FC2ブログ

アベ辞任・7年8か月の悪夢がやっと終わる

2020/08/29(土)
アベ辞任に乾杯
史上最悪の総理、無能・無策・・・未曽有の国難と言われるコロナ対策では、国税500億円も使って、無駄で役にも立たない「アホノマスク」を国民に配り、肝心のPCR検査の拡大も中途半端、ブレーキを踏みながら、いきなりアクセルを踏む…支離滅裂な強盗キャンペーン。嘘は平気でつく、データは改竄する、憲法は破壊する、民主主義は守らない、米国から高額のガラクタ兵器を爆買いする、雇用も福祉も崩壊させ、弱者泣かせの増税、その上、金持ちには減税、お友達には権力乱用で利便を与え、暴虐と悪逆の限りを尽くした…史上最悪の総理がやっと辞意を表明した。

昨日は、「ひょっとしたら」という期待は持っていた。夕方のニュースを見て、思わず飛び上がった。友人と家で談笑していたが、たちまち、祝いの席に早変わりしましたよ。(笑)

日本列島はコロナ第二波に見舞われ、GDPは年率換算で3割も下落していたのに、安倍首相は早々と通常国会を閉じると“雲隠れ”。憲法で規定された野党の国会開けの要求にも応えず、官邸で会見を開くのは6月18日以来、約2カ月半ぶりで、これが突然の辞任会見だったのである。


■「国民にきちんと説明、謝罪を」

「国民から批判されたストレスが持病の潰瘍性大腸炎を悪化させたといいますが、それは何ひとつ有効なコロナ対策を打てなかった首相の自業自得です。厳しい言い方ですが、それが一国の首相の責任なのであって、リーダーはそれだけタフでなければならない。無策無能と国会も開けない体たらくでは、国民の不安は募る一方。辞任は遅すぎるくらいです。かくなるうえは国民にきちんと説明、謝罪し、ちゃんと働ける後任にバトンタッチする。それも透明性のある形でやってほしいと思います」(政治評論家・本澤二郎氏)


こんなコメントも発しられてますが、まあねえ、国の非常事態の中で、任務に耐えられない、また憲法も守れず、お役にも立てない総理ではねえ、交代も当然でしょうよ。
こんな総理をかばい続けた自民党も、本当に狂ってるよねえ。

戦争に関する警句、あるいは前例の紹介コーナー
※ 「日本」何と言う不思議な国であろう。

   歴史的結果としての日本は、世界のなかできわだった異国というべき国だった。国際社会や一国が置かれた環境など、いっさい顧慮しない伝統をもち、さらには、外国を顧慮しないということが正義であるというまでにいびつになっている。外国を顧慮することは、腰抜けであり、ときには国を売った者としてしか見られない。その点、ロシアのほうが、まだしも物の常識とただの人情が政治の世界に通用する社会であった。
                                     (司馬遼太郎氏著『菜の花の沖<六>』より引用)

※ この国には何でもある。本当にいろいろなものがあります。だが、希望がない。
               (村上龍氏著『希望の国のエクソダス』より引用)

※ 国家の詐術を鶴見さんは、アメリカによる原爆投下にみる。 
  「原爆はなぜ落とされたか。それも二つも。公式にはアメりカ兵の被害を少なくするためとされている。しかし、それはウソだ。当時の日本に連合艦隊はなく、兵器を作る工場もない。米軍幹部は大統領に原爆投下の必要はないと進言もしていた」
投下の主な理由は二つあるという。「一つは、原爆開発の膨大な予算を出した議会に対し、原爆の効果を示したかったから。つまりカネのためなんだ。そして2個の原爆は種類が異なっていた。二つとも落として科学的に確かめようというのが第2の理由。人間のつくる科学には残虐性が含まれているんだ」。
このウソをアメリカ政府はいつまでつき続けるのか、と鶴見さんは問う。「アメリカという国家がなくなるまででしょう」。
いちどきに何十万もの人を殺す原爆ができて、国家はより有害なものになった、という。「日本はそのことにいまだに気づかず、世界一の金持国である米国の懐に抱かれてしまい、安心しちゃっている。すさまじいことですよ」。
               (『戦後60年を生きる 鶴見俊輔の心』朝日新聞朝刊;2005年11月25日号)



もう本当に、毎日暑いねえ。
我が家は今、3台のクーラーが作動していますが、室温は何と30、8度もあります。
もう死にそうです。

しかしまあ、せっかくのいいニュースが飛び込んてきました。これを力にして、今年の暑さ、何とか乗り越えていきます。皆様も頑張ってくださいね。

DSCN4427.jpg 
▲ 庭のモミジアオイの花
1日花なので、毎日新しい蕾が開花しています。

毎年2mほどの高さに育っていましたが、今年は1mほどしか伸びません。もう7年ほど同じ所で育てているので、そろそろ限界かな?来年は他の場所に植え替えが必要なようです。


DSCN4439.jpg 



sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO改憲発議に反対する署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒



スポンサーサイト



[ 2020/08/29 12:35 ] 政治の話 | TB(0) | CM(1)

75年目の原爆投下の日

2020/08/06(木)
ああ~~  やっぱり1カ月間ブログの更新が出来なかったねえ。(;^_^A アセアセ・・・
もうねえ、年とコロナには勝てないねえ。
そして何よりも嫌なのは、アベ政権の継続と、この夏の暑さ…清涼剤とクーラー無しでは、もう1日も過ごせない。

家の周りの草刈りだけで、ホントにねえ、熱中症でぶっ倒れそうです。(笑)
ご近所の草刈り奉仕も、もう今年で辞めにしようと思います。ご近所さん、これからは、自分の家は自分で管理してね。

まあ~、そんなこんなで、家の中で毎日ぐうたら生活を送っています。
政府の進める強盗キャンペーンだか、感染拡大キャンペーンだとかで、毎年「お爺ちゃ~ん」と叫びながらやってきた孫たちも今年は来ないらしい。いよいよ、何をする意欲もわいてきません。

それでもねえ、皆さんにはアベ政権の危険な改憲策動や、戦争推進の企みには、もっと真剣に対応してほしいなあ…と思います。

戦争に関する警句、あるいは前例の紹介コーナー
【日本という怪しいシステムに関する一見解】より抜粋

 筆者は日本人でありながら、どうしても昭和以後のこの国が好きになれない。
一体それはどこから来るのだろうか?。小さい島国で飽くことなく続いた権力闘争のなれの果ては、あの残忍な秦の始皇帝も顔負けの官僚制度を生みだした。

 そして現在、政財官トライアングル(=権力階級)は資本主義と社会主義を極めて巧妙に組み合わせ、しかも情報統制(非公開、隠匿、操作)をもって国民を飼い馴らしている。いまや日本は権力階級の「私物国家」に成り果てており、殆んどの国民が惰眠を貪っているあいだに、徐々に構築された巨大なピラミッド型の「一億総『潜在能力』搾取・没収システム」が民主主義の萌芽さえ阻んでいる。まさに「国民の命を蹂躙し翻弄する」という表現がピッタリの「日本という怪しいシステム」の本質を分析してみた。
 ( 『潜在能力』とは社会の枠組みの中で、今その人が持っている所得や資産で将来何ができるかという可能性のことである。詳しくはアマルティア・セン著『不平等の再検討』を参照)

    日本の「戦争被害受忍論」(最高裁判所 昭和62626日 第二小法廷判決)

 戦争犠牲ないし戦争損害は、国の存亡にかかわる非常事態のもとでは、国民のひとしく受忍しなければならなかったところ(戦争受忍義務)であって、これに対する補償は憲法の全く予想しないところというべきである。
                  (奥田博子氏著 『原爆の記憶』、慶應義塾大学出版会、p.73

 昭和天皇の在位が半世紀に達した1975(昭和50)年10月、天皇ははじめて…また唯一ともなった…公式の記者会見を皇居内で行なっている。日本記者クラブ理事長が代表質問に立ち、前月の訪米に際しての印象などの問答が済んだのち、ロンドン・タイムズの中村浩二記者が立って関連質問をした。
 記者:「天皇陛下はホワイトハウスで、『私が深く悲しみとするあの不幸な戦争』というご発言がありましたが、このことは戦争に対して責任を感じておられるという意味と解してよろしゅうございますか。また、陛下はいわゆる戦争責任について、どのようにお考えになっておられますかおうかがいいたします」。
 天皇:そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしていないのでよくわかりませんから、そういう問題についてはお答えが出来かねます」。
             (朝日新聞、1975111日) (後藤正治氏著『清冽』中央公論社、p.155

どうでしょうか? 上記のこの記事は、今から20年以上も前に書かれた記事ですが、今の国会やアベ政権に当てはめて考えたら、何とも、ピッタリ来ませんか?
それにしても、昭和天皇ヒロヒト…日本人300万人以上、外国人2000万人以上も殺した、あの戦争の最高責任者でありながら、この人たちの命を、単なる「言葉のアヤ」で済ませる…その無責任さ、非情さ、非人間性…いかがなものでしょうか?
私は、こいつだけは許せない…そんな思いがします。

8月6日…峠三吉詩集から
仮繃帯所にて 

あなたたち泣いても涙のでどころのない
わめいても言葉になる唇のない
もがこうにもつかむ手指の皮膚のないあなたたち 

血とあぶら汗と淋巴液とにまみれた四肢をばたつかせ
糸のように塞いだ眼をしろく光らせ
あおぶくれた腹にわずかに   下着のゴム紐だけをとどめ
恥しいところさえはじることをできなく   させられたあなたたちが
ああみんなさきほどまでは愛らしい
女学生だったことを   たれがほんとうと思えよう 

焼け爛れたヒロシマの   うす暗くゆらめく焔のなかから
あなたでなくなったあなたたちが   つぎつぎととび出し這い出し
この草地にたどりついて   ちりちりのラカン頭を苦悶の埃に埋める 

