FC2ブログ
債務整理太陽光発電

四万十の1月

2020/01/12(日)
毎年1月は、師走と並んで、何とも慌ただしく過ぎていきます。
私にとって、1月は大阪で可愛い孫ちんたちと遊び、元気と力を充電する月として大切にしていますが、私が現在「生きがい」にしている、「9条の会」の総会がある月です。
今年の総会では、議案の討議と共に、映画『ザ・思いやり』を観賞…学習する予定です。

1月と言えば、ここ四万十市で忘れてはならないのが、地元の偉人・幸徳秋水の墓前祭です。
幸徳秋水と言えば、全国にもご存知の方も多いと思いますが、1911年(韓国併合の翌年)、天皇主権国家の謀略により、1月18日、でっち上げの大逆罪により24名が死刑判決を受け、翌日、クソ天皇の恩赦とやらで、12名が無期刑に、そして判決からわずか6日後の1月24日、早朝、事件の首魁とされた幸徳秋水を始め、12名が死刑となりました。

今のアベ政権による、政治の私物化、独裁政治の行きつく先が、幸徳秋水等の冤罪事件と結びつく、そんな思いがするのです。
今日の高知新聞に、幸徳秋水に関する記事が掲載されていましたので、以下に引用します。

シャンパンの味
   間もなく巡りくる1月18日は109年前、幡多出身の幸徳秋水ら24人が「大逆事件」で死刑判決を受けた日だ。彼が首謀し天皇暗殺を集団で企てたとされた同事件は、実際は時の権力者たちが目障りな社会主義者、無政府主義者を一掃しようとでっち上げたものだった。
   裁判は開廷直後に非公開となり、1人の証人調べもせず1ヶ月で大量の死刑判決を出した。幸徳は「検事の調べを十数回受けたが、調書はことごとく私の申し立てと違っている。検事が「こうであろう」と言った言葉が、私の申し立てとして記されている。多数の被告も皆同様だったろう。実に危険ではないか」と陳述したが、裁判官たちは取り合わなかった。
   判決後、裁判官は大審院長の部屋に集まりシャンパンで乾杯、書記給仕に茶菓子を振る舞ったという。検察を指揮した平沼騏一郎は10年後に大審院長、やがて首相になり、第2次世界大戦のA級戦犯となった。
   無実で殺される側はたまったものではない。処刑された内山愚堂の棺に妻はしがみつき号泣。棺を開けることすら禁じられた弟は火葬場でたまらず「兄に違いないか一目見たい。誰が止めても俺は見る」と叫んだ。大金槌とノミで棺をこじ開け、兄を無言で見つめ「ああ、兄だ。得心しました」と語ったという。遺族や特赦された人もその後は過酷だった。生き残った幡多の坂本清馬氏の再審請求特別抗告を最高裁は1967年に棄却。司法機関としての検証、謝罪は全くないままだ。
   逃亡したゴーン被告について森雅子法相が「司法の場で正々堂々と無罪を証明すべき」と発言。ゴーン被告側から「有罪の証明をするのは被告ではなく検察だ。あなたの国はこの原則を無視しており、間違えたことは容易に理解できる」と皮肉られた。残念ながら100年以上そうだと、ゴーン被告の振る舞いを苦く感じつつ、思ってしまう。

高知新聞もねえ、時には大マスコミと同じく権力者の立場の報道をすることもあるのだが、また時には、市民的立場で、こんな記事も書いてくれるのだ。(笑)

政教分離をうたう現憲法下で、オカルト宗教と右翼会議に、ほぼ全員が加盟し、パワハラ、セクハラ、カネハラに満ち、そして反社勢力と仲よしの「ほぼ犯罪者集団」と化しているアベ政権。
1日も早く、この政権を葬らないと、再び、あなたや私が、幸徳秋水の二の舞になる日が来るのではなかろうか?

