債務整理太陽光発電

やってきた孫ちん+山シャクヤクが咲きました

2014/05/04(日)

GW真っ最中…我が家にも昨日の朝早く、午前3時に大阪の孫ちんがやってきた。
車の中で眠っていたらしく、私が抱きあげても、半分夢の中。ぼう~ッとしていました。

娘夫婦は、しばらくして一眠りに入り、私たちも眠りましたが、早速夜明けとともに孫ちんが起こしにやってきました。孫ちんは約束をしっかりと覚えていたようで、爺ちゃんの家でサクランボを採るのが楽しみで、毎日日数かぞえていたようです。

朝一番のサクランボ狩りに、孫ちんは歓声をあげて突進!
小さな籠に入れる前に、次々と口に入れていきます。種をどうするのか? 心配していましたが、どうやら杞憂に終わりました。上手に種を吐き出していました。(笑)


IMG_6015.jpg  


とにかく最初の日は、朝、昼、晩とサクランボを収穫しては、『美味しいね! 美味しいね!』と連発…パクパクと口の休まる間もないくらい、夢中でサクランボを食べていました。

その様子を眺めながら、ジイジとバアバは大満足でした。

ところが2日目に入ると、さすがに飽いてきたのか、少し食べては、『もういい』と、あまり食べなくなってしまいました。こりゃ~、最初に余り沢山食べさせ過ぎたか…と反省しきりです。(笑)

今、孫ちんは近くのトンボ公園に、トンボと菖蒲の花を見に出かけています。
私は、孫ちんのいない間に、ブログの更新と昼寝に勤しむことにいたしました。

いや~、孫というものは、来れば本当に嬉しいものだが、その代わり大変!
1日相手をしてると、もう体力が続きません。


IMG_5987.jpg


そうしたGWのちょっと前に、待望の山シャクヤクの花が咲きました。

この花、5年ほど前に友人からもらった種から芽を出したものですが、毎年芽は出すものの、なかなか花芽がつきませんでした。
それが、今年初めて花芽がつき、現在2輪、優美なその姿を見せています。

ヤマシャクヤク(山芍薬)は、ボタン科ボタン属の多年草。
この花はピンク色なので、紅花山芍薬という名前であるらしい。

花言葉は 「恥じらい」「はにかみ」  だが、「威厳」「荘厳」  というのもあるらしい。





a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/05/04 14:07 ] 小さな家族 | TB(0) | CM(2)

 孫ちんかわいい!飽きるほどさくらんぼを食べられるなんて、他の子に言ったらいけないよ!

 山芍薬って、普通の芍薬と違うのですか?原種なのかしら。
[ 2014/05/05 21:06 ] [ 編集 ]

Re: くうみんさん

先ほど、くうみんさんのコメントが入った頃に、孫ちんは大阪へ帰って行きました。
連れ合いさんは、その後しばらくは、ぐすんぐすんと涙ぐんでいましたねえ。
また来年もサクランボを食べにくるそうです。(笑)

山シャクヤクは、そうですね原種になりますね。簡単に言うと一重の花です。
普通のシャクヤクは、八重の花になります。八重の分、見た目は豪華ですが、少しくどい感じです。
その点、普通のシャクヤクに慣れた者から見れば、山シャクヤクは可憐、優美、清楚…そんな感じがしますねえ。
[ 2014/05/05 22:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/184-e1fb48ac