債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東海村の放射能漏れ+琵琶酒作り

2013/05/27(月)


放射能漏れ 6人被ばく の赤旗記事は、またも世間を驚かしています。

事故は23日午前11時55分ごろ発生したそうですが、規制委員会に報告があったのは1日半もたってから…という超スローなお粗末ぶり。なお被ばく者は現在30人に増えています。

そして何よりも怖いのは、今回の事故も『想定外』の事故だった…との報告。ぞっぞぞぞっ 
そしてさらに怖いのは、汚染濃度を下げるために採った措置が、部屋の換気扇を回すこと…信じられない 
放射能汚染の計測器もまともに備えてなくて、どの程度の汚染濃度か確認もしないまま、平気で外部に放射能を放出する…そのお粗末ぶりには、ここが日本の原子力科学の総本山であることが、とても信じられない思いでいっぱいになります。

そう言えば東海村では、1999年9月にも とんでもない信じられないような大事故を起こしています。
…日本の原子力開発史上最悪の恐るべき事故…2人の犠牲者と667人の被ばく者を出しましたが、この時の事故の原因が信じられませんでした。 

なんと、ウランの硝酸溶液をバケツを用いて沈殿槽に移送する…という信じられないような前近代的な安全無視、生命無視、化学無視…なやり方で、臨界事故を引き起こしてしまったのです。日本の科学最先端の仕事が…こんなひどいやり方で進められていたのです。

この時、関係者はある程度法の裁きを受け、一定の反省も示した訳ですが、実際にはほとんどこの教訓は生かされていなかったようですねえ。

あの福井原発の大事故につながりました。

そして先日、日本原子力研究開発機構では、福井県敦賀市の高速増殖原型炉もんじゅで約1万点の点検漏れが発覚し、いくつもの事故もあり、原子力規制委員会が今月、運転準備中止を命令、鈴木篤之理事長が17日に引責辞任したばかり・・・なのに、今回も原子力規制庁への事故報告が放射性物質漏れが発覚してから1日半近く経過するなど、またも機構の安全への姿勢が疑われる事態となってしまいました。

とんでもない話です。みなさんは、これでも日本の原子力行政を信じますか
少し不便なことがあってもいいじゃないですか。もう原発に頼るのはやめましょうよ。
日本から世界から、原爆と原発を無くしましょうよ。


IMG_2088.jpg

IMG_2085.jpg先日、近くの友人から琵琶はいらんか?…との電話がかかってきました。
私は足をけがしていて行けなかったのだが、連れ合いさんが琵琶を採りに行き、一抱えほども持ち帰ってきました。

早速おいしく頂きましたが、食べきらないほどの琵琶をを前に連れ合いさんは突然、『これで琵琶酒を作る』と宣言。

翌日早速、リキュールと氷砂糖を買ってきて、琵琶君を漬け込みました。

作るのは割と簡単。
後はなじむまで数カ月置いておくだけです。

今回は焼酎ではなく、ブランデー系のリキュールにしました。
どんなお味か? 楽しみです。(笑)






a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2013/05/27 15:40 ] 原発・原爆 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/32-5fe50f16