DSCN3227.jpg 
▲ 毎日、庭にやってくるジョウビタキ
DSCN2303.jpg 
▲ 宿毛湾には、寒さにも負けず、ウミウの群れが




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒
スポンサーサイト



[ 2020/01/12 20:04 ] 幸徳秋水 | TB(0) | CM(2)

本年もよろしく

2020/01/05(日)
年末には例年通り、大阪の我が家に帰り、息子ゃ娘、孫たちと楽しい正月を過ごしてきました。
四万十市へ移住してからも、正月や旅の途中、その他孫たちのSOSが発信された時には、大阪へ立ち戻ったりしています。

大阪の家はあまり広くも無いので、子供たちや孫たちを合わせ14人が集まると、もう大変。
いたずら盛りの孫たちは、従弟たちに会うのが楽しいらしく、家を揺らしながら、走り回り、騒ぎまわっていました。

我が家のすぐ近くには、湿地帯が広がり、以前はいつも浸水被害に悩まされていましたが、1970年代に誕生した「黒田革新府政」が、水害対策として実施した治水緑地(1978年に都市計画決定、1981年に開設)が、効果を発揮し「浸水の町から親水の町へ」と劇的に変わりました。
その広さ、約
41ha…今は近隣住民の憩いの場として親しまれています。

暴れたい孫たちを、走りまわせる絶好の場所です。(笑)

DSCN3100.jpg
▲ 公園の水辺には、たくさんの水鳥たちが群れています

DSCN3106.jpg 
▲ 公園の水辺を飛翔する鳩

DSCN3128.jpg 
▲ コサギの姿も…白鳥もいたのだが亡くなってしまったらしい

 
DSCN3163.jpg 
DSCN3161.jpg 
▲ 公園には、いくつもの遊び場と遊具が並び、子供たちでにぎわいます

今年こそ、諸悪の根源…アベ政権を辞任へ追い込み、この子たちが、すくすくと育つ、平和で自由で豊かな未来を、築いてくれる『野党政権』を樹立させたいものと、念願しています。

DSCN3210.jpg
▲ 今年は4日に四万十へ帰ってきました。

四万十の我が家には、早速、ジョウビタキや写真のメジロなどが「お帰り…」と歓迎してくれてるようです。

まあ、そんなことで、今年もまた、よろしくお付き合いください。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2020/01/05 15:26 ] 小さな家族 | TB(0) | CM(0)

今年も終わりますねえ

2019/12/25(水)
別に、選挙に負けてがっくり来たわけでもなかったのだが、まあ、なんだかんだと雑用も多く、その内に~なんて、怠けている内に1ヶ月が過ぎてしまいました。
それにしても、今年の四万十市は選挙に開けて選挙に終わった1年でした。
4月の県議選、市議選、そして夏の参院選、やっと終わりかと思ったら県知事選…本当に慌ただしい1年でした。
まあ、選挙の結果は、とても残念な結果でしたが、それでも今後に希望の持てる結果でした。
今年1年世間を見て分かったことがあります。
それは、アベ政権の余りにも理不尽で、みじめで哀れな姿が国民の眼に赤裸々に示され、もう、アベ政権だけじゃない、自民党そのものが時代にそぐわない「腐れ政党」であり、この政権に代わり受け皿づくりが、この国をまともにする唯一の手立てだ…ということが分かったことです。

新聞や週刊誌には、こんな記事が踊りだしました。

 モリカケ疑惑から「桜を見る会」をめぐる公金私物化疑惑に至るまで、高級官僚や自民党幹部がバカボンの後始末に駆けずり回り、公文書や統計を隠蔽・改竄したり、招待者名簿を慌ててシュレッダーにかけたりしています。あまりに哀れで惨めな姿です。

こんな異常事態は憲政史上なかったことです。
 内政も外交も成果がほぼゼロというのも珍しい。外交は原発セールスがことごとく失敗。「ウラジーミル」と呼ぶロシアのプーチン大統領にはコケにされ、北方領土の2島返還に方針転換しても1ミリも動かない。北朝鮮問題では蚊帳の外に置かれ、拉致問題の進展もなし。Jアラートを鳴らしまくって政権浮揚に利用していたのが、米朝対話に局面転換した途端、韓国叩きに様変わり。

