FC2ブログ

いつの間にやら6月だねえ

2020/06/01(月)
皆さん、毎度のことですが、ご無沙汰いたしております。
5月は、もう少し、黒川検事長を巡る安倍の茶番劇の記事を挙げたいなあ…なんて思っていたのですが、私本人に、又も非常事態が起こりまして、結局はいつも通り、ブログの更新が出来ないままに6月を迎えてしまいました。(;^_^A アセアセ・・・

前回、コロナ騒動の最中、3月22日に発熱騒ぎとなり、調子が戻るまで1ヶ月もかかってしまいましたが、今回は、25日の晩にまたも発熱(嘘だろ…と思いました。ホント)、何だか体がだるいなあ、おしっこの時に痛みがあるなあ…その程度だったのが、見る見るうちに熱が上がり、38度、39度を超えていきました。おしっこも、唸るほどの痛みに…。

明らかに風邪の症状は無いし、もしかして…の想いで医者に電話すると、『そりゃ、前立腺炎です。悪寒がきつくて体がガタガタ震えるようなら病院来てください』…となんか嬉しそうにドクターに言われてしまいました。

私は、もう辛抱して、今回は自力で回復させるつもりでしたが、余りにも高熱が続き、3回ほど寝汗で布団を濡らしたりしたので、連れ合いさんが心細くなり、私に無断で医者に電話…30日土曜日に診察予約を取ってしまいました。

「こりゃ、勝手に決めるな」と抗議はしたものの、もうしゃあないわ…と土曜日に病院に行き、尿検査しましたが、こちらは不思議なほど、異常なし。抗生物質1週間分もらって帰ってきました。
病院の帰りは、ホームセンターで鉄パイプ類を買ってきました。
家に着くなり、せっせと家の入口にパイプを立てて(幅4m、高さ2m)下の方には、動物の侵入除けに網を張りました。何をするかというと、此処にバラの花を植えて、バラの生け垣にする予定です。(実は今まであった木の塀が腐ってきたので先日撤去しました。その後に風流な花の生垣…という発想なのです)(笑)

庭の花たちもいっぱいです
以前、無理やりに上げると言われ持ち帰り、庭の隅にぼろ雑巾のように置かれていた、サボテンたちが次々と花を咲かせ、俄然、目立ち始めました。
『鬼も18、番茶も出花』なんて言いますが、ホント、その通りですねえ。

DSC_2710.jpg DSC_2716.jpg 
▲ 変哲もないひものようなものに、こんな花が    ▲こっちは砂漠の宝石…と言うそうです
DSCN4071.jpg DSCN4072.jpg 
▲ 小さな丸いサボテンの球に、何と8個も花がついたよ。すごいねえ
DSCN4059hokusya.jpg DSCN4041.jpg 
▲ ホクシャ(アカバナ科)                          ▲今年のヤマボウシ…花の量が凄い
DSCN4068.jpg DSC_2718.jpg 
▲ひめゆり                                               ▲ユキノシタ
DSC_2711.jpg 
▲近所のTさんに頂いた花…アッツ桜…植え替えて元気に育ってるよ





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO改憲発議に反対する署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

スポンサーサイト



[ 2020/06/01 06:00 ] 草花たち | TB(0) | CM(0)

なんか胡散臭い、政府のコロナ対応&我が家の近況

2020/05/08(金)
緊急事態宣言は、まだまだ続く。国民に約束したPCR検査も拡充できず、働く人たちに、しっかりした補償もなく、ただ自粛だけを求める政府って、ホント何なんだろうね?
この国の未曽有の危機に、ただのんべんだらりと何にもできない政府は、やっぱり辞めさせるしかない…と私は思うのだが、皆さんはいかが思し召しでしょうか?

そう言えば、
政府が公表を渋り、国民の疑惑を呼んだ…“アベノマスク”納入業者の最後の1つは、ユースビオだった。
ユースビオには4月に入ってから「貿易及び輸出入代行業並びにそれらの仲介及びコンサルティング」という事業目的が追加されたほどで、マスク輸入には不慣れだったようだ。

報道によると…「ユースビオの代表は、以前脱税で摘発され、現在は執行猶予中の身。関連先の企業も、過去に植物検疫法違反の容疑で書類送検されていたこともあった。
代表が以前風俗店を経営していたことや、自宅が競売にかけられていたが、最近取り下げられていたことなどが明るみに出たので、選ばれたことに対する疑惑がさらに強まった」

