債務整理太陽光発電

ペチコート水仙とオウバイ

2014/03/23(日)

若い人たちは知らないだろうねえ。
蔦監督の下『さわやかイレブン』、『やまびこ打線』の呼び名で一世を風靡した徳島・池田高校。

本当に久々に甲子園に出場した池田が和歌山・海南に逆転サヨナラ勝ちした。
3点を追う8回に集中打で1点差に迫ると、9回は安打と敵失、バント内野安打で無死満塁とし、林が中前2点適時打を放って逆転した。

選抜初出場で準優勝…『さわやかイレブン』…のイメージは実に強烈だった。1974年…私がまだ20代だった頃だ。40年も前になるのか…私が年をとる訳だ。(笑)

あの頃は、私も世間の不合理との戦いの真っ最中だったなあ。
今ではもう帰れない、ほろ苦い青春時代だった。そんな私にとって『さわやかイレブン』…は一服の清涼剤であった。

そして今は、山菜採りと草花たちの写真が私の生きがいみたいになっています。
今日も、そのひとつを紹介しましょう。


IMG_5299.jpg 
ペチコート水仙・・・学名は、ナルキッスス・ブルボコディウム


友人からもらった一株の花…ペチコート水仙…随分株が増えました。今20輪近く咲いています。
黄色の ラッパスイセン、 キバナスイセンに近い仲間だが、ペチコートの名前のようにスカート状の花です。日本では園芸種だが、スイセンの原種の一つで、地中海沿岸に自生しているそうです。

まあ、一目見たら忘れられない爽やかな独特の花です。


IMG_5305.jpg 
オウバイ


こちらはオウバイ・・・モクセイ科ソケイ属の落葉性半つる性低木。ジャスミンの仲間。
中国語での正式名が「迎春花」(インチュンホヮ)で、春先一番に咲く花として知られている。日本へは江戸時代に導入されたそうです。

四万十市内の街角にひっそりと咲いていました。




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/03/23 07:00 ] 草花たち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/156-79c9bfb0