とも述べ、同型機の62%が整備の順番待ちなどで飛べない状態になっていることを認めました。へりを含む海軍の全航空機でも、53%が同様に稼働できない状態といいます。
 米海軍によれば、同機の機体寿命は約6000飛行時間を想定。しかし、稼働させる機材が少なくなっている現状を受け、現在は8000~9000時間まで伸びていると言われています。作戦行動が広がり、任務が複合化する中で、機体もパイロットも整備要員も酷使されていきます。
 このような状況になっている主な理由は、整備資金の不足です。海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイも例外ではありません。
 2016米会計年度(15年10月~16年9月)の軍事費で、MV22オスプレイの部品交換予算は、わずかに50万㌦(約5500万円)が計上されているだけです。海兵隊では、部品交換も思うようにできず、長期間の任務に酷使されることが、事故多発の要因にもなっていると言われていま このような状況下で、事故は起こるべくして起きていると言えます。日本国内で繰り返される米軍の事故
は、米国自身が「単純なミス」でないことを認めているとおり、まさに米軍が抱えている構造的・制度的な問題なのです。
 根底にあるのは、継続的な財政危機の中での、「リバランス」戦略の軍事的破たんです。そして、世界で最も多く戦争をする国の矛盾が、「同盟国」日本の中で、とりわけ基地を抱える地域で一気に表出していると言えます。
 問題を解決するには、「軍基地をなくす」こと。その根源にある日米安保条約を廃棄する以外に道はありません。

********************************************
恐ろしいですねえ。こんなこと、日本人の何割が知ってるでしょうか?
道理で米軍機の事故が無くなるどころか、増え続けるわけです。

整備もできていない米軍機が沖縄の空を飛び続ける。パイロットも怖いでしょうが、その下に住んでいる住民は、とても生きた心地もしない…そんな記事でした。

DSC_0394.jpg 
☝  雲間草
IMG_7418baika.jpg 

☝ 梅花オウレン

我が家の庭も、連日の寒波で、花もしぼみ寂しい限りです。
その中で、買ってきた鉢植えの花、雲間草と梅花オウレンが、心に彩りを添えてくれます。

インフル流行しています。みなさん、風に負けず、インフルに負けず、
それよりも寒いアベ政治に負けず、暖かい春を迎えましょうう。





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください
スポンサーサイト
[ 2018/02/09 12:46 ] 沖縄の基地 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/560-32ef389c