債務整理太陽光発電

四国カルストと大豊町の旅

2015/10/05(月)

今年の夏は戦後最悪のアベ内閣のせいで、本当に忙しい毎日であったが、10月2日、3日の両日、息抜きも兼ねて、新婦人の旅行小組のメンバーと、昨年好評だった限界集落・天空の郷へ一泊旅行に出かけてきました。


IMG_3377.jpg
四国カルストの一部、天狗高原で見かけた アケボノ草

9時に四万十市を出発。天狗高原まで2時間ほどの予定であったが、途中工事による通行止めに出会ってしまって、高原に着いたのは11時半になっていた。
高原のセラピーロードは、もう花の盛りは過ぎていたが、咲き残っていたいくつかの花と出会うことができました。

写真のアケボノ草やキツリフネ、ヒナシャジン、ハンカイソウ、ツルニンジン、リンドウ、紅白のゲンノショウコ…等々。


IMG_3390turuninjin.jpg
ハンショウヅルかと思ったら、ツルニンジンでした

高原は霞も無く、この日はよく晴れ渡っていました。
写真は載せませんが、緑の草原と白い石灰岩の織りなす風景は、いつ見ても絶景です。
道が悪く、大型バスが入れないので、観光客が少ないのが、ありがたいところです。

ここで軽い昼食をとり、近くの雲の上の温泉…に入る予定でしたが、まあ皆さん、のんびりと散策したせいか、時間がどんどんと過ぎていきます。
雲の上の温泉は、若干後戻りしないといけないので、目的地に着くのが夜暗くなってしまいます。

この日の宿泊先は、大豊町の友人宅です。まあねえ、家々が崖の上にへばりつくように建つ土地ですので、素人が暗い時にうろうろすると、冗談ではなく、崖から転がり落ちるようなところです。(笑)
とりあえず、目的地近くの温泉に入ろうか…と先を急ぐことにしました。

一気に下界へ降りて、高速道路に乗ればよかったのだが、ついでに途中のサメウラダムに寄ろうと思ったのが悪かったのか?…まあ結構時間がかかってしまい、ここで3時半を過ぎてしまいました。途中で温泉に寄るとしたら、目的地に着くのが真っ暗な7時ごろになってしまいます。

相談の結果、この日はみなさん温泉なし…と決定。一路目的地へと向かいました。



IMG_3442.jpg
高知と愛媛の県境となる京柱峠から大豊町を望む

1年ぶりに逢った友人のK君は、糖尿病で入院していたとは聞いていたが、びっくりするほど痩せていました。まあしかし、体調は元に戻った…ということで、この日は一緒に焼肉とビールと、K君が用意してくれたオデンで、久しぶりににぎやかな夕食となりました。

翌日は、日本の峠でも有名な京柱峠を越えて、西祖谷のかずら橋を訪ねることにしました。


IMG_3479.jpg
西祖谷のかずら橋

祖谷には、奥祖谷と西祖谷にかずら橋がありますが、この日は近い方のかずら橋を訪ねました。
谷の上にかかったつり橋は、揺れるので皆さん、へっぴり腰で手すりにつかまりながら、必死の形相で渡っています。見ていると笑えてきます。どうだった?と聞くと皆さん『怖かった』という答えが返ってきました。

私なんか、幼児の頃から船の渡り板を走って渡っていたので、こういうところは平気で、走って渡れます。
この後は、昔々、美空ひばりの乗ったバスが谷底に転落して有名になった大杉で、昼食をとり、天然記念物に指定されている樹齢3千年の大杉を見て、帰路につきました。

懸案の温泉は、四万十市の近く、拳の川温泉に入って、2日間の汗を流しました。
さて、次回はどこへ出かけようか?




a_01.gif
← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2015/10/05 17:37 ] 四国の旅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/356-562542b2