債務整理太陽光発電

ザクロと山ボウシ

2013/05/29(水)


四万十も先日から、早くも梅雨入り宣言がなされ、ここ3日間ほど雨が降り続いています。
私の病気、顔面ヘルペスも、やっとかさぶたも取れ、痛みも小さくなってきました。

それでも、顔面のヒリヒリ感や時々やってくるズキッとした痛みは、まだ続いています。
長い人は完全に痛みが無くなるまでに1年くらいかかるんだそうです。
さらに治りが不十分だと、ず~っと神経痛として残るんだそうです。
あはははは…それだけはご勘弁願いたいものです。



IMG_2044.jpg


さて、今日の庭の花は、オレンジ色に映えるどぎつい奴…ザクロの花です。
この花だけを見つめていると、何ともド派手な花ですが、不思議なもので深緑の洪水の中に、パラパラと見かけると、何となく、それなりに落ち着いた色合いに見えるから不思議です。(笑)

ザクロと言えばやっぱり鬼子母神を思い出します。
Wikiによると、鬼子母神は、500人(一説には千人または1万人)の子の母でありながら、常に他人の子を捕えて食べてしまうため、釈迦は彼女が最も愛していた末子・愛奴児(ピンガーラ、プリンヤンカラ 嬪伽羅、氷羯羅天、畢哩孕迦)を隠して子を失う母親の苦しみを悟らせ、仏教に帰依させた。以後、仏法の護法善神となり、子供と安産の守り神となった。盗難除けの守護とも言われているそうです。

鬼子母神が人間の子を食べるのを止めさせるために、人肉の味がするなどとされる吉祥果(ざくろ)を食するように釈迦が勧めたからと言われるのは後になって付け加えられた俗説であって、正しくないそうなのだ。



IMG_2062.jpg

一方、山ボウシの花は、静かな色ですが、それでも結構目立つ花なのです。
我が家の山ボウシは、ここ2年ほど木の成長に栄養分を取られて、花が咲きません。一定の大きさに木が育つと、また花が咲きだすらしい。

写真の山ボウシは隣の庭に咲いてるものです。
この木は花ミズキの仲間で、秋になると赤い実が実ります。もちろん食べられますよ。





a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2013/05/29 08:37 ] 草花たち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/33-a66f4874