債務整理太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

眼窩マルトリンパ腫⑩ 後遺症+シャコバサボテン

2014/03/01(土)

今日から、もう3月ですねえ。まさに光陰はミサイルのごとし?…です。
今、咲いている花の一つ、もうピークは過ぎつつありますが、ピンクの花が可愛いシャコバサボテンを紹介します。

シャコバサボテンとは、サボテン科スクルンベルゲラ属に属するサボテンの園芸種である。ブラジルリオデジャネイロ州の高山を原産とするサボテンが改良されたものである。 冬場に開花することから「クリスマスカクタス」とも称される。・・・
ウィキペディア

この花は、我が家の数ある花の中でも最古参の花です。
およそ四半世紀、私たちの目を楽しませ続けてきた。まあ、おなじみの花である。
大阪から、ここ四万十の地に移り住んでも、変わらず毎年花を咲かせてくれます。


IMG_4826.jpg


ところで、話は変わりますが、昨年腫瘍の摘出手術&放射線治療で、約半年病院通いの連続であった眼窩マルトリンパ腫…昨年10月末に退院してから、特に異状もなく、大して後遺症もなくて良かった…と喜んでいたのだが、最近になって、ちょっとした後遺症に気がついた。

まあ、一つは視力低下…気のせいか…と思っていたが、車の運転時に特に顕著に視力低下を感じるようになりました。

そしてもう一つ、これは今年1月から始まっていたのだが、つい最近まで後遺症とは気がついていなかったのである。
昨年末まで、手術により腫瘍を取り除いた私のお目目は、ほんと数年ぶりに腫れがひいて、パッチリお目目になってよかったねえ…と周りからも言われていたのだが、何と、正月を境に目の周りがむくんでしまい、パッチリお目目は短期間で消え去ってしまいました。

その原因は、私は正月に飲んだ日本酒のせいだと思っていました。
だってねえ、年末大阪に向かった時には、パッチリお目目だったのに、正月くらい日本酒もいいかと飲み出したら途端に、目の周りにムクミが現れたではないか。

てっきり日本酒が原因だと思うわなあ。
実は、以前ほとんど毎晩、焼酎のオンザロックをコップ一杯飲むのが私の楽しみの一つだった。
ところが、G、Wに発生した顔面ヘルペスの痛みは激しく、その後2カ月以上にわたって痛み止めを飲み続ける羽目に陥ったのである。

この痛み止め服用中は、お酒類は飲まないように…とのお達しで、一切のアルコールを断つことになったのだ。
そして、その後もずっと病院通いで、結局は約半年間、ほとんど断酒の状態が続いていたのです。
あれほど毎晩飲んでいたお酒…不思議なものですねえ。途中からは、もうほとんど飲みたいと思わなくなっていました。

それを、正月だから…と飲んだ日本酒が、やっぱりいけなかったのだ…そう思い込んでしまいました。(笑)

ところが先日、どうもおかしいな?…と思い、『眼窩部のむくみ』で検索してみたところ、色々な原因が出てきました。
なんと、そのひとつに、『放射線治療によるリンパ節の破壊』…て言うのが浮上してきたではありませんか。いや~、『これだ!』と思いました。

まだ医師の確認は取っていませんが、おそらく間違いないでしょう。
いや~、盲点でした。リンパ節が破壊されたため、再生するまでの間。リンパ液の流れが阻害され、目の周りのむくみが現れたのだと思います。

こんな後遺症は、事前のWEB検索でも見つからなかったし、医師からの説明にもありませんでした。

まあ、一応原因が分りホッとしています。
おかげで、また晩酌が復活しそうです。毎日、リンパ液を流すための顔面マッサージを続けながらお酒を頂くことにしました。(笑)




a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/03/01 07:00 ] 眼窩マルトリンパ腫 | TB(0) | CM(2)

目の周りも浮腫みますか?

 私も、リンパ節転移があったので、リンパ節の一部を廓清しました。なので浮腫まないように、予防のための体操や、マッサージを病院で習いました。大したものでもないですが。

 お酒が飲めるようになったのはいいですが、お大事にしてください。
 
[ 2014/03/02 16:12 ] [ 編集 ]

Re;くうみんさん

そうですか、やっぱり乳癌の場合は、眼窩マルトリンパ腫とは、比較にならないくらい体全体に与える影響が大きいから、それと、術例も多くて歴史もあるので、リンパ液による浮腫み学習が組み込まれているのでしょね。

それに比べ眼窩マルトリンパ腫の場合は、まだ新しい病気で、決まった対処方法も確立されていないような気がします。本当に医師の説明なんてありきたりのもんでしたよ。(笑)

それにしても、日本のガンの対処療法…知れば知るほど怖いものがありますねえ。
私も、この年にして勉強すること多とするところです。
[ 2014/03/02 21:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/134-4b7c081e