 代表は、私は創価学会員なので、その関係で公明党議員に献金しましたが、癒着なんてあり得ません」。脱税に関しては納得していない様子で「国相手に逆らってもしかたない」と話し、ほかの疑問については、厳しい口調でこう答えた。
  「自宅が競売にかかったときにお金が入ったら、それを競売を外すお金に充てることの何がおかしいのでしょうか? 風俗経営? 仮に風俗店を経営していたとして、法に触れずにちゃんと運営していたのであれば何が問題なのでしょうか?」…と。
************************************
・・・まあねえ。例え、風俗営業だろうと、仕事上は確かに、何の問題もありません。個人の勝手でしょう。(笑)
ただねえ、問題なのは、こんな小さな会社が、しかも、問題を抱えた会社が、風俗に関わってた会社が、国民への大事なコロナ対策の4社の一角に、どうやって食い込んだのか? 誰が食い込ませたのか?…それが胡散臭いのですよ。
よりによって、政府がどうして、こんな会社を選んだのか?…どこから見たって『癒着』としか、見えませんよねえ…どうなの 西村大臣?・・・。

我が家の近況…道路の舗装完成
我が家は、市道から100mほど細い道を入り込んだところにある。
下の写真のように、両側から木や竹が覆いかぶさる、昼なお暗い細道なのである。
この道が未舗装で、しかもかなり勾配があるため、大雨が降るたびに道路の土砂が流れ出し、ガタガタ道になるのです。
だから、雨が降るたび私は、老骨に鞭打ち、せっせと海岸から砂利を採ってきて、ガタガタ道の補修を行うのです。
だけどねえ、道の長さは100m以上あるのです。もう大変です。

そんなことを10年以上続けていましたが、区長さんに「私ももう老体だ。何とかして…」と泣きついたのだ。そしてついに、本日、遂に舗装が完成したのであります。
や~~ これで、今年からの雨は恐くないぞ! ! 
嬉しくて、今日は何度も坂道を上り下りしました。(笑)

DSCN4002.jpg
▲ 昨日、今日…2日間で舗装工事が完成しました。
凄いねえ、機械の力…作業員さんありがとう。区長さん、ありがとう。

DSCN3961.jpg 
▲ 巣箱のヒナに、せっせとエサを運ぶ四十雀…ニコニコしながら見ていたら、昨日から突然、姿を見なくなりました。どうやら、私たちが1日用事で家を出ている内に、ヒナたちが巣立ってしまったようです。巣立ちの姿を見逃し、誠に残念…。
でも来年は、また同じ巣箱に戻ってきてくれるでしょう。

DSCN3994.jpg DSCN3997.jpg 
▲ 紫露草                                                ▲カラマツ草
DSCN3987.jpg DSCN3982.jpg 
▲ガンゼキランも満開に                             ▲きれいに咲いた…一重のシャクヤク
DSCN3977.jpg DSCN3976.jpg 
▲今年のヤマボウシ…たくさんの実がつきました。      ▲チリアヤメ(1日花)
DSC_2690.jpg DSC_2694.jpg 
▲エビネラン                                           ▲今年も爽やか…大山レンゲ

我が家の庭の花たちの写真はいっぱいあるのだが、更新回数が足りないので、なかなか紹介できません。まあ、もう少し頑張りますか。(;^_^A アセアセ・・・)





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO改憲発議に反対する署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2020/05/08 21:11 ] 政治の話 | TB(0) | CM(2)

コロナ騒動の中で生きてるよ~

2020/04/26(日)
いや~、日が過ぎていくのが早いですねえ。
先月下旬に発熱し、ひょっとして「コロナか?」と心配もし、体調の回復にも時間がかかりましたが、まあ何とか無事に、今も生きています。(笑)

我が家は世間からは見えない、林の中。自分から出かけて行かない限り、他人様と接触することはありません。ず~っと、家に引きこもっていますが、時間はたっぷりあるのに、何でかブログの更新はできません。

この1カ月間、のんびりとソファに寝ころび、次々とDVDのドラマを観賞し、退屈すると畑を耕し野菜を植えています。
今年は、あまり手のかからないものをと…まず菊芋を、そしてでかムカゴを、更にカボチャ、落花生、ブロッコリー、ネギなどを次々と植え付けました。
そろそろ芽を出してくるころです。

