債務整理太陽光発電

15・北の旅⑫神居古潭~十勝岳

2015/07/27(月)

某政党さんには、『戦争法反対の共同闘争』の組織起動の要請をしていたのだが、なかなか前に進まず、もうしようが無い、9条の会の呼びかけで組織を立ち上げようか…そんなところに話は進んでいましたが、先日やっと、誠に遅ればせながら、共産党・社民党が共同して各団体への呼びかけがありました。

23日、6市町村が存在する幡多地方の各団体代表が集い、『戦争法を許さない幡多の会』が結成されました。まずは8月6日土佐清水市で集会を開き、9日には四万十市天神橋商店街・土豫(どよ)銀行跡地 
赤鉄橋下の河川敷で16時から、リレートークがスタートします。

強行採決はしたものの急激な支持率の低下(毎日調査…支持率35%  不支持率51%)で慌てる自民党と安倍内閣…内部でも右往左往が始まったようです。


さて、情勢もいよいよ緊迫してきました。私もやるべきことはやりながら、今日も北の旅の話です。


IMG_2079.jpgIMG_2088_2015072622445304c.jpg
                    焼尻島に沈む夕日                                           小平町のにしん番屋

6月24日、車中泊した苫前からは手前に焼尻島、その先にはオロロン鳥で有名な天売島が見えます。
この日の夕日は太陽が2つ…達磨さんみたいな形に見えました。日本海では時々見かける現象です。

25日はすぐ近くの小平町にしん番屋を見た後、留萌-深川-旭川-美瑛-十勝岳-五郎の家-南富良野まで、走行距離288㎞の旅でした。


IMG_2091.jpgIMG_2102.jpg
                    旭川の神居古潭入口                                        神居古潭駅の跡

旭川に入った途端、神居古潭の標識が目に入りました。連れ合いさんとKちゃんは行きたい…と言うことで、初めての訪れでした。
神居古潭…何と神聖な響き…専門書に縁がなく、漫画や小説でしか知識が無かった私の、神居古潭のイメージはアイヌの聖地…みたいなイメージでした。
違いました。全く違いました。

石狩川にかかる、白い木造の橋も神秘的で、どんな遺跡が見れるのかと、ドキドキしていましたが、何と見えてきたのは、機関車の姿と駅舎の跡でした。駅舎の写真中央の舗装路の跡が、以前線路だったところです。

え~えっ~  全くイメージが違いました。
駅舎の説明によると『カムイコタン』と言うのは、アイヌ語で『魔人の住むところ』という意味なんだそうです。
なんでそんな名前がついたかというと、すぐ下を流れる石狩川の淵がとても深く、時には荒れて通行手段だった船がよく沈んだのだそうです。
そこから『カムイコタン』の名がついた…とのことでした。


IMG_2113.jpgIMG_2114_2015072622470736f.jpg
                                 29638                                                                C57201

それよりも凄いのは、ここの駅の横手に鉄道ファンなら涎をたらしそうな、蒸気機関車が何と3台も展示されていることでした。こんな田舎の何にもないところで、静かに眠る機関車の姿に、何とも郷愁を誘われました。

29638は『きゅうろく』の愛称で親しまれた大正時代を代表する貨物用蒸気機関車です。
C57201は主に昭和10年代、急行旅客用蒸気機関車として活躍『しごなな』または『貴婦人』の愛称で呼ばれている、今もまだ人気の機関車です。


IMG_2115.jpgIMG_2122.jpg
                         D516                                                            白金温泉近くの青い池

D516は『でごいち』と呼ばれ、鉄道ファンに親しまれる昭和10年代に最も多く作られた蒸気機関車で、貨物用である。
駅舎にいたおじさんの話では、各地で動いていた同型の機関車の部品が無くなると、『部品を譲ってくれないか』との話が何度も舞い込み、いくつか部品を取り外して譲ったために、展示されている機関車は完璧な形ではないのだそうだ。
でもまあ、私にとっては、なかなか恰好のいい機関車で、どこの部品が抜けているのか?さっぱり分りませんでした。(笑)

近頃流行の『青い池』は、今年もたくさん観光客が来ていました。


IMG_2129.jpgIMG_2131.jpg
                         マルバシモツケ                                                イワタバコ

十勝岳は霧にかすんでいましたが、とにかく登ってみました。
ここには、いつも2つの花が咲いています。


IMG_2133.jpgIMG_2136.jpg
                     望岳台から見た十勝岳                             北の国から「五郎の拾ってきた家」

十勝岳から白銀温泉に回り、今日の汗を流して、富良野の五郎の家へ向かいました。
バスを家のど真ん中に取り込んだ発想の大胆さには、自分で家を建てたことのある私も脱帽です。
まあ、実に色々とガラクタを利用して、うまいこと家を建てていますねえ。
富良野へ来たなら、一見の価値あり…です。

長くなるので、この後はまた次号で。。。。


 

a_01.gif
← 気が向いたらポチッと押してください。

スポンサーサイト
[ 2015/07/27 09:02 ] 北の旅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/344-9a3b80fa