債務整理太陽光発電

初夏の四万十川

2014/05/16(金)

私の住む、ここ南国四万十市も、最近雨が多く、もう梅雨入りなの?…といった感じですが、先週の週末、まだ一度も完全走破したことのない、高知でも最悪の国道≒惨酷道=439号線(通称  ヨサク)を走ろうと計画していたのだが、理由は省略するが、我が愛車(軽トラのジャンボ君)が、急きょ、6カ月点検に入ってしまい、時間的に無理となり、時間が空いてしまったので、予定変更で、初夏の四万十川沿いのドライブに出かけてみました。


IMG_6114.jpg


この日は、実にいい天気!
空は晴れ渡り、空気は澄み、ウグイスののどかな鳴き声が聞こえる四万十川沿いの道は、まだ狭い個所が多いけど、実にさわやかなドライブ道でした。

四万十川の良さは、緩やかな川の流れとカーブの多さ、そして、できるだけコンクリートを見せない、昔ながらの自然な感じの景観がいいですねえ。


IMG_6132.jpg


中流域にある田舎食堂…最近、観光客も増えつつある『しゃえんじり』で、近所のおばちゃんたちが作る手料理のバイキングを昼食に食べ、沈下橋をいくつか渡り、川の両側を往復しながら、景色を楽しみつつ家路につきました。

ここは、今回新しく発見したポイントです。
丘の上の小さな静かな、全く目立たない公園からの景観です。(笑)


IMG_6140.jpg


写真の橋は、川登大橋…かなり高い橋ですが、豪雨の時は、この橋の橋脚が隠れることもあるそうです。そうなると、もう辺りは大変…集落は水浸しとなります。

昔ほどではなくなったそうですが、四万十川は今も、見た目と違い、暴れ川の異名は撤回されていないようです。





a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/05/16 07:00 ] 四万十周辺 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/190-6afebcb0