債務整理太陽光発電

ヤブカンゾウとノウゼンカズラ

 2013/07/13(土)

昨日は、朝飯も抜きで高知市内まで、片道130キロもかけてマルトリンパ腫の全身転移を調べるPET検査と言うものを受けに行ってきました。

昨日は帰ってきたのが夜の7時ごろで、疲れてしまったので今朝から、検査の様子を結構丁寧にブログに書き込んだはずなのに、途中からインターネットが切れてしまい、記事がぶっ飛んでしまいました。

原因は、どうもスカイプにあるようです。
このソフトを入れてから、もう3回ほど記事を飛ばしてしまいました。

いっそ、スカイプを削除しようかとも思いましたが、可愛い孫ちんとのスカイプは、やっぱり魅力的で…結局、
泣き泣き我慢をしています。とほほほ。。。。。

まあ、そんなんで今日は朝からやる気をなくしてしまいました。
検査の様子と結果は、また後日にします。



IMG_2389.jpg


ヤブカンゾウは忘れ草の仲間であり、ワスレグサは、ユリ科ワスレグサ属の多年草を指す。 ワスレグサ(忘れ草)は、花が一日限りで終わると考えられたため、英語ではDaylily、独語でもTaglilieと呼ばれる。実際には翌日または翌々日に閉花するものも多い。中国では萱草と呼ばれ、「金針」、「忘憂草」などとも呼ばれる。 広義には、ユリ科ワスレグサ属(別名キスゲ属、ヘメロカリス属)のことを指し、その場合は、ニッコウキスゲなどゼンテイカもユウスゲもワスレグサに含まれる。また長崎の男女群島に自生するトウカンゾウなどもワスレグサと呼ばれる…とウイキには書かれている。

ヤブカンゾウ間違えそうな花に、ノカンゾウと言うのがあるが、ヤブカンゾウが八重なのに対して、ノカンゾウは一重であるので簡単に区別はつきます。



IMG_2477.jpg

そしてこちらが、ノウゼンカズラ。夏に咲く花です。

ノウゼンカズラとは. 中国の中部から南部に広く分布するつる性の落葉樹で、日本には古い時代に入ってきており、平安時代には薬用として栽培されていたそうです。

         
         焼けるよな  夏に涼しげな  カズラ咲く    simanto114



a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2013/07/13 07:43 ] 草花たち | TB(0) | CM(1)

「FAXとチラシ大作戦」

総務省テレビも新聞も週刊誌も、「小学生にもわかる憲法と不正選挙」の要点が簡潔に網羅された【凡例その一】や【幸せの和】を是非掲載すべきですね、公器であるならばw
掲載しやすいように著作権無しのPDFにしてありますよw

【凡例その一】http://image52.bannch.com/bs/M302/bbs/787532/img/0262597418.pdf
【幸せの和】http://image52.bannch.com/bs/M302/bbs/787532/img/0262596974.pdf
[ 2013/07/13 19:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/54-926c2ae4