債務整理太陽光発電

イタドリ採りの旅

2016/04/21(木)

熊本で地震が起きて以来、気になって、いつもいつもテレビのニュースにくぎ付けになっていました。何度も何度も通った阿蘇周辺の土砂崩落の無残さ、そして築城の名人と言われた清正によって改築された熊本城は、過去400年間、どんな地震でも崩れることのなかった石垣が、あっけなく崩壊してしまった。
震度7に二度も襲われた益城町の様子は、私の心を押しつぶす。
大概のプレッシャーには、耐えてきた私だが、思い出深い熊本の街並み、山並みの惨状には耐えきれないものがある。
心臓がパクパクして、息が苦しくなってくる。

これはいけない。
気分転換に、一昨日、連れ合いさんと2人、愛媛方面へ、イタドリ採りの旅に出かけた。


DSC_0244.jpg
宿毛湾の一望

宿毛から、海沿いの道に入る。
ここのコースは、高知県でもあり、みんなが採りに来るようで、あまりイタドリは無いのだが、景色がいいのでドライブを楽しみながら、所々でイタドリを探すのだ。
愛媛県一本松まで、海沿いの景色を楽しみながら走りました。



DSC_0254.jpg
山中を走る…県道4号線…別名『カンペイロード』

一本松から山出温泉経由で、いよいよ山の中へと入ります。
県道4号線は、最近のことだが、別名『カンペイロード』と呼ばれるようになった。お笑いの間寛平が、この近くの出身でこの名がつけられた。
山は今、新緑が盛り。まぶしいほどの彩が日に映える。まさに『山が笑う』というのは、こんな状態であろう。


DSC_02521.jpg

県道4号線は、平坦な2車線道路ばかりではない。こんな道も4号線だ。うっそうとした木立の中、あるいは崖と岩に囲まれた狭い1車線道路が延々と続く。
あまり初心者にはお勧めできないコースである。



DSC_0256.jpg

これが今回の旅の成果…手押し車に一杯半のイタドリ…昨年は2杯採れました。その前は、3杯採れました。年々収穫が減っていきます。それはイタドリが生えなくなったからではなく、採りに来る人の数が増えたからです。
また、新しい秘密?の場所を探さなくてはいけませんねえ。(笑)
皮をむくのに、昨日の朝から夜の12時までかかりました。

おかげさまで、うつうつとしていた気分が少し楽になりました。
熊本の皆さん、頑張ってくださいね。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

スポンサーサイト
[ 2016/04/18 21:38 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/400-4d031e48