債務整理太陽光発電

北の旅⑤オロフレ峠から白老、襟裳から釧路湿原へ

2014/07/23(水)

久しぶりに魚釣りに出かけてきました。
大阪から近くに越してきたSさんと、『釣りに行こう』と約束していたのを思い出し、急きょ出かけてきました。

この日はどういう訳か、いつもの釣り場がふさがっていて、第2候補地に移動しましたが、そこもダメで、結局釣り場を4つも移動する羽目になってしまいました。

まあ、釣果は写真の通りでしたがSさんは大喜びでした。
 IMG_8554.jpg

写真では、よく分らないかもしれませんが、赤い小さな魚が約60尾の他に豆アジ君が30尾ほどいます。この小魚君たちの唐揚げが絶品で、その夜のビールは、とてもおいしく、お魚君たちは、きれいに食べられてしまいました。(笑)


IMG_7307.jpg IMG_7318.jpg
↑  左…キンバイソウに似た花だが?      右…タカネグンバイフウロ

さて、こちらは北の旅・・・洞爺湖から登別温泉へ抜けるとオロフレ峠を通る。
この峠、過去何度も通っているのだが、オロフレ山の花畑には行ったことがない。6月はいつも封鎖されていることが多いからだろうと思う。

そのお花畑…意外と景色は良かったのだが、花は少なかった。
他で撮った花とダブるので、ここでは省略します。

IMG_7326.jpg IMG_7343.jpg
↑  左…白老のポロトコタン…中国人が多かった       右…コタンでの民族踊りの様子

ポロトコタン…大きな湖のある村…という意味だが、この辺り、北海道でも有数のアイヌ人の多い集落である。どういう訳か、毎回ここに寄っていく。
今回は、夕方だったのでゆっくりできなかったが、孫の土産に、ここでフクロウの木彫りとムックリ(竹の一弦琴)を購入した。

後日、大阪の孫ちんたちの前で、ムックリの演奏を披露した。孫たちは静かに夢中で興味たっぷりに演奏を聴き、何度もアンコールをせがみ、自分たちでもブンブンやっていたが、なかなか音が出ないのであきらめて投げ出していました。(笑)

この日は、襟裳の近く白石の道の駅で夕食を摂り、温泉に入って車中泊の予定だったのだが、すっかり遅くなってしまい、日高のレ・コードの湯で食事と温泉を済ませた。
その後、白石で予定通り、車中泊。

IMG_7356.jpg IMG_7361.jpg
↑  左…霧の襟裳岬灯台       右…大樹町のナウマン象記念館で

この日の朝食を襟裳岬の食堂で食べた。大漁ラーメン…だった。色々な海の幸が入っていて、まあ、結構おいしかった。

せっかくの岬は霧で見通しが悪く、写真もあまり撮らなかったが、白石で一緒になった名古屋の兄ちゃんや、大阪から小さなバイクでやってきた同年代のおっちゃん、それから、滋賀からやってきたハーレーのお兄ちゃんたちと景色を見る代わりに色々と話ができました。
また、どこかで会おうぜ…と別れたが、それっきり逢えなかったなあ。

この日は時間がたっぷりとあったので、いつもは素通りする『ナウマン象記念館』に寄ってみました。
ここ忠類で発掘されたナウマンゾウ君、普通の象よりもでっかかったし、迫力ありました。
象や他の化石も展示されているので、もし近くを通るのなら一見の価値あり…です。

IMG_7369.jpg IMG_7376.jpg
↑  左…花畑牧場              右…十勝発祥の地の記念碑

ここも連れ合いさん要望で寄りました。一時テレビで有名になった田中義剛が牧場長をつとめる北海道・十勝にある「花畑牧場」です。特に何にもない、生キャラメルを使った御菓子類の販売所でした。
連れ合いさんは、ここで知人へのお土産を大量に仕入れていました。

牧場を後に、またも海沿いに出ました。以前から気にかかっていた『十勝発祥の地の記念碑』…って何なのか?知りたいと思い寄ってみました。

江戸時代、初めて和人がここの大津漁港に拠点を置き、一帯の調査、開発に関わった場所として、この記念碑が建てられたようです。意味が分り、なんだかほっとしています。(笑)

さて、十勝からは一路釧路湿原を目指しました。結構走り379㌔。
この日は、湿原の花は見ずに、湿原温泉に入り、道の駅・阿寒丹頂の里で車中泊としました。

 IMG_7411.jpg IMG_7387.jpg
↑  左…釧路湿原は、今日も霧の中        右…湿原の花・ヒメカイウ

道東に入ってからずっと霧ばかりです。釧路湿原の花は、時期的に端境期のようです。
いつも見られるハナタネツケバナやミツガシワ、エンコウソウ、水芭蕉などの花たちの影も見えませんでした。

IMG_7392.jpg  IMG_7382.jpg
↑  左…ヤナギトラノオ         右…湿原周辺の道路に咲いているスカシユリ

ヤナギトラノオは地味な花です。でも湿原で見かけたのは、この花とヒメカイウとタヌキモの3種類しか見れませんでした。過去最少でしたねえ。

スカシユリは、貴重な花のように見えますが、なんだかねえ、この辺では道端に咲いている雑草のようです。

 IMG_7419.jpg IMG_7456.jpg
↑  左…タヌキモ         右…細岡展望台から見た釧路湿原

タヌキモは、今回初めて撮影した花ですが、ちょっと萎れていました。他にもっときれいなタヌキモ君を見つけたのだが、生憎とカメラの電池切れで撮影はここでストップ。

湿原のビジターセンターで電源を借りて1時間ほど充電し、撮影を再開です。
湿原の中を車で走り回り、細岡展望台にも初めて登ってみましたが、何しろこの天気…展望は最悪でした。

この日は、この後阿寒湖へ向かい、雌阿寒温泉で一泊、温泉で汗を流しました。
続きはまた後日。。。。。。



a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください。

スポンサーサイト
[ 2014/07/23 08:27 ] 北の旅 | TB(0) | CM(2)

 私も釧路湿原には2回ほど行ったことがあります。一回目はまだ20代の頃、個人旅行でしたが、夏なのに寒くてあまり歩き回ることもありませんでした。
 2回目は団体旅行で、時間不足です。

 やはり電池切れ、ありましたか?私も九州でバッテリー切れで悔しい思いをしました。
[ 2014/07/24 08:55 ] [ 編集 ]

Re: くうみんさん

釧路湿原はなんといっても、日本最大の湿原です。
花の種類や貴重な資源なら、他の湿原に劣るように思います。しかし、私の北の旅には、毎回どうしても外せない場所になっています。

何にもない湿原を、ただ走り回る…それもまた、楽しからずや。(笑)
[ 2014/07/24 19:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/209-ee1f1dee