何故こんな目に遭わねばならぬのか   何の為に   なんのために
そしてあなたたちは    すでに自分がどんなすがたで
にんげんから遠いものにされはてて   しまっているかを知らない 

ただ思っている   あなたたちはおもっている 
今朝がたまでの父を母を弟を妹を

(いま逢ったってたれがあなたとしりえよう)

そして眠り起きごはんをたべた家のことを

(一瞬に垣根の花はちぎれいまは灰の跡さえわからない) 

おもっているおもっている
つぎつぎと動かなくなる同類のあいだにはさまって
おもっている

かつて娘だった   にんげんのむすめだった日を


8月6日、9日の原爆投下と言えば、最近は「はだしのゲン」が有名ですが、私にとっては、やはり峠三吉です。「チチヲカエセ  ハハヲカエセ」の悲惨な詩を、どうしても想起してしまいます。

DSCN4421.jpg 
DSCN4418.jpg 
▲  孫たちの大好きな、四万十川の手長エビ…毎朝、仕掛けを見回り、もう数百匹の海老さんたちを冷凍庫で保存しています。
帰省しないのなら、仕方がないねえ。冷凍便で送ってあげようかと、思い直しています。
とほほ。。。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO改憲発議に反対する署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2020/08/06 11:25 ] 政治の話 | TB(0) | CM(2)

なんか胡散臭い、政府のコロナ対応&我が家の近況

2020/05/08(金)
緊急事態宣言は、まだまだ続く。国民に約束したPCR検査も拡充できず、働く人たちに、しっかりした補償もなく、ただ自粛だけを求める政府って、ホント何なんだろうね?
この国の未曽有の危機に、ただのんべんだらりと何にもできない政府は、やっぱり辞めさせるしかない…と私は思うのだが、皆さんはいかが思し召しでしょうか?

そう言えば、
政府が公表を渋り、国民の疑惑を呼んだ…“アベノマスク”納入業者の最後の1つは、ユースビオだった。
ユースビオには4月に入ってから「貿易及び輸出入代行業並びにそれらの仲介及びコンサルティング」という事業目的が追加されたほどで、マスク輸入には不慣れだったようだ。

報道によると…「ユースビオの代表は、以前脱税で摘発され、現在は執行猶予中の身。関連先の企業も、過去に植物検疫法違反の容疑で書類送検されていたこともあった。
代表が以前風俗店を経営していたことや、自宅が競売にかけられていたが、最近取り下げられていたことなどが明るみに出たので、選ばれたことに対する疑惑がさらに強まった」

 代表は、私は創価学会員なので、その関係で公明党議員に献金しましたが、癒着なんてあり得ません」。脱税に関しては納得していない様子で「国相手に逆らってもしかたない」と話し、ほかの疑問については、厳しい口調でこう答えた。
  「自宅が競売にかかったときにお金が入ったら、それを競売を外すお金に充てることの何がおかしいのでしょうか? 風俗経営? 仮に風俗店を経営していたとして、法に触れずにちゃんと運営していたのであれば何が問題なのでしょうか?」…と。
************************************
・・・まあねえ。例え、風俗営業だろうと、仕事上は確かに、何の問題もありません。個人の勝手でしょう。(笑)
ただねえ、問題なのは、こんな小さな会社が、しかも、問題を抱えた会社が、風俗に関わってた会社が、国民への大事なコロナ対策の4社の一角に、どうやって食い込んだのか? 誰が食い込ませたのか?…それが胡散臭いのですよ。
よりによって、政府がどうして、こんな会社を選んだのか?…どこから見たって『癒着』としか、見えませんよねえ…どうなの 西村大臣?・・・。

我が家の近況…道路の舗装完成
我が家は、市道から100mほど細い道を入り込んだところにある。
下の写真のように、両側から木や竹が覆いかぶさる、昼なお暗い細道なのである。
この道が未舗装で、しかもかなり勾配があるため、大雨が降るたびに道路の土砂が流れ出し、ガタガタ道になるのです。
だから、雨が降るたび私は、老骨に鞭打ち、せっせと海岸から砂利を採ってきて、ガタガタ道の補修を行うのです。
だけどねえ、道の長さは100m以上あるのです。もう大変です。

そんなことを10年以上続けていましたが、区長さんに「私ももう老体だ。何とかして…」と泣きついたのだ。そしてついに、本日、遂に舗装が完成したのであります。
や~~ これで、今年からの雨は恐くないぞ! ! 
嬉しくて、今日は何度も坂道を上り下りしました。(笑)

DSCN4002.jpg
▲ 昨日、今日…2日間で舗装工事が完成しました。
凄いねえ、機械の力…作業員さんありがとう。区長さん、ありがとう。

DSCN3961.jpg 
▲ 巣箱のヒナに、せっせとエサを運ぶ四十雀…ニコニコしながら見ていたら、昨日から突然、姿を見なくなりました。どうやら、私たちが1日用事で家を出ている内に、ヒナたちが巣立ってしまったようです。巣立ちの姿を見逃し、誠に残念…。
でも来年は、また同じ巣箱に戻ってきてくれるでしょう。

DSCN3994.jpg DSCN3997.jpg 
▲ 紫露草                                                ▲カラマツ草
DSCN3987.jpg DSCN3982.jpg 
▲ガンゼキランも満開に                             ▲きれいに咲いた…一重のシャクヤク
DSCN3977.jpg DSCN3976.jpg 
▲今年のヤマボウシ…たくさんの実がつきました。      ▲チリアヤメ(1日花)
DSC_2690.jpg DSC_2694.jpg 
▲エビネラン                                           ▲今年も爽やか…大山レンゲ

我が家の庭の花たちの写真はいっぱいあるのだが、更新回数が足りないので、なかなか紹介できません。まあ、もう少し頑張りますか。(;^_^A アセアセ・・・)





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO改憲発議に反対する署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2020/05/08 21:11 ] 政治の話 | TB(0) | CM(2)

コロナ騒動の中で生きてるよ~

2020/04/26(日)
いや~、日が過ぎていくのが早いですねえ。
先月下旬に発熱し、ひょっとして「コロナか?」と心配もし、体調の回復にも時間がかかりましたが、まあ何とか無事に、今も生きています。(笑)

我が家は世間からは見えない、林の中。自分から出かけて行かない限り、他人様と接触することはありません。ず~っと、家に引きこもっていますが、時間はたっぷりあるのに、何でかブログの更新はできません。

この1カ月間、のんびりとソファに寝ころび、次々とDVDのドラマを観賞し、退屈すると畑を耕し野菜を植えています。
今年は、あまり手のかからないものをと…まず菊芋を、そしてでかムカゴを、更にカボチャ、落花生、ブロッコリー、ネギなどを次々と植え付けました。
そろそろ芽を出してくるころです。

連休も近いので、周りの草刈りの進めています。
サクランボの木には、しっかりと網をかけ、獣や鳥の襲撃から守ります。
毎年、孫たちが収穫に来てくれるのが楽しみなんですが、今年はねえ、外出自粛の呼びかけが出てますからねえ。

【アベノマスク崩壊!】いや~それにしても、コロナを巡るアベ政権のドタバタはひどいねえ
。色んなニュースが出ている。相変わらずPCR検査は遅々として進まず、治療も受けられず不審死として扱われた人たちが15人もいるという。自宅待機の患者は様態急変で死亡。聞くだけでも腹立たしい。岡江さんだって、医者や政府の対応がきちんとしていれば、救えた命だったのではないか。

安倍が打った手は、学校休め、会社休め…の掛け声だけ。生きていくための補償金は出さないんだと…でもねえ、貯金の無い貧乏人は、明日の食事代がないんだよ。どうして生きていけというのか?  ボッチャン大臣のアベや麻生には、そんな貧乏人の懐事情なんて到底分からないよなあ。
それから、唯一行動的だった「天下の愚策」「アベノマスク」…もうアベ晋三終わってるよねえ。
早く終わらせなきゃ、国民の命と暮らしが終わっちゃうよ。

「興和」「伊藤忠」未配布全量を回収 だから言わんこっちゃない その費用を政府が持つとしたら、マスク配布にかかわる予算額466億円が大きく跳ね上がるのは必至。世界の笑いものになり、国民も望んでいないアベノマスクは今からでもやめるにしかずだ(日刊ゲンダイ)

 新型コロナウイルスの感染防止策として政府が配る布マスクに汚れがあった問題で、マスクを納入した興和(名古屋市)と伊藤忠商事は23日、未配布分をすべて回収すると発表した。検品体制を強化する方針も示した。これを受け、菅義偉官房長官は24日の記者会見で、配布日程が予定より遅れると明らかにした。配布中止などの計画見直しは「考えていない」と否定した。

 厚生労働省によると回収対象は、全世帯▽妊婦▽高齢者施設――向け。世帯向けは、中国とベトナム、ミャンマーで生産され、両社は回収を既に始めている。世帯向けは両社とマツオカコーポレーションの3社が政府に納入しているが、マツオカ社の不良品は確認されていない。菅氏は布マスク配布について「マスクの総量が不足する中、国民の不安を解消する政策目的で必要な対応で、代替できる手段がない」と必要性を強調。世帯向けの配布について「回収して検品を行うため予定より遅れるのは事実だ。なるべく早く配布できるよう取り組む」と述べた。

 しかし…なんでか不思議なことに、マスクを発注した4社目を、政府がひた隠しにして、国会の追及でも公表しない…これはきっと何かあるぞ…やっぱり出てきたねえ。
安倍晋三の癒着体質…もう骨髄に達してるねえ。

受注4社目、なぜかかたくなに公表拒否 妊婦向けアベノマスク、深まる疑念 - 毎日新聞

 布マスクは繊維
 繊維といえばタオルの今治。
 今治といえばアベの親友
 加計。
 アベノマスクでも
 利益誘導していたとは!
 アベノマスク4社目を
 明かさないのは
 加計ルートだから!

 安倍が隠蔽する#アベノマスク 製造は今治タオル工業組合安倍
「腹心の友」優遇で開学した加計学園獣医学部は今治
 93億円の補助金を加計に払った見返りだった?