連休も近いので、周りの草刈りの進めています。
サクランボの木には、しっかりと網をかけ、獣や鳥の襲撃から守ります。
毎年、孫たちが収穫に来てくれるのが楽しみなんですが、今年はねえ、外出自粛の呼びかけが出てますからねえ。

【アベノマスク崩壊!】いや~それにしても、コロナを巡るアベ政権のドタバタはひどいねえ
。色んなニュースが出ている。相変わらずPCR検査は遅々として進まず、治療も受けられず不審死として扱われた人たちが15人もいるという。自宅待機の患者は様態急変で死亡。聞くだけでも腹立たしい。岡江さんだって、医者や政府の対応がきちんとしていれば、救えた命だったのではないか。

安倍が打った手は、学校休め、会社休め…の掛け声だけ。生きていくための補償金は出さないんだと…でもねえ、貯金の無い貧乏人は、明日の食事代がないんだよ。どうして生きていけというのか?  ボッチャン大臣のアベや麻生には、そんな貧乏人の懐事情なんて到底分からないよなあ。
それから、唯一行動的だった「天下の愚策」「アベノマスク」…もうアベ晋三終わってるよねえ。
早く終わらせなきゃ、国民の命と暮らしが終わっちゃうよ。

「興和」「伊藤忠」未配布全量を回収 だから言わんこっちゃない その費用を政府が持つとしたら、マスク配布にかかわる予算額466億円が大きく跳ね上がるのは必至。世界の笑いものになり、国民も望んでいないアベノマスクは今からでもやめるにしかずだ(日刊ゲンダイ)

 新型コロナウイルスの感染防止策として政府が配る布マスクに汚れがあった問題で、マスクを納入した興和(名古屋市)と伊藤忠商事は23日、未配布分をすべて回収すると発表した。検品体制を強化する方針も示した。これを受け、菅義偉官房長官は24日の記者会見で、配布日程が予定より遅れると明らかにした。配布中止などの計画見直しは「考えていない」と否定した。

 厚生労働省によると回収対象は、全世帯▽妊婦▽高齢者施設――向け。世帯向けは、中国とベトナム、ミャンマーで生産され、両社は回収を既に始めている。世帯向けは両社とマツオカコーポレーションの3社が政府に納入しているが、マツオカ社の不良品は確認されていない。菅氏は布マスク配布について「マスクの総量が不足する中、国民の不安を解消する政策目的で必要な対応で、代替できる手段がない」と必要性を強調。世帯向けの配布について「回収して検品を行うため予定より遅れるのは事実だ。なるべく早く配布できるよう取り組む」と述べた。

 しかし…なんでか不思議なことに、マスクを発注した4社目を、政府がひた隠しにして、国会の追及でも公表しない…これはきっと何かあるぞ…やっぱり出てきたねえ。
安倍晋三の癒着体質…もう骨髄に達してるねえ。

受注4社目、なぜかかたくなに公表拒否 妊婦向けアベノマスク、深まる疑念 - 毎日新聞

 布マスクは繊維
 繊維といえばタオルの今治。
 今治といえばアベの親友
 加計。
 アベノマスクでも
 利益誘導していたとは!
 アベノマスク4社目を
 明かさないのは
 加計ルートだから!

 安倍が隠蔽する#アベノマスク 製造は今治タオル工業組合安倍
「腹心の友」優遇で開学した加計学園獣医学部は今治
 93億円の補助金を加計に払った見返りだった?


アベちゃんに送る歌

でんでん虫々 かたつむり
お前のあたまは どこにある
角だせ槍だせ あたまだせ

国民むしむし アベ総理
お前の頭は あるのかな
知恵出せ 金出せ 辞表出せ

それから少し  我が家の写真


DSCN3937.jpg DSCN3945.jpg 
我が家の庭に、巣箱を設置してから3年目…やっと四十雀が巣を作りました。
巣箱の中から外の様子をうかがう…安全を確認して、もそもそと体を外へ。
今は、日に何回も巣箱に入ったり飛び出したりしていますが、もう卵を産んだのかな?
中の様子は分かりませんが、まだひな鳥の鳴き声は聞こえないので、子育ては、これからのようです。ヒナの誕生と巣立ち迄、見つめたいと思います。

