債務整理太陽光発電

山野草のテンプラで宴会

2014/03/31(月)

一昨日、昨日と春の嵐が吹きすさび、各地で事故が起きていますねえ。
また、我が家では、せっかくの桜がほとんど散ってしまいました。

その中で、昨日は初めて地域の花見に参加しました。
残念ながら花は、夜半の嵐で半分が散り、昨日の宴会中にも風が強く、酌み交わすお酒にも花弁が飛びこむなど、まあ、なかなかに風流な場面もありました。


IMG_5576.jpg


さて、こちらは先日、大阪の友人が訪ねてきた時に作った、山野草づくしの料理の一端です。
この日は、野草のお浸しに、土筆の卵とじ、アケビのツルの炒め物、ワラビの煮付け、ノビルの醤油漬け、イタドリの煮付け、ツワブキの佃煮、セリの塩漬け、そして、タラの芽とセリ、ユキノシタとヨモギ、フキノトウの天ぷら…それと友人が持参したカツオのたたき…まさに山野草づくしの料理でかんぱ~い! でした。


IMG_5575.jpg


こちらは、ヨモギの天ぷら…色が鮮やかでしょう。
このヨモギ…食べてみると結構歯触りも良く、味もしっかりしていて、山野草の天ぷらの具としては欠かせない材料なんですよ。

いよいよ明日から消費税増税で、物価が上がり、庶民の懐が一段と軽くなるのでしょうねえ。
まあねえ、我が家も、その対策もあって、今年の3月ほど山野草を食べまくった年は初めてです。
しかし、山野草は新芽の季節が一番です。そろそろ次の材料を探さなくちゃ…と言ったところです。




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/03/31 07:00 ] 山菜採りと味 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/164-fc3650b3