アベちゃんに送る歌

でんでん虫々 かたつむり
お前のあたまは どこにある
角だせ槍だせ あたまだせ

国民むしむし アベ総理
お前の頭は あるのかな
知恵出せ 金出せ 辞表出せ

それから少し  我が家の写真


DSCN3937.jpg DSCN3945.jpg 
我が家の庭に、巣箱を設置してから3年目…やっと四十雀が巣を作りました。
巣箱の中から外の様子をうかがう…安全を確認して、もそもそと体を外へ。
今は、日に何回も巣箱に入ったり飛び出したりしていますが、もう卵を産んだのかな?
中の様子は分かりませんが、まだひな鳥の鳴き声は聞こえないので、子育ては、これからのようです。ヒナの誕生と巣立ち迄、見つめたいと思います。

DSCN3932.jpg DSCN3934.jpg 
▲いつの間にやら、初夏模様…バラの花も鮮やかな色を見せています。
DSC_2666.jpg DSC_2656.jpg 
▲梅花落葉松草…今年も元気です                ▲卯の花(姫うつぎ)
DSC_2670.jpg DSC_2679.jpg 
▲二輪草…今年は寂しいことに本当に二輪だけです       ▲?イカリソウ…可愛いよ。

何だかねえ、今年はコロナの事もあり、私の発熱もあり、通常の生活スタイルが大きく崩れてしまい、どうにも調子が出ません。
しかし、庭にはタヌキ君がちょこちょこと顔を出し、私は退屈しのぎに畑の草ぬき、タケノコ採りに精を出す毎日です。

だけど、毎日が休日の我々と違い、現役の皆さん方は、仕事も子育てもがたがたで、本当に大変だろうと思います。
どうか、コロナとアベに負けないで、元気に生き抜いて下さい。

コロナとアベを退治した暁には、又笑いあえる時が来るものと信じています。





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO改憲発議に反対する署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2020/04/26 22:49 ] 政治の話 | TB(0) | CM(0)

コロナウイルス…アベ政権の対応最悪や

2020/03/04(水)
季節もだんだんと春めいてきた。
本来なら、1年で一番気持ちの浮き立つ、「どっか出かけてみたいなあ~」そんな絶好の季節なのに、何だかねえ、気持ちが浮き立たない。

昨年から「嫌中」「嫌韓」と大騒ぎしてきたネトウヨたちも、いよいよ日本の観光がボロボロになってきて、余り口にしなくなってきたなあ…どころか、突然の国賓扱いで習近平を日本に招待…なんてねえ。

政府もネトウヨと大して変わらない、突然の態度豹変…まあ、それも日本の経済状況考えたらやむを得ないか…なんて思っていたら、今度は、又突然のコロナウイルス騒ぎ。
「パンデミック」だなんて、世界が大騒ぎ、大混乱に。

それにしてもアベ内閣のウイルス対策…お粗末すぎる。
世界の批判がアベ政権に集中しているのも分かるよなあ。
2月3日に横浜港に到着したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」、3700人もの船客を検査もせず、隔離もせず1ヶ月も放置したままなんて、余りにも杜撰すぎます。

水際作戦も失敗し、その後も医師が検査を必要としているのに、その検査体制も整えられず、政府は無能無策ぶりを、国民始め世界にさらしてまくる始末だ。

そして、ひどいのは、コロナウイルスの困難を利用して、「非常事態宣言法」を作ろう…と言いだす自民党議員迄出てくる始末だ。
その挙句、青天の霹靂…アベの突然の一斉休業(休校)宣言である。

DSCN3656.jpg 

もう、現場は大混乱。
唯でも、ウイルスの対応で右往左往…大変な時期なのに、子供を外出禁止に、低学年の子供の面倒見られなくて、若いパパやママたちは大騒ぎ。
その為に、社員の有給休暇(普通は休業補償が当然だと思うのだが)を取らせて…と要請された企業も、もう大変…ただでも社員が足りないのに、どうするの?

それに。保育園や学童保育は休まないように…だって。
訳わからん?
とにかく、アベ政権の科学性のない独断的対応によって、全国民がどたばたと、無駄な対応に追いまくられている。

権力者を縛るための憲法や法律を、勝手に解釈変更し、社会のルールをぶち壊した安倍政権。
民主主義を破壊し、独裁的軍事政権の創設を狙うアベ晋三。
アベノミクスの大失敗で経済は冷え込み、その中での消費税増税で、更に経済が悪化。
その上、前述の「嫌中」「嫌韓」騒動で、日本の観光収入は激減。

そこへもってコロナウイルスの追い打ち…もうアベ政権では、この国は滅亡への道をまっしぐら。
ウイルスで世界の景気が落ち込み、日本の経済はもちろん、国民の血税や、年金資金を大量につぎ込んでいる株価の大暴落も避けられない状況にある。

そうなると、次に来るのは、年金の切り下げ、さらなる増税と福祉の切り捨て…である。
景気はますます悪化への負のスパイラルへと落ち込んでいく。
それがアベ政権の末路なのです。

国民の皆様、そのこと十分にご理解ください。
マスクやトイレットペーパーを求めてスーパーなど、さまよってる暇はありませんよ。
 

41943.jpg 
41942.jpg 
41941.jpg 
41944.jpg

・・・何ともねえ…この国の国民として情けない限りです。

こんな事態に せやろがいおじさん も叫んでいました。
youtubew で叫んでます。私はいつも楽しみに見ています。

前略…「インフルは毎年、ということは、いかに感染症対策を習慣化できていないか、ということや。日本国民全体が習慣化することで、損失を激減させることができるとちゃうやろか。

  リモートワーク、テレワークを定着させる絶好のチャンスやないか。チャット、テレビ会議のツールを導入したら、通勤にかかる時間も休める。勉強できる。コロナ情報はデマもあった。下手に飛びついたら命にかかわる。デマを警戒する力も培われる。

  安倍首相は3月2日から春休み迄、小中高校を臨時休校するよう要請した。あまりに急すぎる。教育現場や共働き家庭、シングルのパパさん、ママさんがめちゃめちゃテンパってる。情報と説明が不足。現場に丸投げで、混乱が生じている。

  そんな政治家を送り出した国民が悪い。コロナウイルスは、自分の行動を見る絶好の機会になるかもしれんなあ。
前向きに取り組んでいこう。せやろがい‼」

SN00051.png 




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO改憲発議に反対する署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2020/03/04 12:00 ] 政治の話 | TB(0) | CM(0)

高知知事選、最終盤へ…勝たせたいなあ、松本けんじ

2019/11/21(木)
いよいよ、全国注目の高知県知事選、最終盤へ差し掛かってきました。
今天下のへき地、高知県が全国の注目を集めているようです。
私は、この50数年、政治とは関わり続けてきましたが、今度の選挙程、ワクワクドキドキする選挙は初めてです。
昨日、松本けんじを支援する野党5党の県代表が、そろって『松本必勝の檄』を発表しました。

松本県政必ず誕生へ

5野党代表が連名で檄      24日投票の高知知事選



 24日投票の高知県知事選で、野党統一の松本けんじ候補の勝利をめざす選対本部長の広田一衆院議員と副本部長を務める立憲民主党、国民民主党、日本共産党、社民党、新社会党の5野党の県代表は20日、連名の檄(げき)を発表しました。

 檄は「残り4日、すべてのみなさんが燃えに燃え、奮い立ち、圧倒的な大宣伝と対話・支持拡大に総決起」するよう呼びかけ、「参院選を思い起こしてほしい。『あと2日あったら』『あと1週間あったら』というあの悔し涙は、もう流したくありません」と指摘。「全国注目のこの選挙、投票箱の蓋(ふた)が閉まるまでの猛奮闘で、松本知事を誕生させることをとおして、みんなが動けば『政治を、暮らしを変えることができる』という結果をつくりましょう。そして、政治を国民の手に取り戻す壮大な流れを、この高知からつくっていこう」と訴えています。(赤旗)

・・・まあ、何と言いますか、とりあえず下記のチラシをご覧ください。⇓

EJYuYN7UwAIpHDz.jpg 
EJUV8j9U0AApGFb.jpg 

この2枚のチラシ見ただけで、この選挙の凄さ、豪華さが分かるでしょう。
野党各党の党首や幹部クラスが、大都会ならぬ、この一地方の、とても交通の不便な人口も少ない、ひなびた都市の高知県に、入れ代わり立ち代わり応援に駆けつけてくれるのです。

革新だけではない、まず選対本部長からして保守の広田はじめ議員であり、これまた保守本流を自任する平野貞夫氏は、度々高知入りして街頭演説に立っています。
先日は、元建設大臣の中村喜四郎議員が支援に駆け付け、その激励の言葉が全国に広がり、保守票の掘り起こしに大いに役立っています。(発言内容は下記を参照してください)

高知知事選で野党共同を応援する中村喜四郎衆院議員(元建設大臣)の発言


女性議員も福島みずほ、池田まき、蓮舫、森ゆう子、吉良よし子、辻元清美等々、続々と来高。
ナント総勢40人60人を超すという。
そして今日21日は、志位委員長が再度高知に入り、枝野幸男立民党首と、高知市内で呼びかけを続けているそうな。

ホンマ、もう一度言うけど、こんなひなびた都市の選挙に、こんだけの国会議員が押し掛ける選挙というものは、一度も見たことがありません。

絶対に勝たせたいなあ…松本けんじ!!

