債務整理太陽光発電

焚き火

2013/12/17(火)

日本の首都…東京では、石原の後継者・猪瀬都知事の5000万円をめぐる論議が、そろそろ大詰めを迎えつつあるようです。
まあ、事態はどう言い訳しても泥沼にはまり込んでいくばかり…どうやら辞任、再選挙の公算が強くなってきましたねえ。
まあ、いずれにしてもお寒い話です。

寒いと言えば、第一級の寒波が日本列島を覆い、ここ南国土佐でもブルブルと震える日々が続いています。

さすがに初雪や初氷はまだですが、年末辺りちらつきそうな予感がします。
こんな日は、庭で落ち葉焚き…ため込んだ材木の端材で焚き火してあったまるのが最高です。

私は幼少のころから焚き火が大好き。火をつけるのも、管理するのも慣れたもんです。(笑)
ただ大阪暮らしの45年間は、焚き火ができる環境になかったので、すっかり焚き火の面白さを忘れていましたが、ここ四万十に引っ越してからは、機会さへあればちょこちょこと焚き火をして楽しんでいます。

燃え上がる炎の表情を見つめていると、まるで一流の芸術家の芸を見ているようで、浮世の憂さを忘れて見入ってしまいます。

また心も体もほっこりと暖かくなり、先行き短くなった明日への希望が、新たにわき上がってくるように思えます。(笑)


IMGP8588.jpg

IMGP8575.jpg


a_01.gif  ← 気が向いたらポチッと押してください。
スポンサーサイト
[ 2013/12/17 11:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://simanto114.blog116.fc2.com/tb.php/108-2045ae7a