債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スカイプとスズランとスイートピー

2014/04/25(金)

昨日はまた、孫ちんとスカイプでお話をした。
2歳と3カ月になる孫ちんは、最近いろんなことが理解できだしたようで、話が色々と飛んで面白い。

昨日は『ブンブンが聞きたい』との要望に応えて、北海道土産のムックリを鳴らした。
孫ちんは2人とも、どういう訳か、このムックリの音が大好きである。
ブンブンという音に合わせて、孫ちんも、指を口に持ってきて、ふっふっと息を吐く姿が面白くて、ついムックリの音が止まってしまう。

我が家の庭のサクランボも熟れてきた。もう食べごろだが、なんとか孫ちんがやってくるGWまで持たせたいものである。
『ジイジの家に来たら、ムックリとサクランボをあげるよ』と言うと、孫ちん…『ジイジのお家行く』とのこと。

今度のGW…大きな楽しみができました。(笑)


IMG_5816.jpg
 


さて、庭ではスズランの花が随分と咲きだしました。
このスズラン、大阪の家で鉢植えにしていた時は、一度も花を咲かせませんでしたが、高知に来て庭に地植えにすると、途端に、毎年花が咲くようになりました。

スズラン(鈴蘭)は、スズラン亜科スズラン属に属する多年草の一種。狭義にはその中の一変種Convallaria majalis var. keiskeiを指す。君影草(きみかげそう)、谷間の姫百合(たにまのひめゆり)の別名もある。

花言葉は
「幸福が帰る」「幸福の再来」「意識しない美しさ」「純粋」

まるで、今度やってくる孫ちんを歓迎するような、そんな花言葉ではありませんか。(笑)

IMG_5818.jpg


そしてこちらは『赤いスイートピー』が、今3輪花が開いています。

スイートピーは、マメ科レンリソウ属の植物。和名では、ジャコウエンドウ(麝香豌豆)やカオリエンドウ(香豌豆)、ジャコウレンリソウ(麝香連理草)などと呼ばれている。イタリアのシシリー島原産の一年草で、日本では主に観賞用として栽培される。

花言葉は「門出・思い出・別離」

『赤いスイートピー』と言えば、どうしても32年前にリリースされた、松田聖子の歌を思い出しますが(古いですねえ…)、私は、松田聖子は人間的にあまり好きにはなれません。

花言葉の「門出・思い出・別離」と言えば、私の場合やはり、中学卒業後すぐに、訳も分らないまま、大阪へ向かった就職列車…夜行列車を思い出します。
当時は九州から大阪まで、何時間かかったのでしょうかねえ?
余り覚えていませんが、夕方7時ごろに熊本駅を出たのかな?
そして、広島の厚狭(あさ)駅辺りで、『あさ、あさ~!』というマイクの音に目が覚め、『えっ、もう朝なの?』と窓の外を覗いたことをおぼえています。大阪着は何時頃だったのか?
何しろ、50数年前のことだし、よく覚えていないのである。

それでも、あの集団就職列車に乗ったのが、人生の一大転機であったのは事実だし、その後の私の人生は、すべて、そこから始まったと言っても過言ではないのである。

あははは・・・スイートピーの話がとんでもない脱線になってしまいました。

まあ、『赤いスイートピー』の写真、どうかお楽しみくだされ。(笑)




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/04/25 07:00 ] 草花たち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/178-898fed06