IMG_9491.jpg  IMG_9535.jpg 
▲ 20日四万十市での松本陣営の街頭演説…地元の県議2人と、辰巳孝太郎元大阪選出議員が
街頭から訴え。辰巳元議員は、相手候補が大阪の副知事時代に、国保料の値上げで大阪経済に打撃を与えたこと。カジノの誘致や教師いじめなど、大阪府民のお役には、全く立っていなかったこと等を暴露。アベ政治の言いなりの官僚候補では、高知は絶対に良くなりません…と訴えていました。

DSCN3065.jpg 
▲ 20日は、小沢一郎氏も高知へ…宿毛市の
林譲治(吉田内閣で副総理、衆議院議長)の墓に詣で、四万十市では、地元の偉人・幸徳秋水之墓に詣でました。(小沢氏と平野氏)

DSCN3070.jpg 
▲ 秘密裏に集まった?幸徳秋水研究会のメンバーと記念撮影(笑)

とにかく野党共同の候補者・松本けんじ…人柄が抜群、声がいい、話もいい…女性ファンが大増殖中です。候補者としては相手候補を圧倒しています。
残る2日、大爆発で、自民と公明の組織力と業界締め付け…をぶち破り、追い付き、追い抜き、ぷっこぬけ…と、全力を挙げて応援致します。

皆さんのご支援、知人友人へ、松本支援をお願いいたします。
自民党の桜を見る会と違い、こちらは選挙勝利で、清々しい美酒に酔いたいものです。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2019/11/21 22:43 ] 政治の話 | TB(0) | CM(0)

安倍政権、いよいよ終わりか? 高知県知事選挙へ全国の支援を!!

2019/11/16(土)
やったねえ共産党田村智子議員がアベ総理のモラルハザードを追及すると、アベ一強におごる国会に、久方ぶりの激震が起こった。
アベシンゾウも他の大臣も、そして官僚も、うろうろタジタジ…あの見っともない様、皆さん見ました?
2人の大臣の連続辞任に次いで、萩生田の「身の丈」発言に揺れる政権与党。
その揺れる政権与党に、強烈な横波が襲い掛かった。「桜を見る会」…来年は中止するそうな…何とも早い逃げ足…しかし、この強烈な横波は、アベ政権の早逃げを許さない。
野党一丸となった追及に、自民党内部からも批判続出…もうアベ丸、顚覆の様相が見えてきた。


逃げても逃げてもバレる嘘 「桜を見る会」疑惑底なし 私物化の度合いはバカ殿レベル(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo267/msg/386.html

25529.jpg 


『「桜を見る会」底なしの様相』

逃げても逃げてもボロボロ嘘がばれていく
次々出てくる新証言、新写真、新資料。小判、メロン、ウグイス。桜と続く火ダルマ国会の行方
と、権力私物化、驕る政権が桂太郎超えという民主主義崩壊と国の劣化、社会の荒廃
「今回ばかりはお得意の“中止”で“疑惑にフタ”とはいかないゾ」

今回は国家のブラックボックスに逃げ込めない インチキ一強政権が新記録という恥ずべき国 
私物化の度合いはバカ殿レベル いまだ安倍内閣を支持する4割の有権者も、今度こそ政権の
本質が分かっただろう。一刻も早く、引きずり降ろさなければ、国民愚弄がエスカレートする
ばかりである(日刊ゲンダイ)

上智大教授の中野晃一氏(政治学)がこう言う。

「会費5000円では賄えないならば、不足分をどこが出したのか。後援会のツアーなのに、首相の政治団体の収支報告書に費用が計上されていない。これはアウトでしょう。政治の私物化という点では、モリカケ問題でも完全にアウトでしたが、あの時は官僚が公文書を改ざんするなど、資料や事実が国家のブラックボックスに入っていた。しかし、今回はSNSなど表に出ているもので嘘がバレた。安倍首相本人や昭恵夫人が夕食会で『皆さまようこそ』と挨拶し、850人もの後援会関係者を17台ものバスで新宿御苑に運んでいるのに、『知らなかった』では済まない。今回は国家のブラックボックスに逃げ込むことはできません」

「自分の国の首相がこんなレベルとは情けない。バカ殿ですよ」
安倍政権の7年で、民主主義は崩壊、国は劣化、社会の荒廃は取り返しのつかないところまで進んだ。



25531.jpg




そして高知県知事選も、今大変面白い戦いになっています。
日本の政治が動きそうです。山が動き出しました。
高知県知事選で野党共同候補が勝利すれば、安倍政権大ショック!!
アベ辞任にもつながる、大変な選挙戦になってきました。
全国の皆さん…高知県の知り合いに、ぜひとも声をかけて下さい。

下記に選挙戦の状況を確認できる動画を付記しておきます。ぜひ一度ご覧ください。

高知県知事選 松本けんじ候補の第一声
https://www.youtube.com/watch?v=Apwckkz6lMk

高知県知事選の情勢を探る - 松本けんじ陣営「浜田氏を猛追」 
https://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/df535102654fd7db0d4e5900da917c80





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2019/11/16 11:44 ] 政治の話 | TB(0) | CM(2)

高知知事選で野党共同を応援する中村喜四郎衆院議員(元建設大臣)の発言

2019/11/06(水)

いよいよ明日から高知県知事選が始まる。
7日告示、24日投票の短期決戦だ。
今度の知事選、自民べったりの中央省庁天下り候補VS野党共同候補の一騎打ちとなりました。

先日11月2日、高知県知事選、野党共同・松本顕治陣営決起集会で、元自民党建設大臣が、野党共同候補を応援した演説が、今大きな話題になっています。

EIXLgCLWsAYv4yV.jpg 
▲ 挨拶に立った松本候補
いや~、松本候補、年は若いが人柄がいい…話もうまく、ぐんぐんと聴衆を引き付ける。めったにないいい候補者です。
しかし…松本候補の話は、あえて、そうです、あえて省略します。

中村喜四郎衆院議員(元建設大臣)の発言要旨。  これがおもしろい…

「なぜ私がここで訴えることになったのか。私の知っている自民党は、今の自民党とはまったく違う政党だった」

茨城7区から衆院議員に出ている中村喜四郎と申します。最初は田中角栄先生の秘書、昭和51年に27歳で衆院議員に当選させていただき40歳で初入閣、42歳で再入閣した。ゼネコン事件の渦中の政治家となり、最高裁までたたかい、刑に服し、その後無所属で政治活動を続けてきた。私の考え方は基本的に自民党の考え方であり、保守政治家だ。その私が、なぜここで訴えることになったのか。

今年行われた(全国の)知事選は6回あった。野党は2勝、与党は4勝だった。10年かけて24勝23敗になれば政権交代できる。そのためには戦っていかなければならない。風を頼りにしていたのでは、いつになっても政権はとれないし、とったとしてもすぐ泡沫の夢で消えてしまう。

広田一さんが選対本部長になったことは、高知県では不思議ではないが、国会から見たらすごくユニークだ。松本さんは共産党籍を抜かない。こういう中で保守政治家が選対本部長をやるということは、全国的にみたらありえないことだ。それだけでもすごいが、たぶん私のあとには岡田克也さんも来るだろう、共産党以外の国会議員が10人以上入ってくると思う。

その理由は何か。松本さんが共産党の候補者だから応援に来るのではない。オール野党の候補者として新潟では社民党の人をみんなで担いだ。岩手では(元)自由党の人、埼玉では(元)民主党の人を担いだ。高知では共産党の人を担ぐ。

共産党だから駄目だとか共産党は応援できないとか、そういう考え方を持っていたから、自民党の強い時代が今まで続いてしまった。

自民党がなぜだめになったのか。私の知っている自民党は、今の自民党とはまったく違う政党だった。反対意見はよく聞いた。人の痛みがよくわかった。気配りもする。野党の意見もちゃんと聞く。野党の名前を忘れたなどと冗談でも言う指導者はいなかった。田中さんの後に三木さんが出る、三木さんの後に福田さんが出る。リベラルと保守政治家が牽制しあいながら政権交代を自民党内でやって、国民が安心して任せられるという時代が昔の自民党だった。

しかし、今はどうなったか。人の話を聞かない。物言えば唇寒し、安倍一強、長いものにまかれろ。こういう中で政治が動いていることのおかしさにみんな気が付かなければならない時代になってきた。

一番最近おかしいと思ったのは北方領土問題。全島(4島)返還と自民党自身が70年も訴えてきたのに、安倍さんが突然2016年に2島でいいと言った。前提条件なしで平和条約を結ぼうと言われ、それを受けて日ソ共同宣言に従って歯舞・色丹だけ返してもらい一気解決かと思ったら、ゼロ回答でプーチンに子ども扱いされる返還交渉の姿。日本の外交これでいいのか。党派を超えて考えなければならない(中略)。

我々は党派を超えて日本を守るため、日本再建のためにみんなで力を合わせなければならない。共産党も自民党もすべて党派を超えて、良識ある人が立ち上がる時期が来た。(高知民報)


******************************

何だかねえ。アベ政権の下で狂ってる人ばかりではないんですねえ。
狂った政権の下で、正気に返り、目覚める人たちも出てきます。
世の中決して、捨てたもんじゃ~ないんですよねえ。(笑)




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2019/11/06 23:17 ] 政治の話 | TB(0) | CM(0)

台風19号と史上最凶のアベ晋三

2019/10/16(水)
今回の台風19号を見て、いくつか思ったことがある。

その一つは、国連で訴えた少女のこと。

スウェーデン人の環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリさん(16)は23日、米ニューヨークで開かれた国連気候行動サミットで演説し、気候変動問題について行動を起こしていないとして、各国首脳を非難した。

トゥーンベリさんは、約60カ国の首脳や閣僚を前に、「あなた方は、私の夢や私の子供時代を、空っぽな言葉で奪った」と激しい口調で語った・・・以下略。

少女の訴えに、世界各国から賛同の声と連帯の行動が、特に若者たちから沸き起こった。最近の若者たちの政治への無関心と無気力に失望していた私にとって、若者たちのパワーと可能性に一縷の希望を見出した瞬間でした。
情けないのは、この少女の訴えに、例によって「言われなき」悪罵と人格を否定する圧力が投げられたことである。

この国の、多様性を否定する…自由・平等・博愛の精神を否定する…情けない輩たちが、日本会議に組織されたネトウヨどもであろうとは思うが、こんな輩が存在していることに、私は怒りを禁じえない。