DSCN3932.jpg DSCN3934.jpg 
▲いつの間にやら、初夏模様…バラの花も鮮やかな色を見せています。
DSC_2666.jpg DSC_2656.jpg 
▲梅花落葉松草…今年も元気です                ▲卯の花(姫うつぎ)
DSC_2670.jpg DSC_2679.jpg 
▲二輪草…今年は寂しいことに本当に二輪だけです       ▲?イカリソウ…可愛いよ。

何だかねえ、今年はコロナの事もあり、私の発熱もあり、通常の生活スタイルが大きく崩れてしまい、どうにも調子が出ません。
しかし、庭にはタヌキ君がちょこちょこと顔を出し、私は退屈しのぎに畑の草ぬき、タケノコ採りに精を出す毎日です。

だけど、毎日が休日の我々と違い、現役の皆さん方は、仕事も子育てもがたがたで、本当に大変だろうと思います。
どうか、コロナとアベに負けないで、元気に生き抜いて下さい。

コロナとアベを退治した暁には、又笑いあえる時が来るものと信じています。





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO改憲発議に反対する署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2020/04/26 22:49 ] 政治の話 | TB(0) | CM(0)

我が家の庭・真昼間にタヌ公参上❢

2020/04/01(水)
先週23日から始まった、我が家の「コロナ騒動」は、4日ぶりに病院での診療を受けて、単なる風邪?だと分かり、一応ホッとし、病状も収束に向かっている。
1週間ほど続いた高熱も、やっと36度台に下がり、何とか日常生活が戻ってきました。
しかし、その間にも東京を中心にコロナ感染は広がりを見せ、まだまだ予断を許さぬ状況にあるようです。
しかし、この1カ月間の報道を見ていて、今でも疑問に思うのは、日本の政府、医療関係者は、何故コロナの検査体制を充実できないのか?…という疑問です。
なんだかんだと理由を並べて、検査体制が充実できない訳を並べていますが、それは単なる評論家の戯言にすぎません。

あなたが現実に高熱を出してみたら、すぐ分かります。政府や専門家たちの言葉の薄さとでたらめぶりが…実際に高熱に苦しむ人たちの不安や苦しみや言いたいことは、全て押さえこまれて、現場の実態、言葉が表に出されない…出てこないのです。

コロナの処置については、専門のお医者さんに任せるしかありません。しかし、国民の、患者の不安を解消するための、素早い検査と治療は、1日も放置できない問題です。
理屈抜きで、日本の医療の総合力を発揮してもらいたいものです。実際に発熱して、自ら不安や苦しみと闘い、医療放置の現実を経験しただけに、このことだけは、政府や関係機関には、ぜひとも要請したい。

DSCN3850.jpg DSCN3851.jpg 
▲ 真昼間、我が家の庭に突然現れたタヌ公君。
今日は4月1日だけに、この記事だけはやめとこうかとも思ったのですが、まあ事実だから仕方ない、乗っけておきましょう。(笑)

DSCN3871.jpg 

永田町当たりの頭の黒いタヌキたちと違って、四万十のタヌ公君は、素朴です。まあ、あまり人をだますこともありません。

以前、私がここに自分で家を建て始めたころ、そして家が建って数年は、我が家の庭や周辺の空き地には、いつもタヌキやウサギのコロコロとしたウンチが転がっていました。
夜遅く、車で家に帰ってくると、空き地から逃げ出していく青い獣の眼が10個ほどは見られました。
夕食時には、窓の外をてくてくと歩いていくタヌキ君とよく目があいました。人の視線を察知するのか?タヌキ君、突然ぴたりと止まり、くるりと振り向き、ぴたりと目が合います。
その後タヌキ君、満足そうにすたすたと庭の奥へと消えていくのですが、何とも愛嬌がありましたねえ。

永田町の大だぬき…安倍だぬきと麻生だぬき…もねえ、せめてこれくらい、素直で愛嬌があったらいいのにねえ。せめて四万十のタヌ公君を見習ってほしいものです。





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO改憲発議に反対する署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2020/04/01 16:51 ] 虫・鳥・獣 | TB(0) | CM(1)

ゲゲ~ッ 我が家に コロナが・・・病院に行けないコロナって何なんだ?

