債務整理太陽光発電

破滅するほど高い原発の経費・・・責任とれよ

2016/10/25(火)
1983年の原子炉設置許可から33年、94年の初臨界から22年、その間、実働わずか250日で1兆2000億円もの莫大な予算が投じられてきた高速増殖炉「もんじゅ」が廃炉に向け動き出した。
しかし、《もう手を付けられない》と「もんじゅ」を廃炉にする一方で、政府は新たな高速炉開発に着手、核燃料サイクルをさらに推し進める方針を打ち出した。まったく懲りない面々だ。

福島原発の事故は、5年たった今も、事故処理どころか、汚染水の処理さへできないまま、今も大量に海に汚染水を垂れ流している。
原子力村も規制委員会も、電力会社も政府も、すべてが、《事故処理》に目をつむり、国民に対する何の安全保障もないまま、肝心要の事故原因さへ棚上げにしたまま、原発の再稼働を進めている。

私は思う。これって、一体何なの?
これほど馬鹿にされて、なぜ国民は怒らないの?
私には理解不能であります。

大地震は明日来るかもしれない。想像を絶する大津波が明日やってくるかもしれない。
それなのに、どうして原発の再稼働を進めるのか?
私には分かりません。

もう一度、他の原発で事故が起きたら、この国はどうなるのだろう?
この国の国民は、よっぽどマゾヒストが多いのだろうか?

さて、そんな時に、とんでもない見出しが目に飛び込んできた。


福島第1原発の廃炉費用は年数千億円 総額2兆円の想定を大幅に上回る
産経新聞 10月25日(火)14時50分配信 

 経済産業省は25日、東京電力の福島第1原発の廃炉に必要な費用が、現在想定している年間800億円から年間数千億円に拡大するとの試算を明らかにした。廃炉には30年以上を要するため、総額2兆円の想定を大幅に上回る。東電の原子力事業を分社化し、他の電力会社との再編などを通じて経営体力を高め、福島の事故対応費用を捻出する案も新たに提示した。

総額2兆円と見込んだ、福島原発の廃炉費用も大変な額になるのに、それでは到底追いつかないと、大幅な修正を打ち出した経産省。じゃあ一体いくらになるのか…それはあいまいなままだ。
少なくとも10兆円…あるいはもっと?
《原発は一番経費が低い》なんて宣伝してた奴ら…責任とれよ。
なんなら、絞首台のロープくらい準備してやってもいいぞ。

そして許せないのは、政府と電力会社のために、東電と関係のない人たちが、日本全国で、《東電の廃炉費用》を料金に上乗せされて、払わされているのだ。
冗談じゃない…なんで四国に住む俺たちが、費用を負担するんだ?

しかも、もっと許せないことがある。
原発の電気は使いたくない…と風力や太陽光などの《新電力》に家庭の電気を切り替えた人たちにまで、東電の廃炉費用を強制分担させることだ。

政府も電力会社も《盗人猛々しい》やり方で、まさに傍若無人。そこに国民は存在しないかの如く勝手に国民の資産、財産を盗んでいくのである。

奴らのために、どれだけの人たちが命を落とした。
奴らのために、どれだけの避難民が、今も苦しんでいる。
先祖伝来の田んぼや畑、家にも帰れず、家畜は見殺し。

奴らはもう人間じゃない。

その代表が《アベ内閣》である。
石原慎太郎は《東京は伏魔殿》だと言った。
その親玉はお前だろうが……まったく嫌な世の中になったものだ。

そろそろ、この世も《世直し》しなくちゃ、住みづらくって仕方がない。
一気に革命でも起こして、共産党当たりに天下を譲っちゃどうなんでい。
なんて…思う今日この頃であります。

IMG_4725.jpg
我が家の下の海も、私の心のごとく、怒り、荒れています





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

スポンサーサイト
[ 2016/10/25 20:33 ] 原発・原爆 | TB(0) | CM(2)

ゆとりがないと頭が回らない。

安倍のしている事は、
国民の弱体化と白痴化。
徹底的な情報規制と、
安倍のやり口に賛同する後付けの屁理屈。
それで国民を洗脳しマインドコントロールすることが、
「十分説明してご理解いただいた」と言う言葉の真相。

明日の食事にもローンの支払いにも、
汲々としている人は、
高速増殖炉もプルトニウムも、
汚染水も核廃棄物も、
どうでも良いのです。
目先の事だけで一杯。

貧乏暇なし。
これは本当です。
衣食足りで礼節を知る。
これも真理。
昔は孔子は大嫌いだった。
体制派の犬と思っていたから。

でもそうでもなく、
彼の本質は、
プラトンの「哲人政治論」。
人格的に知的に優れた人が、
政治を執るべきだと言う主張。
悪党に悪用されましたがね。

共産党。
ヒトラーに最後まで反発し、
弾圧され虐殺された人々。
気の毒に……
宮沢賢治先生がおっしゃいました。
「まず全ての人が平等な共産主義の福祉社会、
 その後に全ての人が他者の幸せを願う理想の世界が来る」と。
[ 2016/10/26 10:06 ] [ 編集 ]

Re: motomasaongさん

いつもお世話になっております。
それにしても、本当に住みにくい世の中になってまいりましたね。
世界中がおかしくなってきました。
なんだかねえ、第3次世界大戦の危機感さへ、近頃は感じます。
まあ、どう変わっても、我々はもう年ですから、いつでも、この世とお別れすればいいだけのことですが
それにしても、小さな子供たちのことを思うと、胸が痛みます。
せいぜい、世の中に抵抗しながら、生を終えようと思っています。
[ 2016/10/27 08:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/461-3fd875f7