債務整理太陽光発電

山野草採り、いよいよ本番

2016/03/28(月)

我が家のソメイヨシノ君…早くも20日に開花して、ほっと一安心したのが悪かったのか?
その後、またも冷え込みがやってきて、開花が止まってしまいました。
『花冷え』と言うそうです。なかなか風流な名前がついていますが、その後花は一向に咲きそろいません。25日に私の通う卓球教室の仲間たちが、1年の終わりを兼ねて花見に来てくれましたが、下の写真通りで、ちらほらとしか咲いていません。
まさに『ちょっとだけよ~』の状態でした。


DSC_0092.jpg

29日にも花見の第2弾で大勢の方がやってくる予定になっていますが、花の開花は花に聞かないとわかりません。ホントに今年の気候は異常です。


IMG_4124_20160327223259192.jpgIMG_4125.jpg
                                      左   カラスエンドウ                          右    アケビのツル
気象は狂いばなっしですが、山野草は例年通りではないけれど、やっぱり顔を出してくれました。
カラスノエンドウは右下の雑草集団と合わせて、おひたしにします。
春の香りと、ほんのりとした甘みがたまりません。

アケビのツルは、みなさんどうやって食べるの?と不思議がりますが、普通にフライパンにご油をひいて、炒めて醤油とみりんで味を整え、すりごまを加えると、あら不思議…料亭の味の出来上がりです。でもねえ、これって、なかなか大変なんですよ。何が大変かというと、アケビのツルの新芽の先15センチほどを摘んで集めて回るのですが、これがホントに大変…貴重な食品なんです。


IMG_4126.jpgIMG_4127.jpg
                                         左   わらび                           右   三つ葉、嫁菜、ヨモギ、ハコベ
いつの間にやら、わらびが出ていました。春の山菜の定番です。
熱湯に浸して重曹を入れあく抜きをすれば、冷凍保存して、いつでも食べたいときに春の味を楽しめます。結構人気の高い山菜です。


IMG_4128.jpgIMG_4129.jpg
                     左   せり                                   右   イタドリ(スカンポと呼ぶ所もあるようです)

せりは、私の大好きな山菜の一つ。耕作放棄の田んぼに入り、バケツ一杯、根っこもつけて採取してきました。芹は根っこごと天ぷらにするとおいしいし、根っこはきんぴらに、葉っぱはおひたしにしてもたまりません。ビールが進むこと請け合いです。

昨日は田んぼと山の両方に入り、これ以外にもツワブキやタラの芽も少しだけ摘んできました。
まあ、なんだかんだ言いながらも、やっと山菜取りのシーズンが始まりました。

花見のお客さんに、せめて春の山菜料理を提供しようと頑張っています。(笑)




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

スポンサーサイト
[ 2016/03/28 06:00 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/391-85f8da2d