債務整理太陽光発電

ヒイラギナンテンと沈丁花

2014/03/10(月)

 就任早々失言問題などで物議を醸したNHKの籾井勝人会長がNHKの理事10人に日付を空白にした辞表を提出させたことが国会で明らかになった。

相次ぐ異常事態に NHKには、「受信料の口座引き落としを停止するにはどうすればいいか」といった視聴者からの問い合わせが相次いでいるという。このままでは確実に不払い運動に発展すると、局内はパニック状態になっているそうな。


さて、我が家では、次々と不祥事ならぬ、愛すべき春の草花たちが、顔を出し続けています。



IMG_4909hiraginanten.jpg 
 ひいらぎなんてん


名前の通り、葉っぱのトゲトゲが柊に似ているが、同種族ではありません。南天の仲間です。
常緑樹で、初夏には黒青色の果実をつけます。


IMG_4921jin.jpg 
じんちょうげ


今年もまた、真っ白な沈丁花の花が咲きました。香りは「沈香(じんこう)」という香りに似ており、名前の由来ともなっています。この匂いは嫌いではありません。

ただ、この花の対比みたいに、秋に咲く金木犀がありますが、私は、この金木犀の匂いが大嫌い!
金木犀の匂いをかぐと、私の中の『狂』の血が騒ぎ出すのです。
まあねえ、一応私にも『理性』と言うものがありますから、この匂いを嗅いだからと言って、突然人を襲ったりはしませんが、まあどちらかと言うと、そういった凶暴性を引き出させる匂いではあります。

もちろん、この匂いの香水をつけた女性…私にとっては鬼門であります。絶対にお近づきにはなりたくありません。(笑)
とにかく、今は老齢となり、機会も少なくなりましたが、私の大嫌いな匂いは、白粉の匂いと金木犀、そして煙草の匂いでありますよ。(笑)





a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/03/10 07:00 ] 草花たち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/142-a52c01be