債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幸徳秋水・刑死106周年墓前祭

2017/01/25(水)

また1週間ぶりの更新となってしまいました。
どうもねえ、正月の間にすっかり《ずぼら癖》が身についてしまったようです。(笑)
今週は全国的に寒波が襲来して、突然の雪に立ち往生した車も出たようですねえ。
南国高知でも山沿いでは白く変わった所もあったようです。

私の住む地域は、海の傍なので比較的暖かく、あまり降りませんでしたが、それでも月曜日は雪が舞い、このまま夜中に降り続けば、久しぶりに雪が積もるねえ…なんて言ってましたが、夜はあまり降らなかったようです。

そして火曜日は朝から日が射していました。
この日は午前中は卓球の練習、そして昼からは《幸徳秋水の刑死106周年の墓前祭》に参加しました。毎年この日は、なぜか雪が降り、寒い思いをします。
今年は雪なしだなあ…なんて思っていたら、墓前祭が始まると突然に雪が降り始めました。
《やっぱり秋水と雪は切り離せないねえ》なんて、参加者からのつぶやきが広がりました。(笑)


IMG_5023.jpg

幸徳秋水の墓は正福寺…四万十市の商店街の近く、裁判所の裏手にあります。
入り口には、幸徳秋水を顕彰する会により、ご覧のような案内板が設置されています。

IMG_5030.jpg

墓地の左手には、四万十市が設置した、看板も掲げられていて、良く目立ちます。


IMG_5027.jpg

秋水の墓前には、テーブルが置かれ、お供え物もあります。
この後、参会者による献花が行われます。


IMG_5036.jpg

墓前祭参加者は、今年は少し少なかったようですが、それでも60名ほどに達しました。
秋水の墓から奥の様子です。


IMG_5037.jpg

こちらは、秋水の墓の前になります。


IMG_5038.jpg

こちらは、秋水の墓の入り口側になります。


IMG_5042.jpg

幸徳秋水を顕彰する会の久保会長の献花を皮切りに、秋水の縁者や運動関係者が次々と献花を行いました。
墓前では、何人かの挨拶もありましたが、私も記録できなかったので、それは省略させていただきます。(笑)


IMG_5059.jpg

秋水の墓の隣には、秋水の師にあたる木戸明の墓もあります。
木戸明は、秋水の才能を惜しんで、秋水に社会主義運動をやめるように、諫めに来たこともあったようですが、師弟が理解しあえることはなかったようです。


IMG_5067.jpg

午後2時から、場所を室内に移し、土佐史談会会員の別役(べっちゃく)佳代さんによる講演が行われました。演題は《田岡嶺雲と幸徳秋水》

田岡嶺雲は、高知市で秋水よりも1年早く生まれ(1870年)、秋水よりも1年遅く亡くなった人です。
2人の出会いは万朝報時代で、肝胆相照らし、お互いの著書に序文を書くなど、関係が続きましたが、大逆事件の冤罪で処刑された秋水は、広く世間に名を残し、20世紀の人物として取り上げられていますが、嶺雲は晩年、難病にかかり病死したためか、それほど世間に名を知られることなく、現在に至ったようです。

秋水は身の丈5尺(150cm)ほどの、小男だったようですが、その死生観は《死に所を得る》だったようでして、国家による不当な冤罪による処刑ではあったが、まさに本人の死生観にぴったりの死に様となり、その名は永遠に語り継がれることとなりました。
人生とは、まことに不思議なものですねえ。

余談ですが、秋水が刑死した時代と、今のアベ政治のありようが、何だかねえ…何となく似通っていませんかねえ。

秋水刑死の14年後に、あの悪名高き《治安維持法》が制定され、日本の社会主義運動や民主主義は冬の時代を迎えました。その結果どうなったか…皆さんご存知の通りです。
ただひたすらに《戦争による悲惨な破滅》へと日本は突き進んでいきました。

今、アベによる独裁体制が敷かれ、秘密保護法が制定され、戦争法が制定され、いま、さらに治安維持法にあたる《共謀罪》法案が制定されようとしています。

秋水は、100年以上も前に、戦争の悲惨さを訴え、非戦の訴えに命を懸けていました。
いま私たちは、この秋水に学ぶべき時ではないでしょうか。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

スポンサーサイト
[ 2017/01/25 17:33 ] 幸徳秋水 | TB(0) | CM(6)