2020/03/26(木)
今、私の体温が38度ある。少し熱っぽく、体がだるい。
今日昼過ぎに、やっと病院に行ってきた。発病して4日目に、やっと病院の診察が受けられました。38度以上も熱のある病人を受け付けてくれない病院て何?
医師の診察も治療も、4日間も受けられず、私はいらいらしながら、ニュースの「非常事態宣言」の話を聞いていた。
ずいぶん、ふざけた話だ。
コメンテーターや専門家、あるいは医師…今苦しんでいる発熱患者が治療を受けられなくて苦しんでいるのに、そんな現場の実態には一言も触れず、他人事みたいに「格好いい言葉」を並べ、お隣のお色気タレントたちが『すご~い』と黄色い声をあげている。
何なんだこの世界…今、熱にうなされている俺の立場はどうしてくれるんだよ。
3日間も風呂にも入れず、臭い体で布団にくるまり、のたうってる、俺の立場は、怒りは、何処へもっていけばいいんだよ。

いや~、今回風邪をひいて38度以上の発熱が4日も続いて、初めて横浜港に足止めされて1カ月間も放置されていた
「ダイヤモンド・プリンセス」のお客の気持ちが理解できた。
いや~悔しかっただろうねえ。日本政府のトロ臭い対応、頼りにならない専門家たちの応対…自分が4日間も放置されて、やっとわかりました。
皆さんも、今の時期に試しに風邪をひいて、発熱してみてほしい…世間の異常さ、政府の対応の悪さ、アベ政権の頼りなさが、身にしみてわかるはずだ。

始まりは、22日(日)の夜、私は8時ごろ風呂に入り、10時までパソコン相手に調べ事をしていた。だんだん体が冷えてくる…ちょっと寒いなあ…なんて、うだうだしていたら、突然指先が震えだした。うっ、寒い。体がガタガタ震えている。
我慢たまらず、コタツの飛び込んだ。う~~と10分ほどうなっていたら、寒さが収まってきた。
この日は、そのまま何もせずベッドに飛び込む。

23日朝8時頃に起床。なんか変だ…頭がぼう~っとしている。体かふらつく。
思わずソファに座り込み、体温計を探す。あった。
なんと体温は38,7度…ゲゲッ 高熱だ。一瞬コロナを疑った。
しかし、この日、昼間は体温が少し下がり37,4度くらいで推移する。
いやいや、このまま熱が下がって、何事もなく済んだらいいなあ…と期待したのにねえ。

世の中は無常です。朝方3時頃目覚め熱を測ってみると、何と38,4度。
昼には37度近くに下がったので、一安心か?と思っていたら、連れ合いさんが病院に電話した。
様子を話すと、病院は「熱が上がり下がりするのでコロナではなさそうです」とは言うが、治療に来いとは言わない。もうしばらく様子を見て、苦しいようなら「コロナ相談センター」に電話してください…で切られちゃった。

お~い、コロナかどうかよりも、熱で苦しんでる俺を見てくれる病院て無いのか?
翌日25日の朝方、またも38度。
この日は昼も37,6度
夕方には、又も38度越え…1日中高熱が続いた。
たまらず「コロナ相談センター」に電話。経過を説明すると「症状から見てコロナの可能性は低い。治療の必要があるので、センターに言われたと言って、相談した病院に行ってください」とのこと。
やっとまともな対応をしてくれたよ。
そして診察…コロナの検査じゃなくて、「インフル」の検査をされた。だけど結果は陰性だった。
おいおい、おりゃたまげたよ。コロナで無くて、インフルでもなくて、普通の風邪だって…それで4日間も高熱が続いて、しかも病院からも見放されていたってことか…?
ある意味、俺ってすごい…73歳の爺さんが、普通の風邪で、4日間も高熱を出し続けるって、これって一体何なんだろうねえ。

まあ、俺は自分の体にはある程度自信があったからいいけど、自信の無い年寄りは、そのまま重体になってから病院に運ばれる…ってことだよね。
どうかあなたが、そんな事態にならないよう、私は祈ります。

まあ、そんな訳で、解熱剤と抗生物質をもらってきたけど、まあ、しばらくは黙って薬、飲み続けますよ。連れ合いさんがうるさいので。

DSCN3799.jpg DSCN3801.jpg 
DSCN3807.jpg DSCN3832.jpg 
DSCN3821.jpg DSCN3841.jpg  
                                                            ▲珍しいバイモユリ
DSCN3819.jpg DSCN3809.jpg 
                                                           ▲これはねえ。かぼちゃの苗。近く畑に移します




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

       
       アベ9条改憲NO改憲発議に反対する署名にご協力を
       自・End 野党共同と市民の共闘でアベ政権打倒

[ 2020/03/26 17:03 ] 老化と病気 | TB(0) | CM(0)