債務整理太陽光発電

四万十川の海苔採り風景

2016/02/08(月)

春の気配が徐々に強まりつつある昨今ですが、この国の政治はますますお寒い状況を呈しつあります。

世間を騒がせたパンツ下着大臣が先に辞任するのかと思っていたら、甘利銭ゲバ大臣が先に辞めてしまいましたねえ。また遠藤大臣の銭ゲバも問題化しつつあるようです。
まあ、私は狂乱のアベ内閣が次々と崩れていくのは、大歓迎だし、またこの腐れ内閣は、この国を正常化するために、1日も早く退陣に追い込むべきと考えています。

そうした中で、「自主憲法制定」を主張する右翼改憲派「日本会議」が主導した、地方議会での改憲を求める意見書採択が33都府県議会に広がっています。多くは、自民党単独による採択で、議会の慣例を破る強引な手法ですが、政治の軍国化、右翼化を常態化しようとの策動は、絶対に許せないものだと私は思います。

政治の世界は、まさに真冬の世界に突入する…そんな気配も強まりつつありますが、私は、この国の主権者である国民が、もう少しまじめに、この国の未来を考えてほしいと念願しています。



IMG_3875.jpg 

こちらは、まだ冷たい四万十川に入り、天然のスジノリ採りが始まっています。
今年は、海苔の発育の状態が悪く、不漁かなあ…と思っていたら、突然の寒波襲来で、急に海苔の成長がすすんだようです。


IMG_3876.jpg 


IMG_3887.jpg

採取した海苔は、河原で天日干しにして乾かします。
四万十川では、天然のスジノリと共に、養殖のアオサも採れます。
ウナギの稚魚…シラス採り…と併せて、冬の大事な稼ぎとなっています。

地方の衰退の中で、寒さに負けず、まじめに働き生活している人たちはたくさんいます。
この国の政治が、一部の大金持ちや都会だけに目を向けるのでは無くて、こうした地方の地道な暮らしに、優しく目を向けてくれる…そんな時代の到来を、私は待ち望んでいます。




sho_fj2.jpg

           a_01.gif
← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2016/02/08 07:00 ] 四万十周辺 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/379-5fc6c774