債務整理太陽光発電

東京都知事選、残念でしたねえ

2014/02/10(月)

東京は久々の大雪とかで、知事選の投票率は下がるだろうと心配した通り、46・14%という低率でした。

元首相二人組の反乱…など、話題としては盛り上がっていたと私は思っていたのだが、大雪だけが原因とは思えない…東京都民の主権者としての意識の低さ、政治に対する危機意識の欠如を私は強く感じ、都民の良識へのかなりの失望感を感じています。

・・・結果はどうであれ、せめて主権者として投票だけはしてほしかった。

 
五十嵐仁氏の都知事選記事を以下に引用・・・

 主要な4候補者の得票数は以下の通りです。

舛添要一   211万2千票
宇都宮健児   98万2千票
細川護熙     95万6千票
田母神俊雄   61万8千票

 ここに見られる特徴と注目点を簡単に指摘すれば、第1に、当初の予想通り、舛添さんが200万票を超えて当選したこと、第2に、それに次ぐ得票を宇都宮さんが獲得して2位になったこと、第3に、反原発候補の得票合計は舛添さんに及ばなかったものの肉薄しており、宇都宮さんに「一本化」していれば結果は微妙だったかもしれないこと、第4に、最も安倍首相の立場と信念に近いと見られていた田母神さんは惨敗していることなどです。
・・・引用終わり

指摘されている第2の点は、私も意外でした。宇都宮氏大健闘の結果が出ましたねえ。
しかし、第3の点はあり得ないでしょう。これは言っては悪いが、細川陣営からの譲歩&反原発の一本化提案なぞあり得ない話です。譲歩するとすれば、上位にはなったが宇都宮陣営からの譲歩&一本化提案しか、選択肢には上がらないでしょうね。

国益、都民の利益最優先の立場で、戦いの統一を図る思想は、宇都宮陣営にしか存在できないし、私としては、それが実現できなかった宇都宮陣営に対して、大健闘のエールよりも先に、清濁併せのむ度量を持ち得なかった陣営に対する失望感が先に立つのを、どうしても禁じえません。


まあ、いずれにしましても、今回の都知事選…今後の政治の展開・展望に色々と示唆を与えているのではないでしょうか。

・・・革新陣営、何を得て,如何に国民の意識を取り込み、変革の道筋を指し示すのか
社会や国の変革…この大事業をイデオロギーだけで実現するなど、この十人十色の世界では到底不可能なことです。さて、何が必要なのか
私としては、その答えを楽しみに待ちたいところですが、これに果たして答える力が彼らに有るや無しや



目を転ずれば、外は今日も雨です。
窓の外には、この寒い時期ですが、我が家の庭に四季咲きのバラが柔らかいピンクの花びらを見せています。

昨年夏、これからあまり帰ることもないだろうと、田舎のバラを持ちかえり庭に植えたのですが、その直後から、次々に花を咲かせ、花の姿の絶えることがありません。
よほど、この土地にあったのでしょうかねえ。。。。


IMG_4735.jpg 
やわらかに  ピンクのバラ寒に  咲きにけれ        simanto114





a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2014/02/10 11:00 ] 政治の話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/126-792386fd