債務整理太陽光発電

伊方原発の目の前で地震+ガガンボ襲来

2014/03/15(土)

いや~、昨日はびっくりしました。
夜中午前2時7分、ぐらぐらぐら…小さく家鳴りがして、家が揺れ出しました。10秒ほどで、すぐ収まり、『何だ、大したことないな』…と思った直後、2回目の揺れが襲ってきました。

『これは、デカイ!』…思わず、南海地震到来か? と身構えましたが、幸いに揺れはすぐに収まりました。

揺れの時間が短いのと、あまり大きな揺れではなかったので、現場は近い…ことと、そんなに大した被害は出ていない…その2点はすぐに確認できました。

夜中でしたが、すぐに起き出しテレビを見ました。震源地は伊予灘…何と、伊方原発の目の前ではありませんか。『やっぱり来たか!』という思いと、M6クラスで良かった…という思い、 そして近在の原発が全て停止していて良かった…そんな思いが、複雑に交差しました。

伊方原発のすぐ近くには、日本最大の中央構造帯が地下を通っています。
四国電力は『絶対大丈夫』…なんて根拠もない豪語を繰り返していますが、人間作ったもの、人間が管理するもの…に『絶対』はありません。まして、『原子力』は、未だ人間が完全なコントロール下に置けず、福島原発事故をはじめとして、各地で危険極まりない事故を繰り返しているのは周知の事実ではありませんか。(怒)

もしも、この地震がもっと大きかったら…そして、噂されている東南海地震と連動したら…そして、中央構造帯が動くような事態になれば大地は引き裂かれます。もちろん原発など一気に引きちぎられてしまうでしょう。大惨事が待っています・・・そんなことを思うと何だか眠れなくなりそうでした。


まあ、そんな中、我が家では夜な夜な『ガガンボの襲来』が続いています。
ガガンボって何?…そう思う人が大半だろうと思います。(笑)
下の写真が捕まえたガガンボの死骸なんですけど…これ、何だと思います?

体長は1㎝ほど、手足は長いですねえ。2,3センチほどありますか。
答えは『蚊の仲間』…いえいえ、そうではありません。ガガンボは蚊にそっくりですが人を刺しません。

ヒントは、弱っちい男…へなへなした男のことを、皆さん、昔は○○○○野郎!…って呼んでいましたよ。(笑)



IMG_4960gaganbo.jpg


答え…もう分りました?
そう、『蚊トンボ』が正解でした。

まあねえ、家の中に入ってきても、別段害になる訳ではありませんが、何だか気持ち悪いですよねえ。最近少しずつ数が減ってきました。もう数日すると消えてくれると思います。
蚊トンボ君…消える時には、この国の最大の害虫…安倍晋三君を一緒に連れて三途の川を渡ってくれねーかな…ホント、私のお願い!


IMG_5053.jpg


気持ち悪いものをお見せしましたので、お口直しに菜の花の写真でもいかがでしょうか。
1週間ほど前に撮った写真ですが、今日はもう刈られていました。田んぼの肥やしになるそうです。




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/03/15 07:00 ] 原発・原爆 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/147-9c0da5bf