債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイコンソウとマツヨイグサ

2014/05/06(火)

バタバタと大忙しだった我が家のGWが終わってしまいました。
大忙しの犯人…可愛い孫ちんは、疲れとたくさんの楽しい思い出を残して、昨日の夜、大阪へと帰って行きました。

しかし、なんですねえ。世の中の人はうまいこと言いますなあ。
『孫は来てよし!  帰ってよし!』・・・なんてね。(笑)

いや~  昨日の朝まで、『お爺ちゃん!』の孫の声で眼ざめた、あの幸せの気分は、今日からもう味わえません。

                       孫去りて    この静けさを   なんとせむ               simanto114



IMG_5811.jpg
ダイコンソウ 


ダイコンソウ属
は、バラ科バラ亜科に属す植物の属で、温帯と冷帯を中心とした世界の広い範囲に分布しており、約50種が知られている。日本にも山野などにダイコンソウなどが自生している。すべて耐寒性の多年草で、ロゼット(根生葉)が大根に似ているためにこの名があるが、アブラナ科のダイコンとは科も違い、また、太い根もない。

ダイコンソウは、中国と日本で貧血やむくみに使う薬草として知られ、また生の葉は打ち身の時の外用薬として使われた。中国名は水楊梅(すいようばい)だが、楊梅(ヤマモモ)とも全く関係がない。・・・ウィキより

色々と種類はあるようだが、私は、この赤いダイコンソウが大好きです。
今庭の花壇で5輪ほど花が開いています。

花言葉は  《前途洋々》  そのほかに《将来有望、満ちた希望》
いや~  意外と幸せを呼ぶ花なんですねえ。(笑)



IMG_5946.jpg
                                                         マツヨイグサ


マツヨイグサ(待宵草)は、アカバナ科マツヨイグサ属の一年生または多年生草本植物。

マツヨイグサ属には黄色以外の白、紫、ピンク、赤といった花を咲かせる種もある。標準和名では、黄花を咲かせる系統は「マツヨイグサ」(待宵草)、白花を咲かせる系統は「ツキミソウ」(月見草)と呼び、赤花を咲かせる系統は「ユウゲショウ」(夕化粧)などと呼んで区別しているが、一般にはあまり浸透しておらず、黄花系統種もよくツキミソウと呼ばれる。しかし黄花以外の系統がマツヨイグサの名で呼ばれることはまずない。・・・ウィキより

『富士には月見草がよく似合う』・・・太宰治の「富嶽百景」にある一節であるが、上の説明を読んだ後では、また、感想が変わってくるだろうと思いますねえ。

一方こんな歌もあります。
『待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も出ぬさうな』・・・これは竹久夢二の詩歌の一節だが、私は、竹久夢二がマツヨイグサを間違えて、宵待ち草と表現したのかな? と思っていたのだが、ある解説によると、原詩には『マツヨイグサ』とあり、ある時期から夢二自身が音感の美しさにこだわってこう替えたとされるそうです。

まあ、いずれにしても、この時期毎朝、近くの原っぱで美しい花を開かせています。
花言葉は  「ほのかな恋,移り気」  だそうです。




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。

スポンサーサイト
[ 2014/05/06 11:07 ] 草花たち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/185-b78c6b06