債務整理太陽光発電

北の花・マイヅル草が南国で咲いた

2017/04/24(月)

22日付の赤旗に、とんでもないスクープ記事が載っていた。

「森友」に契約書原案まで渡す
14年12月 貸付契約結ぶ半年も前佐川理財局長、事実認める

学校法人「森友学園」への国有地格安売却問題をめぐり、財務省は2015年5月に貸付契約を交わす半年も前に森友側に契約書の原案を渡していました。21日の衆院国土交通委員会での日本共産党の宮本岳志議員の追及に、佐川宣寿理財局長が認めました。契約書の原案には必要事項がほぼ全て記入され、後は署名と押印だけとなっていました。(以上引用)


「ありません」「知りません」「やってません」…国会で木で鼻をくくったような答弁を続けていた佐川理財局長が、ついに籠池氏に懇切丁寧な協力と指導をしていた事実を認めました。

この一事のみでも、森友学園問題にアベシンゾウの力が、役人の「忖度」が働いていたことが明らかになりました。よくも今まで、言論の府・国会の場でシャーシャーと嘘をつき続けてきたものだ。

もう一度国会で、事件に絡んでいた政治家や役人大阪府関係者の証人喚問がどうしても必要です。そして恥知らずのアベシンゾウには自ら高言した通り「総理も議員も」辞任してもらおうではありませんか。



さてさて、我が家では春満開…紹介しきれないほど様々な花たちが咲き乱れています。
先日は、バラづくりの得意な友人に来てもらって、鉢植えのバラを花壇に植え替えてもらいました。
見てると、我々のやり方と違いますねえ。きっちりと専用のスペースを設けて、下穴を深く掘り、土も数種類混合してバラの移植をしてくれました。(下の写真)


IMG_5340.jpg

以前に確保しておいた川の石を使い新規にバラ専用の花壇を作りました。
花壇で使用していた土と鹿沼土、牛糞堆肥を混合してそこへバラを植えていきます。
これから、バラがどんな風に伸びていくか、どんな花を咲かせてくれるのか…とても楽しみです。

IMG_5342.jpg

新バラ園?の向かい側に、楓の木の下に柵を作り、その手前にモッコウバラのようなつる性のバラ(名前は忘れました(笑))も植えてもらいました。
このバラのツルが大きく伸びてきたら柵をさらに増設して、横に広く這わせる予定です。

北の花・マイヅル草が咲いた❢

先日は我が家の庭に、大変珍しい《雪餅草》の変異種が咲いたことをお知らせしましたが、その後、高知市の牧野植物園に問い合わせました。それによると、肉穂花序の無い変異種の報告は他には無いそうです。来年もう一度咲いたら新種ではなくて《変異種》として認定されるそうです。

今日は、もう一つ珍しいお知らせがあります。
私たちが以前、北海道旅行の際、頂いてきた《マイヅル草》を、我が家の花壇に植えたのが、もう5年ほど前のことです。その時買ってきたクロユリの球根は、植えて数日後にイノシシに掘られて食われてしまいましたが、その後マイヅル草は、一応毎年、春になると芽を出していました。
しかし、いつも片葉だけで、一度も花は咲きませんでした。

やっぱり南国で花を咲かせるのは無理か…いつの間にやらあきらめていました。
それが今年、気がついたら、ナント❢ 花芽がついてるではありませんか。
目立たない実に地味な花ですが、気持ちとしては、もう飛び上がりたいほど嬉しい…やったあ…という思いです。(笑)

植物は環境に慣れるんですねえ。


IMG_5350_20170424100630f58.jpg



IMG_5352.jpg

まだ花は開いていませんが、この花、開いても本当に地味な花なんです。(笑)
また開いたらご紹介します。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

スポンサーサイト
[ 2017/04/24 10:55 ] 草花たち | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/04/25 14:34 ] [ 編集 ]

Re: 鍵コメさん

いつも応援ありがとうございます。
体に気を付けて楽しい人生を送ってくださいね。
[ 2017/04/25 18:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/509-8d9006f3