債務整理太陽光発電

惨酷道439号線完走②天空農園で一泊

2014/05/22(木)

昨日のニュース、久しぶりにほっとする記事を見つけた。

大飯原発の運転差し止め命じる 福井地裁が判決

 安全性が保証されないまま関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)を再稼働させたとして、福井県などの住民189人が関電に運転差し止めを求めた訴訟の判決言い渡しが21日、福井地裁であり、樋口英明裁判長は関電側に運転差し止めを命じた。(福井新聞)







まあ、この記事についても色々と言いたいことはあるが、今回は省略して、昨日の続き…惨酷道439号線完走②天空農園で一泊…について触れておきます。

IMG_6220.jpg


写真は四国で一番有名な『さめうらダム』です。渇水の度にニュースになるので、他府県でも結構有名なのではないかと思います。
私も過去には一度、この近くを通ったことはありますが、ダム湖を訪ねたのは、今回が初めてです。
以前、このダムに米軍機が墜落したこともあって、私も、ぜび一度は、ここを訪れたいと思っていたところである。

結構大きなダム湖ではありますが、これが四国の命の水…なんだと思えば、やはり少し小さいかな?…と思います。ちなみに地元の高知県には、わずか4%の配水率で、ほとんどが他の3県へ配水されるという、不思議なダムでもあります。(笑)

このダム、すぐ下には土佐町、本山町の街並みがあります。
ダム崩壊等、有事の際には、近辺の町…ちょっと怖いだろうな、と思いますねえ。


IMG_6247.jpg

さて、ここは1日目の宿泊地…天空農園(私が勝手にそう呼んでいるだけ)に16時11分に到着しました。
日本有数の限界集落として有名な大豊町の山の中…標高600mの、しかも崖の上…写真の家に今回は泊まりました。 この辺では、空き家が多くなり管理が大変だと友人はぼやいていましたが、私たちが泊まった家は、持ち主が帰ってこない、その一軒だそうです。

こうした家は、希望者を宿泊させ、移住者を募るため使っていると友人は話していました。

まあ、見晴らしは抜群ですよ。重なるお山は七重八重…とまではいかないけれど、5つほどの山の重なりが見えるとこです。


IMG_6261.jpg


この地域、山のあちらこちらで湧水があり、パイプで水を引いているので、結構豊富に水が使えます。まあ、豊富というより、なにしろ垂れ流しですからねえ。(笑)

その一部を道沿いに流して、ワサビを植えたところ、結構広がったとのことで、ちょっと痩せてはいましたが、天然のワサビ…葉っぱだけでしたが摘んで持ち帰ってきました。
葉と茎を湯がいて、甘辛く煮詰めました。

味はちょっと苦みがありましたが、ピリッとしたワサビの味も出ていて、早速ご飯のおかずにして食べました。

IMG_6275.jpg


この古い民家は、元々友人のお爺ちゃんが住んでいた家で、この下に友人の住む家があり、私たちが泊まった家は、この家から150mほど離れた知人の家だそうです。

さて、この古い家の庭先は台を置いて、その上には全面に透明のビニールシートがかけられています。お茶やワラビなどを湯がいたり、炒ったり、揉んだり干したりするためのものだそうです。

この日は写真突き当りに据えられた大きな釜で、茶葉を炒って、台の上で揉んで、茶葉の発酵を促進させ、そのまま天日に干す作業を見物いたしました。


IMG_6267.jpg


こちらが、乾燥した茶葉…ご飯の度に、手作りのお茶を飲みましたが、まあまあ美味しい豊かなお味がいたしましたでございますよ。(笑)

友人も、大阪から帰ってきて、何年になるのかな?  もう、7,8年になるのかな?
色々と農業にも慣れて、地域の方たちのお役に立っているようでした。

何しろこの辺では70歳でも若手…と言われる土地柄ですから。(笑)



a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/05/22 07:00 ] 四国の旅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/193-8f81e727