トランプが安倍と同じ事をします。

安倍がしたことは、
軍国主義独裁者になり、
徹底的に情報を操作し、
近隣諸国への徹底的バッシングで、
国民の目をそらし、
自己の権力を盤石にする事でした。

その権力によって、
沖縄や福島をいじめ、
国民の権利と福祉を踏みにじりました。
我が世の春と思っていたでしょう。

けれどもトランプが現れて、
今度はアメリカに日本が、
徹底的にいじめられる事になりました。

トランプも徹底的にメディアを操作し、
メキシコや日本への徹底的バッシングで、
国民の怒りをそらし、
自己の権力を盤石にしようとしています。

実際にメキシコ国境に壁を築き、
メキシコ人が締め出され、
日本車の関税が増加して、
一切アメリカで売れなくなれば、
アメリカの労働者は、
喝采を叫ぶでしょう。
右翼が安倍を喝采したように。

安倍は中国韓国と自国民を、
いじめ抜きましたが、
今度はトランプに無視され、
徹底的に、一方的に、
いじめ抜かれる事になりました。

因果応報と言いますが、
近隣諸国を侮辱しいじめて、
喜んでいた日本の人々が、
今度はアメリカに、
侮辱されいじめられる。

安倍のような残酷な人間を、
首相になどさせておくから、
金のバラ播きその他で、
アメリカの人々に、
反感を買い、
こんな事になったのです。

秋水や小林多喜二は惨殺され、
弱者の権利を叫んだ人々は弾圧されました。
けれどもそう言う事をしていると、
いずれ我が身に降りかかる。
さすがの私も、
こんな形で近隣諸国への、
侮辱の報いがあるとは、
夢にも思いませんでした。

安倍などさっさと辞めさせないと、
アメリカに日本が蝕まれます。
[ 2017/01/25 22:36 ] [ 編集 ]

Re;motomasaongさん

相変わらず《元雅節》は健在ですね。
しかし、それにしても…ですよ。トランプとアベとプーチンが並び立つ世の中になるとは、考えられない事態ですね。
災厄と天災と悪魔が一堂に会したようなものです。
世界の人類は、未曽有の危機に瀕しているのではないかと私は思います。

唯一の頼みは、非軍事同盟諸国の台頭とヨーロッパ諸国の冷静な連帯でしょうか。
EUが排除主義や民族主義に染まらないことを願うのみです。

そして国内では、強力な野党共闘の推進とアベ内閣の退陣…これが今年最大の課題ですね。
[ 2017/01/26 13:04 ] [ 編集 ]

こんばんは~♪
幸徳秋水を顕彰する会というのは中村市の頃からできていたのでしょうか。
たしか高知県中村市議会で幸徳秋水を顕彰する決議がされたと大学時代に聞いたのですが、間違いでしょうか。
日本における最初の社会主義思想を伝えたことと不戦を打ち出したことは先駆性がありますね。
まあ残念なのはクロポトキンの無政府主義に感化されてしまったことでしょうか(*^^*ゞ
[ 2017/01/26 19:04 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/01/26 21:25 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし鍵コメさん

秋水は《女癖》は、やっぱりちょっと悪いというより、変わってましたねえ。
秋水さん、秀才で小男で体が弱かったせいか、どうやらマザコンに育ったようです。
他人の勧めで2度結婚しましたが、どちらもあまり気に入らず、結婚式の日に女郎屋にしけこんだそうですよ。
どうも女の扱いが苦手だったようで、ひどい扱いもしたようです。3番目の管野須賀子とも、色々あったようですが、どちらかというと、うまくいった方でしょうね。
最初の奥さんは離縁してから、子供がいて、秋水のDNAは絶えたと思われていたようですが、直系の子孫が生きていて、最近の墓前祭などにお孫さんなどが参拝されてます。

まあ、今から100数十年も昔の話ですから、当時の社会から見ると、それほど異常ではなかったのでしょうね。  
[ 2017/01/26 21:38 ] [ 編集 ]

Re: まり姫さん

中村市議会が幸徳秋水を顕彰したのは、世紀末の2000年のことでした。
四万十市に名前を変えたのが、私が四万十市に移住してきた年、2005年の事です。
無政府主義についていえば、まだ当時日本の共産党も運動体もなかった時代ですから、組織的発想にかけていたとしても、致し方ないことだと私は思います。
日本初の《共産党宣言》は、秋水と堺利彦の共著ですが、この堺利彦、後に共産党結成に関わった人間です。この堺利彦が、秋水始め大逆事件の刑死者の遺体や遺骨を引き取り、後の世まで面倒を見たりしたことは、あまり知られていないようです。

中村と大逆事件と秋水、そしてそれに関わる人々、知れば知るほど面白くなってきました。(笑)
[ 2017/01/26 21:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/489-c1e36ff9