fc2ブログ

SIMANTO114の田舎暮らし

★小選挙区制反対!民意の反映される「公選法」を! ★世界から「核兵器と原発」を撤廃させたいね! ★憲法九条を守り、世界へ拡げたいね! ★沖縄から、日本から「米軍基地」をなくしたい!


台風と共に去った孫たち…そして…

2021/08/12(木)
台風一過、3つの台風に追いかけられて、我が家に10日ほど吹き荒れていた「豆台風たち(3人の孫たち)」も大阪へと帰っていった。コロナ感染の下、悩んでいたが、もう2年近く会えていない孫たちに会いたくて四万十市へ連れてきた。
にぎやかだった我が家も一気に寂しくなりました。

そしてもう一つ、日本中に「コロナ感染」を爆発させた「東京五輪」が台風8,9,10号に追われるように終了した。

「五輪を開催してよかった」「五輪の感動を」…云々などのマスコミの声に国民は踊らされているようだが、その間にコロナ感染者は文字通り、巷に溢れ、東京では医師にも見てもらえず、入院もできず、自宅で苦しみながら死んでいく人たちが迹を絶たないようだ。
まるで1か月前の大阪の状態とそっくりではないか。

政府も東京都もこんな事態は想定の範囲ではなかったのが?
五輪を開催すれば一番苦しむのは国民である…そんなことは分かり切っていたはずだ。

「やめることは一番簡単なこと、楽なことだ。挑戦するのが政府の役割だ」
…スッカラカンの菅総理は、そう言い放って、都知事と共に「自宅で療養を」と言い放った。
そして今度は、「お盆の帰省は辞めて、自宅で自粛を」…と言い出した。
まったくもって勝手な言い草ではないか。

これに対しては、さすがに国民も怒りだした。
「帰省をやめることは簡単なこと、楽なことだ。挑戦するのが国民の役割だ」と切り返されて、菅も小池も弱り切ってる。

webでも
・コンパクト五輪のつもりが3兆円もかけてあの開会式では、税金の無駄遣い。中抜きされたと邪推したくなる。そして小山田圭吾を筆頭に、組織委の人選ミスのツケとも。

・要はコロナ対策の杜撰さ、人権意識の乏しさなど、日本のあらゆる問題が凝縮されている

五輪の人的・組織的な無責任布陣は「桜を見る会」の延長、「五輪を見る会」
・特定の企業、特定の人たちの為に血税を湯水のように使う、公金還流東京大会
・五輪を招致し、敵前逃亡辞任し五輪に反対する者を「反日」として敵視していた張本人が、開会式を欠席。
・諸悪の根源はやはり、安倍マリオと菅

・あの演出なら、コロナで中止になった各地の祭りを、色々出せば良かった。特に東北の祭りを

…まあ上げたら限がないほど多くの批判声が上がっている。
もうこの国の政府には、コロナとの戦いも、国民の生活を守ることも不可能だということが、よく分かった。そんな五輪の開催でした。

倉持医師も言ってますよね。「菅さん、小池さん、お二人には辞めてもらうしかありません」とねえ…(怒)


そして9日…76年目の広島原爆の日、長崎原爆の日の記念放送の一つとして
NHK ETV特集「焼き場に立つ少年」をさがして…の再放送をしていた。
米軍カメラマン、ジョー・オダネル氏が撮影したこの写真は、戦争の悲惨さを現す、もっとも代表的な写真として有名である。

                 yakiba-416x500.jpg

この写真は、原本?は反対向きとなっている。しかし、少年の名札は左側についているのが常識なので、それに従い私が反転加工しました。
焼き場に立つ少年に負われた小さな子は死んでいます。
この後、死体焼き場の大人たちに小さな子は引き取られ、遺体を焼かれたそうです。

少年は、この姿のまま遺体が焼けるのを見届け、くるりと背を向け立ち去ったそうですが、どこの誰だったのか、はっきりとは今でも不明なようです。

私は、悲惨な戦争の遺体写真もたくさん見ていますが、本当に心から胸をえぐられるのは、この写真ともう一つ、「白旗の少女」の写真です。

あれから76年…2度とこんな光景は見たくないものです。
次の選挙ももうすぐです。
崩壊した自民党、公明党に、もうこれ以上、この国の舵取りは任せたくありません。
どうか皆さん、投票に出かけて下さい。自民、公明以外の政党に投票してください。
心よりお願いいたします。

2021年夏   simanto114拝




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       憲法変えるな政治を変えよう
       自・End 野党共同と市民の共闘で自公政権打倒


スポンサーサイト



テーマ日記 ジャンル日記
プロフィール

simanto114

Author:simanto114
残された人生、命ある限り、ある程度世の中のお役にも立ちつつ、海・山・川に戯れながら生きたい…と結構欲張り爺さんのぼやき日誌です。

よろしくお付き合いください!

のんびりとお付き合いを
「あしたまにあーな」…「明日できることは今日はやらない」がわが人生訓です

FC2カウンター
全ての記事を表示する
ブログ検索
月別アーカイブ

Archive RSS Login