債務整理太陽光発電

北の旅⑫士別から比布、上川経由で層雲峡へ

2014/08/04(月)

四国地方は台風12号の影響で、各地で『水の被害』が出ています。まあ、幸い我が家はかなり水には強い条件の場所ですから、いくら雨が降っても大丈夫だろう…と思うのだが、難儀なことに引き続き猛烈な台風11号が接近中なのである。・・・これは困った。各地の被害が大きくならなければ…との心配と、もう一つは、可愛い孫ちんたちの里帰りに影響が出そうなのである。

孫ちん一筋…の私としましては、お盆前の天候が一番気にかかる所ではあります。


さて、さて・・・
北の旅も11日目に入る。前号のサロベツ原野も曇り空で、楽しみにしていた利尻富士の姿は、霧のかなた…影も形も見えませんでした。

この日から北の旅、最後の道央に入るのだが、相変わらず曇り模様…どうもねえ、山の上の天気が心配だ。

士別、比布、上川経由で層雲峡へ出たが、予想通り天気がもう一つでした。
ゴンドラで黒岳へ登る予定だったが、どうせ山の上は霧の中…時間はたっぷりあったので、先に、不動の滝、銀河の滝を見に行った。写真はあるのだが、滝の写真は縦長になる。そして、FC2は、今回も縦のものは横にしかならないのである。

腹が立つが、まあ無料ブログなので、あまり文句を言えないか?
まあ、そういうことで滝の写真は省略します。

滝を見ていたら、三国峠の樹海を見たくなったので、今度は三国峠へ走った。ところが、ここもやっぱり霧の中…とほほ…仕方がないのでまた層雲峡へ戻ッたが…な、なんと、今度はガソリンが残り少ない。また、反対側の上川町まで戻り、ガソリン満タンにして、ついでにお腹の方も補充しておくことにしました。

旅行中は、昼間お腹が膨れると、車の運転で眠たくなってしまうので、余り腹に持たれないもの…ということで、どうしても蕎麦を食べることが多くなってしまうのであるが、今回の北の旅でも、5回ほどそばを食べたかな?

不思議なことに、蕎麦を食べるとコーヒーが無料でお代わりできるのである。
そうか、北海道のお蕎麦屋さんは、コーヒーの無料サービスを始めたのか!…と思ったのだが、少し違ったようだ。普通の食堂に入った時もコーヒーのサービスがあった。(笑)

とにかく、そんなことで食事の後、またも層雲峡へ戻り黒岳へ登った。

IMG_8233.jpgIMG_8173.jpg
↑   黒岳のゴンドラから下界を望む         右…ウコンウツギ

下界は、写真のように、そこそこ視界は良いのだが、上に行くほどに視界は閉ざされてくる。それでもまあ、花の写真を撮るくらいなら、別に差し支えはないようだ。

IMG_8198.jpgIMG_8222.jpg
↑   左…エゾシマリス       右…白いグンナイフウロ

ゴンドラを降りると、今度はリフトに乗って、さらに上を目指す。
しかし、ここでも中国人観光客が多い…中国から来てくれるのはありがたいことかもしれないが、どうにもあちらこちらで、よくぶつかる。
それに中国人観光客は傍若無人で愛想が悪くて、マナーが悪い人たちが多い。他の外国人観光客と比べて、そんな感じがします。

IMG_8226iwahige.jpgIMG_8260.jpg
↑   左…アカモノ             右…大雪高原から見た忠別岳?

黒岳のリフトから先は、いつも雪の中で、斜面も急なので、過去一度も登ったことが無い。今回は登れるか…と思ったが、結構岩がゴロゴロしていて、やはり坂がきつい。連れ合いさんは、昔は、今で言う山ガール…だったようだが、今では足の関節を痛めていて、ちょっと無理かな?…と判断。その上にあると言う花畑を訪ねるのは断念しました。


IMG_8261.jpgIMG_8251.jpg
↑  左…この日泊まった大雪高原山荘              右…ここにしか咲かない…大雪オトギリソウ

ここの山荘へ着くには未舗装路を30分ほど走らねばならない。初めて訪れる人は『道を間違えたかな?』と、おそらく少し心細くなるような道を走ることになる。

完全な『山の中の一軒宿』であり、冬季は閉鎖される。
この宿が、私の一番のお気に入りの宿なのです。
景色か良い、温泉がいい、料理がいい…毎回必ず訪れる宿です。

まあ、山好きな方には、山登りの拠点にもなる宿ですが、それだけは私には縁がありません。(笑)

IMG_8266.jpgIMG_8272.jpg
↑  左…旭岳のゴンドラ         右…代表的な高山植物…チングルマ

いよいよ、この旅の最大の目的地…カムイ・ミンタラ(神々の遊ぶ庭)の代表…旭岳に登る訳ですが、宿泊した山荘から旭岳まで、直線にして2、30キロしかないのではないのかな?
それなのに、グルーリとほぼ1周しないと目的地に行けないようになっています。

およそ120キロほど走って旭岳に到着です。
ゴンドラ乗り場は幸い霧はありません。しかし、頂上には雲が見えます。

IMG_8276.jpgIMG_8278.jpg
↑  左…キバナシャクナゲ         右…コエゾツガザクラ

ゴンドラを降りると、まずはいい天気でしたが、雲ひとつない…とはいきませんでした。
旭岳の頂は雲に隠れて見えません。

しかし、旭岳の花たちは、水芭蕉など一部の花たちは姿を見せませんでしたが、まだ多くの花たちが残っていました。一つ一つ、花の名前を確かめながら、コースを巡りました。

続きは、また次号で。





a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/08/04 07:00 ] 北の旅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/216-9d96cfb1