債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オオヤマレンゲとヤマボウシ

2014/05/ 01

いよいよ今日から5月ですねえ。
ついこの間、新年のあいさつを済ませたはずだったのに、もう5月ですか。

まあ、我が家では5月の連休に、可愛い孫ちんがやってくるので、それはそれで楽しみなんだが、何だかねえ、月日の速さ…複雑な心境です。

そりはそうと、昨日のニュースに、こんな記事がありました。

マーシャル諸島の核保有国提訴      国連本部で支援会合

米国が核実験を行ってきた南太平洋マーシャル諸島の政府が核保有国9カ国を相手取って起こした裁判への支援を呼び掛ける会合が28日、ニューヨークの国連本部で開かれました。マーシャル諸島のデブルム外相も出席し、参加者に訴訟の背景や意義を訴えました。・・・中略

 デブルム外相は「核実験の被害に苦しんできたマーシャル諸島の国民ができるのは、核兵器をすべてなくさない限り平和は実現しないということを世界に理解させることだ」と強調。訴訟は世界の平和、公正、繁栄にとって重要だと力を込めました。









マーシャル諸島の政府、偉いですねえ!
それと比べ、世界で初めて2連続で原爆を落とされ、その数年後には、ビキニ環礁での被曝にさらされるなど、何度も、この悪魔の兵器の無惨さを経験してきたこの国の政府は、『核の傘必要』なんて、言ってます。なんとも情けない話です。

その上、3年前には、原子炉を爆発させながら、住民の住めない町、帰れない町を放置しながら、原発は安全です・・・なんて、今更ながらのたまう政府・・・マーシャル諸島の政府との違いはなんなんでしょうねえ。


例によって話は一転。
我が家の花の話です。


 
IMG_5884.jpg


オオヤマレンゲ(大山蓮華)はモクレン科モクレン属の落葉広葉樹の低木。

5年ほど前に、下の写真のヤマボウシと共に、九州で買ってきたものですが、毎年きれいな花を咲かせています。
花はタイサンボクなどとよく似ていますが、それよりもうんと小さくて可愛い花です。
山野草愛好家垂涎の木でもあります。(笑)

ただ植えてから5年ほど経ちますが、全然大きくなりません。それが少し気になるところです。


IMG_5907.jpg


そしてこちらは、上のオオヤマレンゲと一緒に買ってきたヤマボウシです。
ヤマボウシは(山法師、山帽子)はミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。

こちらは、毎年ぐんぐんと目に見えて大きくなっています。当初はオオヤマレンゲの半分ほどしかなかったのに、今ではもう、その倍ほど(2m以上)になりました。

この3年ほど、木の成長に栄養分を取られて、全く花が咲かなかったのですが、今年久しぶりに写真のような花芽がいくつか見られました。
来年あたりから、ちゃんと白い花が見られるものと思われます。




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/05/01 07:00 ] 草花たち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/182-2a0c8d52