債務整理太陽光発電

惨酷道439号線完走③ 東祖谷・案山子の里

2014/05/23(金)

昨日引用しました 福井地裁の判決…読めば読むほど、素晴らしい判決ですねえ。
判決文全文 をリンクしておきますので、原発に興味のある方は、ぜひご一読ください。以下に一部ダイジェストを引用します。

・・・ 樋口裁判長は、人の生命を基礎とする人格権をもっとも重視し、「これを超える価値を他に見いだすことはできない」と強調。そのうえで、住民らの人格権と電力の安定供給やコストの問題をてんびんにかけた関電側の議論を厳しく退け、「国富の喪失」とは運転停止による貿易赤字ではなく、「豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していること」を失うことだと強調しました。

 また、原子力発電技術がもたらす危険性と被害の大きさは福島事故で自明とし、同事故を受け、同様の事故の具体的危険性が万が一にもあるかの判断を避けることは、「裁判所に課された最も重要な責務を放棄するに等しい」としました。

 判決では、地下深くで起こる地震現象について、「仮説や推測に依拠せざるを得ない」「正確な(地震の)記録は近時のものに限られる」などと指摘。この10年足らずにも原発が想定を超える地震動に襲われた事例が5ケースある事実を重視し、「自然の前における人間の能力の限界を示すもの」として、大飯原発の想定も不十分としました。また、冷却機能喪失の危険性、使用済み核燃料プールの脆弱(ぜいじゃく)性などを指摘。大飯原発から250キロ圏内の住民は、運転によって人格権が侵害される具体的な危険があると述べています。・・・


まあねえ、前置きが長くなりましたが、ここからが本文です。
ヨサク走破の旅の途中に、近所のグループで寄りたいところがあったので、ちょっと下見をしてきました。

それが、最近有名になっている 東祖谷・案山子の里 です。
京柱峠を越えて、狭い峠道、山道を30数キロほど走ると、剣山に繋がる最後の集落に『案山子の里』はありました。

IMG_6331.jpg


惨酷道・ヨサクの道沿いに、『案山子の里』のバス停がありました。
バス停には大勢の案山子の住民が、のんびりとバスを待っています。(笑)

IMG_6312.jpg


畑の中、道沿い、林の中…色んな所に案山子さんが、思い思いの姿で、来る人を迎えてくれます。
上の写真は、案山子を作っている綾野月美さん家の前です。
どれが案山子で、どれが生きた人間か区別がつきますか?(笑)

この中でオレンジ色の帽子をかぶった人が綾野さんです。
お客さんも少なかったので、色々と綾野さんと話をさせていただきました。

なんとねえ。綾野さんも長いこと大阪で生活していたそうで、子どもたちは今でも大阪で暮らしているそうです。私たちの大阪弁が懐かしいと、コーヒーを淹れてくれて、ひと時、お互いの話に花が咲きました。

IMG_6329.jpg


ゆったりと温泉に入る人形たち…これも綾野さんが焼いたものです。他にも焼き物が置いてあり、一応販売しているそうです。(笑)

しかし、この案山子の里…名頃地区の住民は全部で30数人…問題は子どもの姿が見られないこと…昨日紹介した大豊町と同じく、ここも限界集落でした。
今では、害獣よけに作り始めた案山子たちの方が圧倒的に多いそうです。

IMG_6321.jpg


綾野さんは、未だ四万十川を見たことが無いそうで、機会があれば一度、四万十川と手作りの私たちの家を見に行きたい…とのことでした。

この花は熊谷草。

クマガイソウは、北海道南部から九州にかけて分布するラン科アツモリソウ属に属する植物である。栽培のための乱獲によって自生を見ることは今やまれである。クマガイソウは無菌播種による増殖技術が確立されておらず、アツモリソウのように実生増殖した苗を大量供給することはできない。にもかかわらず、悪質なマニアや業者に乱獲、盗掘され続けている。このままなら絶滅するといっても過言ではない。・・・ウィキ

この花が綾野さんの庭で咲いていました。私も北海道でアツモリソウは見たことがありますが、この花は初めてお目にかかりました。
綾野さんの話では、この先10キロほどの奥祖谷かずら橋近くに、自生地があるとのことでしたが、私はもう写真が撮れたので満足、先を急ぐこともあり、自生地はパスいたしました。

まあ、以上で今回のヨサクの旅…終わりといたします。



a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/05/23 07:00 ] 四国の旅 | TB(0) | CM(2)

 日本の事故で多くの国が脱原発に向かっているのに、日本はおかしいと思っていましたが、良かったです。

 原発は必要と言う意見はありますが、後始末のめども立たないものを使うのは絶対に使うべきではないと思います。
[ 2014/05/23 09:59 ] [ 編集 ]

Re: くうみんさん

主客転倒…という言葉がありますが、原発推進派の主張は、まずほとんどがこれですねえ。
道理的にも、法律的にも、国民の生命を基礎とする人格権は、すべてに優先するものであります。

いくら経済だ。電力大事だ。と言っても、どだい、国民の人格権と同列に、あるいはそれ以上の立場に立とうなんて、本来『へそが茶を沸かす』ような主張だったのです。

そのことを、判決は明快にえぐり出してくれました。感服です。
[ 2014/05/23 20:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/194-1b85e14f