債務整理太陽光発電

カストロの死+アベ政治の末路

2018/11/29(火)

11月25日、キューバの前国家評議会議長フェデル・カストロが死んだ。《最後の革命家》と呼ばれる、キューバ革命の英雄であった。
私は、個人的には《「アメリカとソ連に、正々堂々とケンカを売った男」》チェ・ゲバラが好きです。ゲバラは米ソに喧嘩を売ったことで困惑するカストロに《訣別の手紙》を書き、世界の革命に身を捧げます。最後は南米ボリビアで米軍のグリーンベレーに捕まり、即刻射殺されましたが、そのことは世界を震撼させたことを覚えています。

まあ、世間ではカストロについて、《独裁者》だの、なんだのと批判している人もいるようですが、日本の独裁者・アベシンゾウとは大違いで、弱者にはとても優しくて、外国の観光客などにも、突然街角で声をかけたりする、とても気さくなおじさんでもあったようです。
カストロおじさんの冥福を祈ります。


さて、我が国では、自公政権が28日、環太平洋連携協定(TPP)承認案・関連法案と年金カット法案の成立を図るため、30日までの臨時国会の会期を12月14日まで延長することを決め、大島理森衆院議長に会期延長を申し入れしたようです。

アベ内閣…本当に、どうしようもないドアホ内閣ですねえ。
肝心のアメリカがTPPから撤退する…と宣言しているのに、それでも強引に国益を投げ捨てるTPP推進にしがみつくなんて、何と往生際の悪い、売国奴なんでしょうねえ。
TPPの推進で、私たち99%は、損することばかりで、何も得することはありません。得するのはわずか1%の大金持ちだけです。

アベ政権は、いまさら言うのも恥ずかしいが、完全な大金持ちの飼い犬に成り下がってしまいましたねえ。
これ以上、弱者を痛めつけてどうするのよ。《100年安心》とほざいた《年金法改訂》。その直後の《消えた年金記録》の杜撰さ…それからまだ数年しかたってないのに、もう《年金制度崩壊》だ…何をふざけてんだよ。しかも大事な年金を博打につぎ込んで大損こいて、だれも責任も取らない。

そのツケは、現役の年金受給者とこれからの若者に払ってもらおう…本当にふざけすぎだよなあ。ど素人でも、もっとましな年金法案作れるぞ。
ドアホのアベは、さらに年寄りをいじめたいようですよ。
今後は、住民税を払っている年寄りから、医療費の補助を切り捨て、高額の医療費を盗りたいとの仰せでござるよ。

ちなみに私の年金…正直なところ、年140万円ほど。生活保護費よりも少ない年収だぜ。それでも税金を払い、市民税を払い、国保料や介護保険料を払い、足りない分は、近くの野草を採り、近所の知人から魚や猪肉やシカ肉などをもらい、生活してるんだよ。

その私から、さらに医療費をふんだくる…と言う訳?
アベシンゾウ…国内の貧乏人の恨み…やがて、お前さんの喉笛に食らいつく日がくるぜ。
予言しておく。アベシンゾウ…お前さん、ろくな死に方しないぞ。


DSC_1340.jpg

さて、みなさん、暑かった日々も去り、そろそろ冷え込む季節がやってきました。
我が家では、先日、天空の郷からもらってきたユズを風呂に入れて、アベ政治のせいで冷え切った心と体を温めています。

みなさんも、冷たい政治で風邪を召されないように、ご用心、ご用心。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください


スポンサーサイト
[ 2016/11/29 16:42 ] 政治の話 | TB(0) | CM(4)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/11/30 16:50 ] [ 編集 ]

Re: 鍵コメさん

国民の皆さんもねえ、生活と政治は切っても切れない密接な関係にあることを理解してほしいですねえ。
良い政治家とは、ただ一言…国民の命と暮らしを守ってくれる政治家です。他には何もありません。

このままだと年寄りは青いテントで暮らすか、首をくくるか、それとも私みたいに、自然相手に狩猟と採集をして暮らすしかなさそうです。ウッホ~!!
[ 2016/11/30 18:33 ] [ 編集 ]

変な政治家、変な国民

安倍さんを大喜びで、
首相にさせているのが日本の国民。
それに輪をかけたヒトラー顔負けの、
トランプを選んだのがアメリカの国民。
少なくとも50%の国民が、
変なのをトップに選んでいる。
国民も半分強は、
変ですね。
私には理解できませんが、
私やSimanto114さんが変なのであって、
「正常」な「過半数の」国民は、
私たちが変だと思うのでしょう。
[ 2016/12/01 15:39 ] [ 編集 ]

Re;motomasaongさん

私たちが変なんでしょうかねえ?
でもねえ、いくらぼやいても、国民いじめのアベ内閣を支持する《変な国民》に目を覚ましてもらわないと、世の中が変わらないのも事実です。

まあ、気長にぼちぼちと、燎原の火のように仲間を増やしていく以外、ないですねえ。
あまり、焦らずに気楽に頑張りましょう。
[ 2016/12/01 23:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/475-7d944228