債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サッカーのクラブW杯+庭の花

2016/12/19(月)

昨日のは夕方から、焼酎とつまみをテーブルに置き、ずっとテレビの前に座り込んでいました。サッカーのクラブW杯最終日。3位決定戦は南米代表のアトレチコ・ナシオナル(コロンビア)が北中米カリブ海代表のクラブ・アメリカ(メキシコ)をPK戦の末4―3で下した。
日本のサッカーも、ずいぶんとレベルが上がったものだと、Jリーグ結成からの流れを感慨深く思いましたねえ。

決勝戦は、7時半から、あのロナウドを擁する世界最高峰のレアル・マドリードVS鹿島アントラーズだ。ワクワクしながら観戦していた。
開始早々、浮足立っていた日本のゴールにレアルのシュートが食い込んだ。
やっぱり、勝てないのか?一瞬疑惑が胸をよぎる。

しかし、それからの鹿島は正気に戻った。
MF柴崎の同点ゴールがレアルに突き刺さると、会場がどよめいた。

そして後半戦、またも柴崎の逆転ゴール…レアルの監督、ジタンの顔が厳しくなる。
惜しくも反則PKでで同点にされたのが悔やまれる。そして、審判の疑惑のジャッジもあった。

日本の不運もあったが、延長戦に入り、さすがは世界のエース、ロナウドが立て続けにゴールを揺らす。決めるときに決めるのがエース…伊達に高給はとっていない。

この夜は、負けはしたが鹿島の大健闘に惜しみない拍手を送りました。素晴らしい試合でしたが、最後に日本人選手の一言が、嫌な思いとして私の胸に残りました。
その一言とは、最近スポーツの世界でよく聞かれる言葉です。《2位も最下位も一緒。悔しさが残る。》…この言葉には、がっくりときましたねえ。素直に健闘を称えればいいではないか。

この言葉って、気持ちとしては理解できる面もあるが、何だかねえ。スポーツを、全参加者を、特に初戦敗退したチームを侮辱した言葉だと、私は思う。

スポーツ選手には、こんな侮辱的な言葉は出さないように、今後心してほしい。



さて、暖冬の日々も、ようやく冷え込みを見せ始め、今年きれいな花を咲かせてくれた月下美人やシンビジウムなど、冬に弱い花たちを、温室や部屋の中へと移動しました。
これでいつ雪が降っても大丈夫です。

そんな師走の風景に、少し彩をつけてくれる花たちが、今庭で咲いています。


DSC_1488.jpg
今年、根が腐り枯れてしまったバラの花…故郷の天草から移植したバラでしたが、寿命が尽きたようです。幸い枯れる前に、枝を切り挿し木にしておいたので、今鉢植えの中で、その子孫たちが小さな花を咲かせています。


DSC_1489.jpg DSC_1493.jpg
                こちらは頂いた黄色の千両                          シャコバサボテンは20年も我が家に


DSC_1496.jpg DSC_1498.jpg
                    季節外れのシンビジウム                                  野菊の花も可憐に咲いて


願わくば、この国の政治の世界も、いつの日にか、こんな花たちのように、さわやかに人の心に寄り添うようになればいいな…と、つくづく思う昨今です。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください


スポンサーサイト
[ 2016/12/19 12:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

弱者や敗者への思いやりは?

「二位も最下位も同じだ」
ということは、
「優勝者以外は屑だ」と言う事です。

ふ~ん。

何か聞いた事があるなあ。

「平氏にあらざれば人にあらず」
平清盛のおごり高ぶったセリフ。
「アーリヤ人以外は劣等人種だ」
ヒトラーおじさんのセリフ。
「大和民族は世界一だ」
東条英機のセリフ。

さぞかし安倍晋三も、
「自民党議員にあらざれば人に非ず」
そう言いたいのでしょう。

動物は確かに、
弱肉強食で、
食物連鎖のピラミッドの頂点が、
全てに君臨しているかのような図を学ぶ。
でも本当は、
草食獣は草さえあれば困らないが、
肉食獣は草食獣なしでは、
すぐ滅びてしまう。

人間社会も、
孫を見てくれるおじいさんおばあさん、
頑張って働くお父さんお母さん。
一家の希望である子供達。
全てあってこその家庭であるはずであり、
お父さんが家族に君臨しているわけではない。

政治のトップがしょうもない奴だと、
末端のたかが運動選手ごときまでが、
調子に乗るものと見えます。

弱者や敗者への配慮と労り、
優しさや思いやりは、
一体どこへ行ってしまったのでしょう?
[ 2016/12/19 17:36 ] [ 編集 ]

Re;motomasaongさん

>政治のトップがしょうもない奴だと、
>末端のたかが運動選手ごときまでが、
>調子に乗るものと見えます。

>弱者や敗者への配慮と労り、
>優しさや思いやりは、
>一体どこへ行ってしまったのでしょう?

まさにおっしゃる通りです。
ちょっと、ちやほやされると、すぐ調子に乗る。傲慢な言葉が口をつく。
最近の人々は、弱者への思いやりや惻隠の情…どころか、社会正義や道徳まで《ウザい》の一言で片づけてしまうのでしょうか。

人類の未来が思いやられます。
まあ、そんな人たちばかりではないことを期待したいものですが。
[ 2016/12/19 21:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/481-b39436d4