債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

須崎市の桑田山温泉と佐川町散策①

2014/03/12(火)

昨日3.11は東日本大震災3周年の日であったが、どういう訳かある団体の行事日となっていて、私は連れ合いさんと一緒に、久しぶりの温泉&街中散策を楽しんできました。

向かった先は、須崎市の中心部から5キロほど山手に入った桑田山(そうだやま)温泉

四万十市を9時に出発。10時半ごろに現地に到着いたしました。
桑田山は地域の人たちがいっぱいに植えた雪割桜で有名になりつつあるところです。


IMG_5138.jpg


早速、入湯料700円を支払い温泉に入ります。
お湯は高知では珍しく、ぬるぬるの硫黄泉でした。

内湯で体を温めてから、露天風呂へと向かいます。
露天ぶろは小さな谷を空中回廊で結び、御覧のような露天風呂に入る訳ですが、ここの温泉、ちょっと低めに温度設定してあるようで、いったん外に出ると外気の冷たいこと…あっという間に体が冷えていきます。

いや~、しかし、なんですなあ。
何が幸せ…って、真昼間から温泉につかって、のびのびと体を伸ばす。思わず上がる『あ~~!』という歎声!

こういう時、人は思わず小さな幸せに浸るもんですなあ。
あ~  極楽  極楽!


IMG_5136.jpg


このおじさん、まどろみ風呂と名付けられたヒノキの風呂で、の~んびりと手足を伸ばしていました。もちろん私も、その横で手足を投げ出しましたけどね。(笑)

お湯がぬるかったので、たっぷりと時間をかけて、温泉を楽しんだ後は、温泉の軽食室で昼ご飯を食べ、その後、雪割桜を観に行きましたが、残念ながら花はもうピークを過ぎていました。

さて、その後は、土佐山内家の筆頭家老、深尾氏が城下町として築きあげ、栄えてきた佐川町散策に出かけました。

話は少し長くなりますので、佐川町の話はまた明日といたします。




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/03/12 07:00 ] 四国の旅 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/144-0bc44b0f