台風15号、19号による、我が国の被害は、まさに、この少女の訴えが正鵠を射ていて、その対策は緊急を要することが、事実をもって示されたではないか。
そして問題は、石油や石炭など化石燃料の抑制だけではない。世界の海水温を高める要因の、大きな原因となっている【原発】を廃止しなければ、荒れ狂う気象変動には対処できない…と私は思う。


その2つは、アベ政権の災害に対する無能無策ぶりだ。

国土交通省によると、15日午後3時現在、7県の52河川73カ所で堤防の決壊を確認した。
福島県で26人、宮城県で14人が亡くなるなど死者は12都県で計74人に上り、行方不明者も6県で12人に上っている。

辛うじて首都壊滅の事態は免れたものの、事態は極めて深刻なところまで追い込まれていた。
一つの台風で、73カ所の堤防が決壊するなど、私たちは想像したことがあるだろうか。おそらくほとんどの人たちが想定外…と答えるだろう。
しかし、専門家の間では、いつかこの事態が起こることは指摘されていた。

にも拘らず、アベ政権は、アメリカや世界への金のバラマキでアベ政権の人気取りを進め、日本の強烈な憲法違反の再軍備に金を集中させ、災害対策費をケチってきた。その結果が、災害を大きくしたのだ。

例えば、前回の大雨で、愛媛で溢れそうな河川にダムの放流を行い、河川を決壊させ、大きな被害をもたらした事例がある。
そして今回も、八ッ場ダムが東京を救った…などの話もあるが、これは準備段階で水を貯めていなかったことで、いわゆる怪我の功名で、河川の増水を食い止めただけのことで、別に美談ではない。それよりも今回も事前放流しなかったことが問題だ。

問題は、きわめて正確な気象庁の大雨警報が出されているのにも関わらず、各地のダム管理者たちが、何故、事前放流を行って、大雨に備えなかったのか? という疑問である。

専門家からはアベ政権に対して、前回の事件からの教訓として、事前の放流を勧められていたのである。ところが、安倍のバカちんは、これに何の対策も打たなかったのである。

ダムの貯水管理については、生活用、農業用、
治水用…などと用途に応じて関係者の合意がなされているのも事実であり、治水用は30%と決められている。
しかし、明らかな災害が近づいている状況の中では、緊急の対応策があってしかるべきである。

ダムの放流だけではない。河川の危険個所は以前から指摘され続けている。それなのに、アベ政権は、その改善策を怠り続け、できるだけ金を使わず、その金を自分の人気取りのために、お友達に、例えば、プーチンやトランプや森友や加計学園の為に使っているのである。
国民の、一般庶民の被災などアベにとっては、なんの興味も無いのだろう。

過去の災害から、何の教訓も引き出せない&やる気も無いアベ政権の無能無策ぶりに、猛烈に腹が立つ。こんな政権に、これからの国土管理を任せていいのだろうか?

【安倍政権の過去の災害対応を一覧してみよう】

山梨豪雪:支援者らと赤坂で天ぷら料理
20142月に起こった山梨県の豪雪では、その最中に支援者らと赤坂で天ぷら料理に舌鼓を打って和気あいあい…山奥の話なんて問題外だよ~~~

広島土砂災害:ゴルフ
同年8月の広島土砂災害では「災害応急対策に全力で取り組む」と宣言したあと、富士桜カントリー倶楽部で日枝久・フジテレビ会長(当時)や笹川陽平・日本財団会長らとゴルフを楽しみつづけた。…いや~~お金持ち同士のゴルフ、楽しいねえ~~

関東・東北豪雨:インターネットテレビで安保法制宣伝
2015年の関東・東北豪雨では、孤立して救助を待つ人びとや不明者も多数いたというのに、インターネットテレビ「言論テレビ」に生出演して櫻井よしこや田久保忠衛・日本会議会長とともに安保法制の必要性をアピール。…やっぱりさあ~ 一部の人の命より、俺たちは、この国全体のこと、論議してんだかねえ~~

九州北部豪雨:外遊続行
2017年も、G20首脳会談出席のための外遊中に九州北部豪雨が発生したが、G20閉会後も外遊を続行。緊急性もない外遊から帰国しなかったのは、加計問題追及の閉会中審査に出席したくないからなのは見え見えだった。…災害の時にボクちんがお役に立たないことは、国民も分かってるだろう~~

西日本豪雨:赤坂自民亭2018/07

気象庁は5日午後2時に記者会見を開き、8日にかけて東日本から西日本の広い範囲で記録的な大雨となる恐れがあると発表。「早めの避難を心がけてほしい」と呼びかけた。


内閣府はそれから1時間半後に、各省庁課長らを集めた災害警戒会議を開いた。
小此木八郎防災担当相が出席したのは、24時間の雨量が400ミリに達するとの予報に政府内の緊張感が高まったからだった。
 この日は死者40人、行方不明者2人となった「九州北部豪雨」からちょうど1年。小此木氏は「大災害を改めて思い出し、対策に万全を期すように」と指示した。午後10時までに、京都、大阪、兵庫の3府県約11万人に避難指示が出た。
安倍晋三首相らが自民党の国会議員による酒席の懇親会に出席したのは、この夜のことだった。

…いや~~ 赤坂自民亭  最高~~

西日本直撃台風:総裁3選の集い
さらに赤坂自民亭への批判もさめやらぬ昨年2018/9月、関空など西日本を直撃した台風。台風直撃の翌日、平成最大規模の約50万軒で停電がつづき、関空にも多くの人が取り残されているなか、安倍首相はなんと総裁選の票固めのため新潟県に。ホテルの宴会場で開催された「安倍総裁の3選を実現する新潟県民の集い」に出席したのだった。
…何言ってんのよ。関西なんて一部のことよりさあ、僕チンの自民党総裁3選の方が大事なのに決まってるじゃん~~ 違う??

台風15号:内閣改造強行2019/9/5
安倍首相は事前に関係閣僚会議も開かず、総理指示も出さず、非常災害対策本部を設置することもせず、そのことで停電復旧が長引き、10日には熱中症による新たな犠牲者まで出す事態となっているにもかかわらず、上陸2日後の11日内閣改造を強行。ところが、安倍首相は初動対応の遅れを批判されても、相変わらず関係閣僚会議の開催を拒否し、ついには自身のTwitterアカウントでも台風15号に一切言及することなく現在にいたっている。
…僕チンもさあ  改憲が最大の重大事なのよ。その為の体制作りで大変なのよ。皆は、あんまり政府を当てにしないで、自己責任でさあ、うまく処理してよ~~

そして今回:休養
ネットでアベ晋三に非難の声が沸き上がっている。なぜかというと、台風19号が列島を直撃して被害が次々と発生していた12日は“のんびり休養”状態だったからだ。例えば、12日の首相動静を見ると、こんな感じだ。
〈午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
   午前中は来客なく、公邸で過ごす。
   午後も来客なく、公邸で過ごす。
   午後10時現在、公邸。来客なし。〉(時事通信)


どうでしょうか皆さん、不肖・アベシンゾウ…この国の総理として、見事だと思いません?
僕チン、せっせと、おじいちゃんの夢を実現するため、改憲に総力あげるよ。
まあ、そのために僕チンのできることは、どんなあくどいことだってやっちゃうよ。
僕チンの夢を妨害する奴は、排除するよ。警察や司法、自衛隊だって使えるんだからね。
僕チンの名前は、アベ晋三…日本最凶の男、国民なんて、僕チンに降れ伏し、僕チンをあがめてたらいいんだよ。

さあ~  この国は、一体、どうなるんでしょうかねえ?
台風19号…皆さんは、何を思いますか?

DSCN2388.jpg 
DSCN2385.jpg 
▲ 我が家の池も、安倍政権には、かなり怒っていました




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2019/10/16 11:26 ] 政治の話 | TB(0) | CM(0)

台風19号よ、名台風になれ

2019/10/11(金)

【土木学会は死者8000人と試算】12日夕方に過去最大級が襲来 最凶台風東京直撃   ここが危ない 満潮になり大洪水の恐れ 心配なのは千葉で起きたような大規模停電。東京電力も不測の事態を想定している 【台風19号】大型で猛烈なまま北上 最大瞬間風速75メートル(日刊ゲンダイ)
・・・こんな怖い記事が流れています。これが冗談で済めばいいのですが…台風は15号で大きな被害を受けた関東を直撃しそうです。
関東の皆さん。早めの対策と非難をした方がいいかもしれませんねえ。
台風銀座の土佐から、こんな心配をしています。

我が家の池(太平洋)の現在写真

我が家では、もう数日前から、ドドド、ドドド…と波が岩肌を打つ音が24時間響き渡っています。「嵐の前の静けさ」なんて、嵐を知らない奴が言ってるのではないか?
そんな気もしますが、まあホントは、そんな嵐もあります。(笑)いわゆる突風、春の嵐がそうですね。一番油断のならない嵐です。

さて台風到来前の我が家の池の状況を見てきました。

DSCN2351.jpg 
▲ 少し沖合の波頭が崩れ、白いしぶきを巻きながら波が打ち寄せていました
DSCN2364.jpg 
▲ 4mほど波の高さ…サーフィンには持って来いの波だけどねえ
DSCN2365.jpg 
▲ 岩肌にぶつかった浪は、10mほど上まで、白い泡となって駆け上がります
DSCN2362.jpg 
▲ 波はこの高さを維持して、砂浜に当たり崩れていきます
DSCN2373.jpg 
▲ こんなうねりに巻き込まれたら命はありません
DSCN2369.jpg 
▲ 岩肌にぶつかりはじけ飛ぶ波しぶき

我が家の池は、台風が近づくといつもこんな風に荒れ狂い、全てを飲み込み浄化していきます。
天下の悪徳政治家たち…自公政権の主要メンバーたち…今度の台風が飲み込んで、永田町周辺を一気に浄化してくれたら、歴史に残る名台風と呼ばれるだろうになあ・・・




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒
[ 2019/10/11 16:07 ] 政治の話 | TB(0) | CM(1)

消費税10%増税…国民はそれでいいの?