日米貿易協定の経緯もデタラメ。
 それにアベノミクスの失敗は目も当てられません。2年で2%上昇の物価目標は6年半経っても届かず、ついには達成時期も放棄。ひたすら国債と株を買い続け、出口のないネズミ講に陥っています。自動車以外の産業は次々に衰え、コンピューター、半導体、ディスプレー、バイオ医薬品、デジタル通信機器などあらゆる領域で競争力が衰えています。日本は今や経済大国ではなく、転落途上国と言われています。

 原発推進で東芝を経営危機に陥らせ、腐った官民ファンドで半導体とディスプレーがダメになり、クールジャパンは大赤字で、日産自動車は青息吐息。対韓輸出規制で化学産業はアウト。どうしようもない状態に落ち込んでいます。


「桜を見る会」底なしの様相  逃げても逃げてもボロボロ嘘がばれていく 次々出てくる新証言、新写真、新資料。小判、メロン、ウグイス。桜と続く火ダルマ国会の行方と、権力私物化、驕る政権が桂太郎超えという民主主義崩壊と国の劣化、社会の荒廃
今回は国家のブラックボックスに逃げ込めない インチキ1強政権が新記録という恥ずべき国 私物化の度合いはバカ殿レベル いまだ安倍内閣を支持する4割の有権者も、今度こそ政権の本質が分かっただろう。一刻も早く、引きずり降ろさなければ、国民愚弄がエスカレートするばかりである(日刊ゲンダイ) 

安倍政権の7年で、民主主義は崩壊、国は劣化、社会の荒廃は取り返しのつかないところまで進んでしまいました。 

そんなアベ政権、首相を筆頭に政権周辺では何でもあり。菅原一秀前経産相、河井克行前法相と河井案里参院議員は明らかに公選法違反を犯しており、議員辞職が当然なのに、国会を欠席して雲隠れ。給料やボーナスなど頂く物はしっかり頂いているそうです。

アベ側近の萩生田文科相は「身の丈」発言に続き、後援会が地元有権者向けにグラウンドゴルフ大会などの“赤字イベント”を毎年開催して公選法違反疑惑も浮上。アベ親衛隊の和泉洋人首相補佐官には公金不倫疑惑まで持ち上がる始末であります。
そして今度は、
秋元司元IR担当副大臣が収賄で逮捕されてしまいました。

まさに恐るべき底なしのアベ犯罪者政権です。
 
年明けに通常国会が始まれば、政権はあらゆる疑惑の説明を求められ、国会機能のマヒは必至であります。提灯持ちたちは「もっと大事な議論をすべきだ」とわめくが、内閣が犯罪者集団化したため、その声もむなしく響きます。内閣総辞職は必然だが、自民党はかつてのような自浄作用が働かない。自民党の歴史的使命は終わりました。国民に残されたものは、強力な野党を作ることしかありません。しっかりした野党の共同で、自公政権に代わる受け皿を何としても早く作りあげないと、皆さん、この国はもう、沈没してしまいます。

IMG_20191225_0002.jpg 
▲ そして、この写真は新聞をコピーしたものです。
写真は、四万十川の一番下流にある佐田の沈下橋で、ドローンにより撮影されたものです。
私もこれに映っています。さてどれでしょう?(笑)

以前から何度も企てられてきた、四万十川河原への「メガソーラー設置」、今年も再燃。今回は業者側が弁護士迄引き連れて、訴訟も辞さないと…推し進めてきましたが、地元農林漁業関係者や四万十川を愛する近隣の人たちが集まり、反対運動を進めてきました。
紆余曲折がありましたが、四万十市議会も1票差で反対請願を採択。
そして先日、市長が「四万十川条例」に従い「不許可にする」決定を下しました。

政治もねえ、川もねえ…一度汚染すると、再度きれいなものするのに、かなりの手間と月日がかかりますからねえ。そう簡単に汚してしまうと駄目ですよねえ。

DSCN3086.jpg 
▲ 橋の上から、私が撮った写真
左手の曲がり角が建設予定地だそうです。全くとんでもないことです。

IMG_9486.jpg 
▲ 今年最後の収穫…栽培用の大玉ムカゴ

IMG_9484.jpg 
▲ 何だか体にいいらしい…と栽培を始めました「菊芋」です。

何だか、まとまりありませんが、今年最後のブログ更新になります。
1年間、おつき合い下さり、誠にありがとうございました。
来年もまた、元気があれば投稿します。よろしくお付き合いください。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2019/12/25 18:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

