債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

熊本地震の悪夢

2016/06/17(金)

雨が降ったり、また晴れたり…今年の梅雨は2,3日おきに天気が変わる、まるで猫の目のような梅雨になっています。

熊本の地震から2か月が経過しました。テレビ等の報道も、近頃は《舛添たたき》に終始していて、熊本の地震や《甘利の口利き疑惑》など、もうどこへ行ったのか…そんな扱いになっているようです。

もちろん、私も《あんなせこい都知事》を許す気持ちはありませんが、テレビや新聞を見ていると、なんだかねえ《寄ってたかっていじめてる》そんな気持ちも致します。

《おメーラ》弱い者いじめ…ばっかりじゃなく、もっと《アベ》や《石原慎太郎》それに《甘利》の問題をもっと追及したらどうなんでい…と思いますねえ。

そんな中、赤旗でちょっとやばい記事を見つけました。

庁舎にヒビ  有害物質流失の危険---熊本・水俣市を田村氏調査  (赤旗記事)

熊本地震では、市役所庁舎にヒビが入るなど被害が出ているほか、水俣病原因物質のメチル水銀化合物の排出された水俣川河口左岸の護岸や市道に亀裂が入ったために、汚染土壌に含まれる有害物質が海に流出する危険性をはらんでいます。

護岸や市道に亀裂が入っているのは、水俣病加害企業チッソ(現JNC)がメチル水銀を含む工場排水を貯蔵していた八幡残渣(ざんさ)プール。100万平方メートルを超えるという広大な一帯は埋め立てられてはいるものの、何かあれば有害物質が外部流出し、水俣病の悲劇が繰り返されるのではとの不安の声が以前から出ていました


水俣市は、熊本市から約70kmほど離れています。日奈久断層の上にあります。
そしてその南約50kmあたりに、現在日本で唯一稼働中の川内原発があります。
いや~  怖いですねえ。やばいよねえ。

ここ水俣で、庁舎が使い物にならないほど壊れて、水俣の護岸もひびが入り、恐怖の水俣病の原因となったメチル水銀が海へ流れ出すかも…なんてねえ。皆さんもう、水俣病なんて、過去の亡霊として、すっかり忘れていたんじゃないの?

そんな亡霊が復活なんて、それも怖いけど、もっと怖いのは、やっぱり川内原発です。
政府も九電も規制委員会も、聞く耳持たなかったようだが、《原発止めろ》の声は、やっぱり真っ当だったね。
もうちょっとで、川内原発に大きな被害が及ぶ所だった…そのことを、この記事が示しているのではなかろうか。

地震で道路は各地で寸断され、ただでさえ逃げ場のない現地で、原発から放射能発生…の事態になっていたら、もう現地は阿鼻叫喚の地獄と化していただろう。もちろん救援隊も入れなくなるしね。やっぱり原発は全廃…すべて廃炉にするのがよろしいようです。



DSC_0577.jpg
                                ベンケイソウ科・タキタス属の多肉植物…キングスター

キングスターの花言葉は「一攫千金」です。博打好きな方にぴったりの花ですね。(笑)
この花も生命力が強く、どんどんと繁殖し株が増えていきます。我が家からずいぶんもらわれていきました。今頃あちこちで花を咲かせていることでしょう。


DSC_0580.jpg  DSC_0585.jpg

先日一輪だけ紹介した桔梗は、写真のように、もう花盛りとなりました。これから、この状態で次から次と花が咲き変わっていきます。11月頃まで…すごい生命力を感じます。

右の赤い花は名前が分かりません。➡追記  名前分かりました  《京鹿の子》です。

先日知人にあげた月下美人の花が咲きました。
でも我が家の月下美人は、今年は一つも花芽がついていません。それは私が昨年考案した《温室》の保温効果が悪かったようで、葉っぱを半分ほど枯らしてしまったのが、原因のようです。自分ではいいアイデアだと思ったんだけどなあ。





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

スポンサーサイト
[ 2016/06/17 12:33 ] 原発・原爆 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/418-c90f86d8