2019/09/27(金)
先日から「守ろう憲法9条」の立て看板づくりで、垂木やベニヤ板を切断したり、ペンキ塗りなど、下ごしらえで忙しいのだが、途中で雨が降ったり、他の用事が入ったりで、なかなか思うように進展しない。(笑)

25日には、山手のNさんのSOSが入り、家の庭に敷くという枕木10本引き取りの手伝いに出かけてきました。中村駅に不要の枕木が、100本ほど並んでいた。
その中から、程度の良いのを選んで、軽トラ君に積み込むのだが、1本50kgという枕木の重いこと…Nさんと2人でヘロヘロになりながら積み込んだ。
これで終わりじゃない…その後Nさん宅まで運び庭に下ろすころには、汗びっしょりのヘロヘロ~

若い頃なら、こんなもの1人で積み下ろしして、ケロッとしていたはず…そう思うと、自分の年齢を思い知らされました。

まあ、そんな悲哀を感じながら、その日はご苦労さん会で一杯…一泊して帰りました。

あと数日で消費税増税、野党は反対で統一できないのか?
れいわの山本太郎が、消費税5%に戻せと訴え、共産党が手を組もうと話が進んでいるが、肝心の野党第1党、第2党が頼りないことよ。
これに社民党も加わるだろうが、立憲&国民…肝心の2党、これにどう応えられるのか?
野党統一戦線できるかどうかの試金石となりそうですねえ。

雑誌「リテラ」にこんな記事が載っていました。(かなり省略しています)

安倍政権が消費増税対策で「宣伝費に74億円」の本末転倒! 広告効果ゼロの“ゆるキャラ”まで制作していた
https://lite-ra.com/2019/09/post-4988.html


SN00045.png 

101日からいよいよ消費税の10%への増税が実施される。貧富の格差がどんどん激しくなっている中で、逆進性の高い消費増税を導入することは庶民の生活をさらに圧迫するのはもちろん、経済状況を取り返しがつかないくらい悪化させることが、専門家の間でも指摘されている。

安倍政権は今回の消費増税にかこつけ、なんと消費税対策の「広報・宣伝」に74億円もの巨額の税金を投入、その中には、なんの宣伝効果もないゆるキャラ制作代まで含まれていたというのだ。

 安倍政権は「社会保障の充実」を名目に10%への引き上げを行うのだが、実は約5.6兆の税収増見込みのうち社会保障の充実にあてられるのは約1.1兆円。その一方で、2兆円を超える金を増税による消費落ち込みを防ぐ「景気対策」としてバラマくことになっている。具体的には、最大2.5万円分の商品券を2万円で購入できると謳う「プレミアム付商品券」制度や、クレジットカードなどキャッシュレスでの買い物の際、特定の条件において最大5%のポイントを還元する制度(以下、ポイント還元制度)などが実施される。

 消費増税のお題目である「社会保障の充実」に充てる金よりも「景気対策」でバラまく金が倍近く多いということ自体、信じられないが、さらに、この「プレミアム付商品券」制度と「ポイント還元制度」のための宣伝・広報費として、74億円の予算がつけられているというのだ。


■プレミアム商品券の広報・宣伝に14億円、ゆるキャラ制作の内閣府を直撃

 内閣府担当者によれば、プレミアム商品券の広告宣伝は、公募で決定した事業者に包括委託したものだという。つまり広告代理店への外注だ。実際、官報などによると「プレミアム付商品券事業に係るクロスメディア広報業務」との名称で公募が行われ、今年の419日に大手の博報堂が落札していた。

 安倍政権はプレミアム付商品券事業に1723億円の予算(2019年度)を計上しているが、少なくともそのうち14億円は広告代理店の懐に入ってしまうということらしい。

 しかも、その巨額の税金をつぎ込んだ宣伝は効果を発揮しているのか。
“確にゃん”を発表してからすでに数カ月が経ったが、このキャラクターのことを知っている国民はほとんどいないだろう。

■ポイント還元制度の広告費は60億円!経産省は本サイトの追及に取材拒否

 こうした広報・宣伝費の巨額無駄遣いは経産省が担当する「ポイント還元制度」でも同様だ。こちらはなんと、宣伝広告費として60億円余りが注ぎ込まれるのだという。

 本サイトは、経産省へも電話で数回にわたって取材を申し込んだが、同省キャッシュレス推進室は担当者の不在や多忙を理由に取材に応じなかった。

〈一般的な「広報宣伝費」であるポスター・チラシの配布、WEBや新聞、テレビを通じた広報、説明会の開催等にかかる予算としては、消費者向け、中小・小規模事業者向け合わせて、60億円強を計上しています。〉
 世耕大臣は自慢げに語っているが、ポスター・チラシの配布に、広告、説明会の開催で60億円なんてどうかしているとしか思えない。

 いずれにしても、事実関係ははっきりしたはずだ。内閣府14億円+経産省60億円。社会保障の充実を謳って消費税を増税しながら、安倍政権は本当に計74億円もの金を宣伝費に使っているのだ。

 この事実を知ると、安倍政権はもしかしたら、社会保障の充実どころか、景気維持すらまともに考えていないのではないか。そんな気さえしてくる。

実際、74億円を使って宣伝するプレミアム付き商品券もポイント還元制度も、その制度自体に様々な問題点が指摘されている。


■ポイント還元制度で国民の還元されるのは2798億円のうち1600億円

 ポイント還元についてはさらに問題が山積している。これは、クレジットカードや電子マネーを使って「中小店舗」で買い物をしたとき、最大5%分のポイントがつくというものだ。期間は引き上げ時から9カ月。そもそも制度自体が複雑であるというのはもちろん、キャッシュレス決済でのポイント還元は当然、高い買い物のほうが得られるポイントが多くなる。低所得者はカードの上限額が低かったり、そもそもそんな高額の買い物をする余裕などない。消費税は逆進性があり、増税の負担は低所得者ほど重いのだが、ポイント還元制度も同じように「金持ち優遇」なのである。これでは、景気対策につながるわけがない。

 要するに、安倍政権が景気対策として打ち出した制度は、いずれも金がかかるだけで、ほとんど効果が望めないものばかりなのだ。しかも、これまで指摘してきたように、予算の全額が景気対策に使われるわけでもなく、かなりの金額が広告代店を儲けさせるだけの宣伝・広報費に投入される。いや、広告費だけではない。ポイント還元制度では、2019年度予算2798億円のうち国民に還元されるのは1600億円程度で、残りは経産省などが経費として使う予定なのだ。この異常な予算配分に、政府内からは、首相に近い経産省が自分たちの利権拡大のためにポイント還元制度を強行したのではないかという声まで聞こえてきている。

 何度でも言うが、本来、消費税率引き上げによる税収は「すべて社会保障の充実に使う」はずだった。だからこそ、国民は生活がさらに苦しくなるのを我慢して、渋々消費増税を認めたのだ。にもかかわらず、安倍政権は、その貴重な血税を無駄遣いし、特定の省庁の利権拡大や企業を儲けさせるために使おうとしているのだ。

 本当にこんなことを許していいのか。ここで怒らなければ、国民は安倍政権の奴隷かのように舐められ続けることになるだろう。

**** さて、国民の皆様は、いかがお考えでしょうか?…他人事ではない、あなたの問題ですよ。

 
そして 進次郎 語録

「気候変動のような大きな問題に取り組むには楽しく、カッコ良く、セクシーであるべきだ」

…これに山本太郎が噛みつきました。
「クールに、楽しく、セクシーに汚染水ばら撒かれても困るんですよ」

…そしてこんなコメントが
背中に電流が走りました。この人の話、本当に説得力がありますね。

大学院卒業の小泉進次郎さんと、中卒の山本太郎さん。なのに、これだけの知的格差。学歴って無意味ですね

「セクシー発言」の直前、進次郎氏は「政治にはたくさん問題があって、時に退屈だ」と何げなく語っている。「退屈」だと思うなら、政治家だってさっさと辞めた方が“セクシー”じゃないか。



我が家のちょっと昔の写真

102680_20190927113428215.jpg 
DSC00045_20190927113428aa8.jpg 102672_20190927113412337.jpg 
▲ カラスウリの花…見ただけでは分からないと思いますが、この花、30~40㎝ほどに広がる、ちょうどレースのような感じの花です。
これよりかなり小さな キカラスウリの花は、今でも近くで咲いていますが、このカラスウリの花は、近所ではもう見られなくなりました。

DSC04873.jpg 
 DSC04622.jpg DSC04859.jpg 
▲ これも最近見られなくなったキジ
私が2005年に、現在の我が家を建てたころ、庭には、キジや猿、キツネにタヌキ、ウサギなど、様々な鳥や獣が遊びに来ていましたが、ここ5年程前から、どんどん種類が減り、最近では偶に、タヌキや猪、ハクビシンを見かける程度になってしまいました。
寂しい話です。

そればかりか、最近は四万十川河口の魚たちも、ほとんど釣れなくなってしまいました。
50㎝オーバーの銀色のチヌや、それを狙う大きなアカメの姿もあまり見かけなくなりましたねえ。

地球温暖化が問題となっていますが、海温上昇が魚の減少の最大の原因だろうと、私は思っています。炭酸ガスだけではなく、原発の出す大きな川の流れのような温水の排出…これにも、皆さん、ぜひとも目を向けていただきたい。

鳥や獣や虫たちの住めない地球…そんな地球に人間だけが住み続けられますか?




