債務整理太陽光発電

チョウジソウとフタリシズカ

2014/04/30(水)

我が家の『サクランボ園』…もう最盛期を迎えてしまいました。
なんとかねえ…孫ちんのやってくる5月の連休までもたせたいと、頑張っているのだが、一部収穫して、チルドで保存するしかないかな?
まあ、少しくらいは真っ赤に熟れたサクランボ…直接木から採らせてあげたいものです。

サクランボとは別に、山野草採りも毎日続いています。
まだツワブキも採れていますし、ワラビは1日おきに収穫できます。
最近はタケノコ泥棒さんも来なくなりましたが、どんどん伸びてくるタケノコの始末はまだまだ続きます。

伸びたタケノコは、蹴倒して先っぽの部分50㎝ほどを切り取って、湯がいてアクをとり、冷凍保存しておき、必要な時に解凍して食べます。



IMG_5860.jpg


さて、鉢植えの チョウジソウ (丁字草)は、もう盛りを過ぎようとしています。
リンドウ目キョウチクトウ科に分類される多年生草本植物ですが、日本種は今や絶滅寸前らしいです。

花言葉は…上品な優雅さ・威厳…だそうです。


IMG_5888.jpg


フタリシズカ(二人静)は、センリョウ科の多年草。

この花は、剣山のスーパー林道を走った時に見つけ、採取してきたものです。
この時一緒に採取してきた、テンナンショウは、今年はとうとう芽を出しませんでした。

花言葉は   いつまでも一緒に。
私の誕生花に当たるようです。(笑)




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/04/30 07:00 ] 草花たち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/181-a13a05b9