高知知事選、最終盤へ…勝たせたいなあ、松本けんじ

2019/11/21(木)
いよいよ、全国注目の高知県知事選、最終盤へ差し掛かってきました。
今天下のへき地、高知県が全国の注目を集めているようです。
私は、この50数年、政治とは関わり続けてきましたが、今度の選挙程、ワクワクドキドキする選挙は初めてです。
昨日、松本けんじを支援する野党5党の県代表が、そろって『松本必勝の檄』を発表しました。

松本県政必ず誕生へ

5野党代表が連名で檄      24日投票の高知知事選



 24日投票の高知県知事選で、野党統一の松本けんじ候補の勝利をめざす選対本部長の広田一衆院議員と副本部長を務める立憲民主党、国民民主党、日本共産党、社民党、新社会党の5野党の県代表は20日、連名の檄(げき)を発表しました。

 檄は「残り4日、すべてのみなさんが燃えに燃え、奮い立ち、圧倒的な大宣伝と対話・支持拡大に総決起」するよう呼びかけ、「参院選を思い起こしてほしい。『あと2日あったら』『あと1週間あったら』というあの悔し涙は、もう流したくありません」と指摘。「全国注目のこの選挙、投票箱の蓋(ふた)が閉まるまでの猛奮闘で、松本知事を誕生させることをとおして、みんなが動けば『政治を、暮らしを変えることができる』という結果をつくりましょう。そして、政治を国民の手に取り戻す壮大な流れを、この高知からつくっていこう」と訴えています。(赤旗)

・・・まあ、何と言いますか、とりあえず下記のチラシをご覧ください。⇓

EJYuYN7UwAIpHDz.jpg 
EJUV8j9U0AApGFb.jpg 

この2枚のチラシ見ただけで、この選挙の凄さ、豪華さが分かるでしょう。
野党各党の党首や幹部クラスが、大都会ならぬ、この一地方の、とても交通の不便な人口も少ない、ひなびた都市の高知県に、入れ代わり立ち代わり応援に駆けつけてくれるのです。

革新だけではない、まず選対本部長からして保守の広田はじめ議員であり、これまた保守本流を自任する平野貞夫氏は、度々高知入りして街頭演説に立っています。
先日は、元建設大臣の中村喜四郎議員が支援に駆け付け、その激励の言葉が全国に広がり、保守票の掘り起こしに大いに役立っています。(発言内容は下記を参照してください)

高知知事選で野党共同を応援する中村喜四郎衆院議員(元建設大臣)の発言


女性議員も福島みずほ、池田まき、蓮舫、森ゆう子、吉良よし子、辻元清美等々、続々と来高。
ナント総勢40人60人を超すという。
そして今日21日は、志位委員長が再度高知に入り、枝野幸男立民党首と、高知市内で呼びかけを続けているそうな。

ホンマ、もう一度言うけど、こんなひなびた都市の選挙に、こんだけの国会議員が押し掛ける選挙というものは、一度も見たことがありません。

絶対に勝たせたいなあ…松本けんじ!!

IMG_9491.jpg  IMG_9535.jpg 
▲ 20日四万十市での松本陣営の街頭演説…地元の県議2人と、辰巳孝太郎元大阪選出議員が
街頭から訴え。辰巳元議員は、相手候補が大阪の副知事時代に、国保料の値上げで大阪経済に打撃を与えたこと。カジノの誘致や教師いじめなど、大阪府民のお役には、全く立っていなかったこと等を暴露。アベ政治の言いなりの官僚候補では、高知は絶対に良くなりません…と訴えていました。

DSCN3065.jpg 
▲ 20日は、小沢一郎氏も高知へ…宿毛市の
林譲治(吉田内閣で副総理、衆議院議長)の墓に詣で、四万十市では、地元の偉人・幸徳秋水之墓に詣でました。(小沢氏と平野氏)

DSCN3070.jpg 
▲ 秘密裏に集まった?幸徳秋水研究会のメンバーと記念撮影(笑)