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2019/09/27 12:50 ] 政治の話 | TB(0) | CM(0)

亡国の内閣 & アゲハ蝶

2019/09/16(月)
発足直後から次々と疑惑…ボロボロのアベ内閣
金子勝さんのツイッターを紹介。
【底なし腐る】加計学園お抱え文科相(萩生田光一)、赤坂自民亭の経済再生相(西村康稔)、テレビ免許停止の総務相(高市早苗)、統計改ざんの厚労相(加藤勝信)、おまけに答弁できない地方創生相(北村清吾)。まだまだ出てくる。国家公安委員長である武田良太議員が元山口系組合員から献金、竹本科学技術担当相が暴力団幹部と記念写真。…注…()内は筆者の補填。

今回の内閣改造…あげつらえば限が無いほど、問題の大臣たちばかり…韓国で法相に就任したお方は、玉ねぎ男と批判されていたが、アベ内閣を評して…腐れタマネギゴロゴロ内閣…と言う人がいた。言いえて妙だ。
今度の安倍内閣、関東の被害そっちのけで、庶民の救済よりも内閣人事にうつつを抜かす…まことに、9条改憲一筋、亡国の道一筋の内閣であります。

そして進次郎の正体
その中で、唯一異色の男が登場…婦人に人気の、今話題の男…小泉進次郎だ。
批判を和らげようと起用したのだろうが、小泉進次郎、どうにも性根の座らないお坊ちゃん議員(4世議員)である。
親の七光り、何の実績もないくせに、アベを批判して票を稼ぐかと思えば、あっさりと入閣OK。
まあ、それもそうだよねえ。この男、定見が無いのだ。
カッコいいこと言うが、年金支給を遅らせる法案を求めたり、毎年靖国にも参拝しており、9条改憲を当然視しています。
この男、何よりも、議員になる前の仕事が問題だ。
米陸海軍直系のシンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)の研究員だったのだ。
いわゆる米軍のひも付き…いざとなったら国を売りかねない…皆さん、ご用心あれ…。

危険な本性見せた安倍政権 萩生田文科相という挑戦人事(記事引用)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/261855

4GYhnz7u.jpg 

自分の最側近として文科省に圧力をかけた疑惑の人物を、あろうことか文科相に就けるとは、安倍の神経は完全にイカれている。
「あえてこのポストに就けたのは、安倍首相の勝手な加計疑惑終結宣言です」と指摘するのは、元文科官僚で京都造形芸術大客員教授の寺脇研氏だ。こう続ける。
「就任会見で萩生田氏は『私の名前を使って省内の調整を図った人たちがいたのだろう、と当時の(文科)副大臣たちから報告を受けた』と新たに説明しましたが、当時の文科省内に萩生田氏の名を借りてまで、加計学園の獣医学部創設を推進したがった人はいません。むしろ、担当局長以下は全員、行政がゆがめられると感じていた、と当時の次官だった前川喜平氏が証言しています。文科省に責任をなすりつけるヒドイ言い訳です」
 輪をかけて大きな問題は萩生田の歴史認識だ。この点をメディアはちっとも伝えない。前川氏は10日、自身のツイッターに〈彼の議員会館の事務職(所=原文ママ)には、教育勅語の大きな掛軸が掛けてあった〉と投稿したが、萩生田は戦前回帰を目指す「日本会議」を支援する「日本会議国会議員懇談会」の中心メンバーで、とりわけ関わりが濃い。
 教育勅語を事務所に飾るような、ゆがんだ歴史観に基づき、安倍と一心同体となって歴史教科書を“自虐史観”とあざけり、血道を上げて歴史教育をネジ曲げてきた歴史修正主義者――。
 それがメディアの伝えない萩生田の本性である。



私の好きなアゲハ蝶
我が家の庭は、毎年たくさんのアゲハがやってくる。
毎年、最初と最後にやってくるのは決まっている。ワタリチョウの「アサギマダラ」である。
この蝶がやってくると春が始まり、そして冬が来る。
都会に住んでた頃には、ついぞお目にかかったことも無く、全く知らなかった蝶なのだ。
田舎に住んで、初めてその存在を知ることが出来ました。

一口にアゲハと言っても、その種類は多く、とても紹介しきれない。
今回は、その中で特に私の好きなアゲハを紹介しましょう。

102198.jpg 
▲ ミヤマカラスアゲハ
102197.jpg 
102218.jpg 
▲ いや~ この世に、こんなきれいな蝶が存在するなんて…写真見てもきれいだが、実物の神秘的な羽の色…青く輝く羽の色は、何だか深く深く心が吸い込まれていくほどの感動を覚えます。
チャンスに恵まれず、この蝶を撮影するのに、かなり苦労しました。(笑)

IMGP4251.jpg 
▲ アオスジアゲハ…この蝶もきれいです。
でもこの蝶は、なかなかにすばしっこくて、木や草に止まろうとしないのだ。
追いかけて追いかけて、やっと水飲み場に止まった所を撮影できました。

IMGP4277.jpg 
IMGP5803.jpg 
▲ シジミチョウ…ピンボケだけど貴重な1枚です。大きさ1cmほどの小さな蝶です。

暗く濁った日本の政治、ご同様の世界の政治…この蝶たちのように、きれいな政治を貴方も求めてみませんか?
たかが、蝶の写真1枚撮るにも、かなりの苦労と辛抱が要ります。
まして、政治の変革、社会の変革…並大抵ではないでしょう。
しかし、求めなければ、きれいな社会は手に入りません。
「求めよ、さらば与えられん」…ご一緒に少し頑張ってみませんか?




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2019/09/16 06:00 ] 政治の話 | TB(0) | CM(0)

プーチンに虚仮にされたアベ晋三 & 珍しい虫たち

2019/09/10(火)
アベシンゾウ…ここまでくると、馬鹿を通り越してもう道化師だねえ。
27回もプーチンと会い、精一杯の愛嬌を振りまき、金をばらまき、哀れなほどに尻尾を振って尽してきたのに、
「第2次世界大戦の結果、スターリンがすべてを手に入れた。議論は終わりだ」…その一言で切り捨てられた。…アベを支持し続けた諸君、君らはこれをどうする??


衆参397人の誰一人プーチンに反論できない情けない自民党議員!
https://85280384.at.webry.info/201909/article_91.html
20190909日 半歩前へ


 安倍晋三は5日の日ロ会談で北方領土を含め両国は未来志向で作業を進めることを確認したと強調した。
 そして安倍は恥かし気もなくこんなことまで言った。

 「ウラジーミル、キミと僕は、同じ未来を見ている。行きましょう。ゴールまで、ウラジーミル、2人の力で、駆けて、駆け、駆け抜けようではありませんか」

 その翌日の6日、プーチンはウラジオストクで市民との交流会で「第2次世界大戦の結果、スターリンがすべてを手に入れた。議論は終わりだ」と応えた。

 一体国会議員は何人いるのか?  衆院が284人と参院が113人。合わせて397人だ。
 これだけいて、プーチンに誰一人反論できない自民党。だらしがないことこの上ない。
 議員バッジを付けていて恥ずかしくないのか?貴様たちは採決の際の単なるロボットなのか?
 あまりに情けなさ過ぎる。お前らはそれで日本人か?

 麻生太郎、官房長官の菅義偉、自民党幹事長の二階俊博、石破茂、小泉進次郎、どうなんだ?

----------------------------------------------------------------------------------

 領土問題を抱える相手国のトップを「君」と親しみを込めて呼び、すがるような目をしながら「同じ未来を見ている」「2人の力で駆け抜けよう」と呼び掛ける。ほとんど“青年の主張”のような演説で、領土返還を迫る“迫力”はどこにもなかった。

 笑いをこらえたかのように見えたプーチン大統領には、北方領土の返還が絶望的となった安倍首相が「空想の世界」に逃げた――と見えたのではないか。

 そもそも、プーチンが日本との前提条件なしの平和条約締結を呼びかけたのは、ちょうど1年前のこの会議だった。プーチンの挑発的な発言を真に受けた安倍首相は、歴代政権が積み上げてきた「4島の帰属問題を解決」という従来の日本政府の方針を勝手に転換して「2島返還」に舵を切り、3000億円もの経済協力まで約束した。ところが、結局、日ロ交渉は1ミリも進展しなかった。


プーチン発言に反論したのは自民党でなく志位和夫だった!
https://85280384.at.webry.info/201909/article_92.html
20190909日 半歩前へ


 自民党には衆参合わせて397人もの国会議員がいる。ところが北方領土についてのプーチン発言について誰一人として反論しなかった。典型的な内弁慶ばかり。情けない自民党議員!

 プーチンは6日のウラジオストクで市民との交流会で「第2次世界大戦の結果、スターリンがすべてを手に入れた。議論は終わりだ」と応えた。

 これに対し日本共産党の委員長、志位和夫が即座にツイートした。

 相手がこう居直っている以上、スターリンが千島を奪う「根拠」とした「ヤルタ協定」が、「領土不拡大」という戦後処理の大原則に背くものだったことを正面から批判し、是正を求める立場に立たねば一歩も進まない。「ウラジーミル」といくら叫んでも無駄だ。

----------------------------------------------------------------------------------

珍しい虫たち

前号で、人面蜘蛛の写真を探していたら、これまでに撮った珍しい虫たちの写真が出てきた。
ついでだから紹介したい。
何よりも、バカバカしいアベ政権や自民党議員たちの顔を見ているよりは、こちらの虫たちの方が、心が癒されるわ。(笑)

103193.jpg 
▲ シロヒトリ…本当にこれ、可愛い顔してるんだよね。
103195.jpg 
118668sukebahagoromo.jpg 
▲ スケバハゴロモ…何だ?これ?…金魚の尻尾みたいな虫には驚いた。
118671sukebahagoromo.jpg 
IMGP2479KUROMEUGATASUZUME.jpg 
▲ クロメンガタスズメ…蛾の仲間、実に面白いのが多いんだよ。
IMGP1610.jpg 
▲ アケビコノハ幼虫…サナギになる前の幼虫…目玉みたいな模様、凄いだろ。
IMGP0332.jpg 
▲ ??蛾のサナギ
体の側面にある点々は、金色に光っていました。未だに何という蛾のサナギなのか分からない。
【追記】⇒タテハチョウの仲間ツマグロヒョウモンでした。

アベシンゾウ…国会審議から逃げ回っていないで、審議に応じろ

いい加減、年貢の納め時だぜ。(怒)




