債務整理太陽光発電

北の旅⑭旭岳から十勝岳、富良野へ

2014/08/08(金)

四国地方は、台風の影響で大量の雨が降り注いでいます。どこか砂漠の国の住民に分けてあげたいくらいです。

そして雨の合間に日が照るのはいいのですが、何だかねえ。結構暑いのです。しかも、湿度たっぷりでむしむしとした暑さです。

さらに、これから台風11号がやってくるのだそうな。11号のせいで、孫ちんが四万十へ来るのを躊躇している…なんてこった…文句言いたいが、お天気だけはどうしょうもない。


さて、私のブログは、未だに『北の旅』に引っ掛かっています。
早く話題を切り替えたいところだが、やっぱり中途半端はいけない。少しはしょるとしても、最後まで行くことにします。

IMG_8358.jpgIMG_8377.jpg
↑   左…エゾコザクラ(サクラソウ)                     右…この不思議な花…何だろう?

旭岳の1周コースの最後の所に、可愛いエゾコザクラが群生していました。この花は、ここでは初めて見かけました。

そして、右の花も…やっぱり季節が少しずれると、いつもと違う花に出会えるのですねえ。

IMG_8379.jpgIMG_8398.jpg
↑   左…アオノツガザクラ                 右…最近売り出し中…白金温泉の青い池
 

旭岳は最後まで、頂きを霧に隠して全容を見せてくれませんでしたが、まあ、この花たちにお目にかかれただけで大満足でした。

いつも、すぐ横の道を通りながら寄るのを避けていた『青い池』…まあ、これだけ有名になったら、どんなところか、とりあえず一目見てみようと寄ってみました。

まあ、思っていたよりも、見応えはありましたが、いずれにしても、にわか作りの観光地です。
道路も駐車場も未舗装で、車と観光客だけがひしめいていて、とにかく埃っぽいところではありました。(笑)


IMG_8401.jpgIMG_8403.jpg
↑   左…青い池観光に、この行列…すごいね                    右…富良野…五郎の石の家
IMG_8408.jpgIMG_8419.jpg
↑   左…五郎の石の家…内部                             右…健さんの『ぽっぽや』の舞台…幾寅駅

旭岳からは、美瑛の丘へ出て、いつも寄るレストランで 昼食。
パッチワークの丘を眺めながら、十勝岳の麓…白金温泉へと向かいました。

今回の目的の一つは、最近売り出しの『青い池』…なるほど、なるほど一見の価値ありですね。でも何回も寄る所ではないですね。
まあ、一回だけ立ち寄る観光地としては、良い場所だと思います。

五郎の家も、来るたびに寄ってますから、もうすっかりマンネリなんですが、連れ合いさんが、この石の家を気に入ってしまって、つい毎回寄ることになってしまいます。

さて、この日は十勝岳の吹上温泉で汗を流しましたが、ここで福島から来たおっちゃんと一緒になってしまいました。お互い素っ裸で色々話しましたが、彼の言葉が今も耳に残っています。

・・・『何が悲しくて、この年になって、自分の故郷を追い出されるんだろうね。』・・・保障は次々と打ち切られて、彼は、今住んでいるところも、近いうちに追い出されてしまう…と悲しそうでしたねえ。
どこで暮らすか…決断を迫られている…そう語っていました。

その後、南富良野へ回り、この日は、健さんの『ぽっぽや』の舞台…幾寅駅の真ん前で夕食を食べ、近くの道の駅で車中泊。走行296㌔。

北の旅も一気に終盤へ…次回で終わります。



a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください。

スポンサーサイト
[ 2014/08/08 07:00 ] 北の旅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/220-cbf4f612