とにかく野党共同の候補者・松本けんじ…人柄が抜群、声がいい、話もいい…女性ファンが大増殖中です。候補者としては相手候補を圧倒しています。
残る2日、大爆発で、自民と公明の組織力と業界締め付け…をぶち破り、追い付き、追い抜き、ぷっこぬけ…と、全力を挙げて応援致します。

皆さんのご支援、知人友人へ、松本支援をお願いいたします。
自民党の桜を見る会と違い、こちらは選挙勝利で、清々しい美酒に酔いたいものです。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2019/11/21 22:43 ] 政治の話 | TB(0) | CM(0)

安倍政権、いよいよ終わりか? 高知県知事選挙へ全国の支援を!!

2019/11/16(土)
やったねえ共産党田村智子議員がアベ総理のモラルハザードを追及すると、アベ一強におごる国会に、久方ぶりの激震が起こった。
アベシンゾウも他の大臣も、そして官僚も、うろうろタジタジ…あの見っともない様、皆さん見ました?
2人の大臣の連続辞任に次いで、萩生田の「身の丈」発言に揺れる政権与党。
その揺れる政権与党に、強烈な横波が襲い掛かった。「桜を見る会」…来年は中止するそうな…何とも早い逃げ足…しかし、この強烈な横波は、アベ政権の早逃げを許さない。
野党一丸となった追及に、自民党内部からも批判続出…もうアベ丸、顚覆の様相が見えてきた。


逃げても逃げてもバレる嘘 「桜を見る会」疑惑底なし 私物化の度合いはバカ殿レベル(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/19/senkyo267/msg/386.html

25529.jpg 


『「桜を見る会」底なしの様相』

逃げても逃げてもボロボロ嘘がばれていく
次々出てくる新証言、新写真、新資料。小判、メロン、ウグイス。桜と続く火ダルマ国会の行方
と、権力私物化、驕る政権が桂太郎超えという民主主義崩壊と国の劣化、社会の荒廃
「今回ばかりはお得意の“中止”で“疑惑にフタ”とはいかないゾ」

今回は国家のブラックボックスに逃げ込めない インチキ一強政権が新記録という恥ずべき国 
私物化の度合いはバカ殿レベル いまだ安倍内閣を支持する4割の有権者も、今度こそ政権の
本質が分かっただろう。一刻も早く、引きずり降ろさなければ、国民愚弄がエスカレートする
ばかりである(日刊ゲンダイ)

上智大教授の中野晃一氏(政治学)がこう言う。

「会費5000円では賄えないならば、不足分をどこが出したのか。後援会のツアーなのに、首相の政治団体の収支報告書に費用が計上されていない。これはアウトでしょう。政治の私物化という点では、モリカケ問題でも完全にアウトでしたが、あの時は官僚が公文書を改ざんするなど、資料や事実が国家のブラックボックスに入っていた。しかし、今回はSNSなど表に出ているもので嘘がバレた。安倍首相本人や昭恵夫人が夕食会で『皆さまようこそ』と挨拶し、850人もの後援会関係者を17台ものバスで新宿御苑に運んでいるのに、『知らなかった』では済まない。今回は国家のブラックボックスに逃げ込むことはできません」

「自分の国の首相がこんなレベルとは情けない。バカ殿ですよ」
安倍政権の7年で、民主主義は崩壊、国は劣化、社会の荒廃は取り返しのつかないところまで進んだ。



25531.jpg




そして高知県知事選も、今大変面白い戦いになっています。
日本の政治が動きそうです。山が動き出しました。
高知県知事選で野党共同候補が勝利すれば、安倍政権大ショック!!
アベ辞任にもつながる、大変な選挙戦になってきました。
全国の皆さん…高知県の知り合いに、ぜひとも声をかけて下さい。

下記に選挙戦の状況を確認できる動画を付記しておきます。ぜひ一度ご覧ください。

高知県知事選 松本けんじ候補の第一声
https://www.youtube.com/watch?v=Apwckkz6lMk

高知県知事選の情勢を探る - 松本けんじ陣営「浜田氏を猛追」 
https://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/df535102654fd7db0d4e5900da917c80





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO3000万署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2019/11/16 11:44 ] 政治の話 | TB(0) | CM(2)