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2019/09/10 06:00 ] 政治の話 | TB(0) | CM(1)

日韓の衝突と猪君の襲来

2019/08/23(金)
日韓の政治的衝突について

日韓の政治衝突は、ついに韓国による「GSOMIA」の破棄という、安全保障問題にまで及ぶことになってしまった。
日本政府とネトウヨどもは、これを契機にさらに嫌韓を煽り、本来、外交衝突を国民に対し、鎮静化させる役割を持つべきメディアが、これに追随、更に嫌韓を煽るという、最悪のモードに入っている。

本来、憲法9条を持つ日本が、アジア近隣諸国の友好推進の舵取り役を務めねばならないのに、逆にアジアの戦争危機を推進するアベ政権とは、ホントに、どうしょうもない、腐れ政権です。

今回の事態の元々の原因は、慰安婦問題と徴用工問題にあります。
そのことについて、金子勝氏が投稿しているので、掲載します。

産業を根こそぎ破壊 韓国叩きの本質は経産省の亡国政策だ 金子勝の「天下の逆襲」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/260548
2019/08/21
 日刊ゲンダイ


 安倍政権とネトウヨが韓国叩きに夢中になっているが、問題の本質はこの国の産業を根こそぎ壊そうとする経産省の亡国政策にある。原子力ムラのボスの今井尚哉首相秘書官は原発セールス外交でことごとく失敗。加計問題をめぐる渦中の人物の柳瀬唯夫元首相秘書官は原発ルネサンス路線を敷き、東芝だけでなく日立製作所や三菱重工も危うい状況に追い込んだ。

 そして、首相側近の世耕経産相が元徴用工問題を理由に対韓輸出規制に走った。そもそも、元徴用工訴訟は日本企業に対する民事訴訟。それゆえ、韓国政府は国家賠償とは切り離した立場を取っている。現に、中国で三菱マテリアルは和解した。前例に従い、日韓も政治が介入せずに粘り強く着地点を模索するのが最善策だったにもかかわらず、安倍政権は通商問題と実質に絡めた。

 安倍首相はそれがWTOルール違反になりかねないと分かると、「安全保障上の輸出管理だ」と論点をすり替え、二枚舌を使い出した。やっていることは、サムスンなど韓国半導体メーカーへの嫌がらせ。希少性の高い高純度のフッ化水素をウランやサリン製造に使うわけがないし、EUVレジストやフッ化ポリイミドを軍用機やレーダーに回すこともあり得ない。証拠を示さずに規制対象をなし崩しに広げ、「ホワイト国」外しに動く。何もかもがデタラメなのだ。

 しかも、この流れは日本の半導体素材メーカーの努力を無に帰す。JSR、東京応化工業、森田化学工業、三菱ケミカル、富士フイルムなどはサムスンやSKと水平分業を展開し、顧客を維持してきた。韓国企業は当面は困難に陥るが、1年や2年もすれば代替メーカーを確保するだろう。

 経産省は半導体素材だけでなく、液晶やディスプレーもぶっ壊している。官民ファンドのINCJ(旧産業革新機構)を通じて3500億円も出資したJDI(ジャパンディスプレイ)は債務超過。JDI主力の白山工場はスマホ向け液晶パネルが振るわずに追加損失を計上し、2019年4~6月期は連結純損益で833億円の赤字だ。次世代の有機ELパネルを手がける子会社JOLEDをINCJが引き受け、性懲りもなく奉加帳を回そうという魂胆である。血税はドブに捨てられ、台湾や香港企業に足元を見られ買い叩かれる始末だ。

 対韓輸出規制もディスプレー企業潰しも、経産省の失策こそが本質だ。このままでは、この国のあらゆる産業は破壊されてしまう。日本が早晩立ちいかなくなるのは明白だ。メディアはそうした事実に目をつむり、口をつぐむ。安倍政権と一緒になって韓国に拳を振り上げている場合ではない。

*******************************************
この問題の本質は、元々、日本が韓国併合、満州国設立など、不当な外国侵略に端を発していることを、日本国民は、よくよくわきまえる必要がある…と私は思います。
その上で、平和的に友好的な対話と交渉を進めていく事こそ、最も大事なことです。

我が家に猪くん襲来

先日はついつい油断して、スズメバチに大きな巣を作られ、蜂との悲惨な戦い?の報告をしたばかりですが、今度は、猪君にやられてしまいました。

DSCN1964.jpg 
▲ 我が家の入り口は、市道から100mほど地道が続いています。
その道路が、写真のように、あちらこちらと、猪君に掘り返されてしまいました。
幸い、今回は道路が通れなくなる…までの被害は出ませんでしたが、過去2,3回、道路が壊され、車が通れなくなることもありました。
まあ、その後に、道の端を石垣とセメントで固めるなどの補修をしたため、最近では、道路が半壊する迄の被害は出ていません。

DSCN2015.jpg 
▲道路の被害は大したことはなく済みましたが、私が大事に育てていた「里芋」が全滅してしまいました。トホホホ。。。。。




DSCN2016.jpg DSCN2017.jpg 
▲ 掘り返された里芋の葉陰に赤ガニ…         ▲横に植えた菊芋は踏み荒らされ、大変…
その後、我が家の入り口には、再び網が張られ、車も獣も夜間は通行禁止としています。

DSCN2021.jpg DSCN2023.jpg 
▲手作りの我が家も、もう住んで13年に…    ▲家の横には、これも手作りの鹿の親子が…

DSCN1969.jpg DSCN1975.jpg 
DSCN1974.jpg DSCN1981.jpg 
▲庭には、また色々な花たちが咲いています。
おいおいと紹介いたします。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2019/08/23 18:26 ] 政治の話 | TB(0) | CM(1)

選挙区は野党共同、比例区は共産党へ② 月下美人が咲いた

2019/07/12(金)
選挙も中盤…大手マスコミは、選挙が始まると同時に、『自民党優勢』と権力に尻尾を振り、世論誘導を図っている。国民の主権の行使である投票を権力に有利に誘導する、卑怯極まりない策動である。
しかし、市民連合と野党共闘の力を侮ってもらっては困る。32の一人区勝利を目指し、野党統一候補が、ぐんぐんと追い上げ、おごり高ぶる、卑怯卑劣な与党勢力に痛打を与えるべく、ここ高知・徳島選挙区でも野党統一候補が頑張っています。

松本けんじ候補の活動を伝える本人のブログを紹介します。選挙のご参考に…。
マツケンブログ…暮らしは良くなる  あなたの声で


安倍総理と言えば、平成天皇の退位式での、とんでも発言に右翼の「一水会」が、怒りの声をあげていましたが、今度は「総理に決定的に欠けてる視点」について、ツイートしています。
今や、安倍総理のお仲間だと思われていた右翼さへも、安倍総理の敵に回ったようです。

「総理に決定的に欠けてる視点は…」のツイートに納得❕
      室井佑月の「嗚呼、おっしゃってますが。」
2019/07/12  日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/258097   

「(前略)総理に決定的に欠けてる視点は、貧困に喘ぐ二千万の非正規労働者も、ブラック企業で苦しむ正社員も、そして政権を厳しく批判する左翼もまた、救済の対象である国民であるということだ。」(一水会)

 
   これは7月7日の一水会のTwitterの言葉。一水会といえば右の思想団体。どちらかというと左寄りかもと思っていたあたしにも(安倍政権の批判をしていたらそういわれるようになった)、うなずけるツイートが多い。

 その前日のTwitterにはこうあった。

「(前略)勤労者が真面目に働いても生活が楽にならないのであれば、その責任は勤労者にあるのでなく政治にあるということだ。元凶は新自由主義的政策であり『小泉・竹中構造改革』である。今こそその誤りを正し、国民の冷え切った財布を温めるべきだ。消費税の使い道は、本当は何なんだ。」

 おっしゃる通り!

 なんだかもっと知りたくなり調べてみた。脱原発主義なんだって。それにさ、「韓国を嫌って日本だけを愛するというのは本当の愛国心とは言えない。そんな愛国心は嘘」と主張していた。「日本人の品位を貶める」だろって。元代表と現代表が排外主義・レイシズム反対集会に参加もしたそうな。

 あたしがなにをいいたいかというと、右とか左とかあたしら主権者には関係ない、って話。安倍政権になってから、どうもそういった分断を起こそうとしておる。あたしもついうっかり乗りそうになったしな。

 大事なのはこっち。消費増税の意識調査で「前回増税時と比べて負担を感じる」と答えた人は全体の71%と出た。なのに、みんなは増税でいいんかい?

 そういえば、自民党の山田参議院議員が6日のTwitterに、「『助けない、教えない、関わらない』の『非韓三原則』を支持します。」と書いていた。それが外交努力を尽くさねばならない議員の言葉か? 救えないバカ。 

********************************************
どうでしょうか? 国民の皆様…。
国民主権の行使である、選挙の投票…その1票の価値は大きいですよ。
どうか、この国の行く先を、よくよく考えて、主権の行使をお願いいたします。
くれぐれも、棄権だけはしないように…

願わくば  「地方区は野党共同へ」「比例区は共産党」…まともな政治を取り戻しましょう。

******************************************
今夜、今季2回目の月下美人の開花がありました。
撮りたての写真、お届け致します。

DSC_2625.jpg 
DSC_2632.jpg DSC_2621.jpg 
▲ 夜目にも艶やかな月下美人の花…一斉に14輪が花開きました。
出来るならば、参院選で野党統一候補の勝利を祝って咲いてほしかったなあ…なんてね。
この花、毎年何回も開花を見ていますが、いつ見ても優美です。感動ものです。(笑)

DSC_2614.jpg  
DSC_2617.jpg DSC_2609.jpg 
▲ 庭には、野生の鬼百合も咲いています         ▲ カサブランカも咲いたが、今年が最後かな?





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党6党と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2019/07/12 22:43 ] 政治の話 | TB(0) | CM(2)