債務整理太陽光発電

カニの解禁だ‼ 境港だ‼

2017/11/19(日)
いや~~  今回も更新が遅れて、再びスポンサー広告が出てしまいました。(;^_^A
もうねえ、選挙結果が気に入らなくて、ブログの更新なんぞ、やる気にもなりませんでした。(笑)

それはそうと、暑かった夏もやっと  どこかへ去って朝晩めっきりと冷え込む季節がやってきました。中には寒いのは嫌だなんて言ってる方もいるのかなあ?
でも私には、ある程度冷え込んでくれた方がありがたいのです。

昔はねえ、つまり早く言えば、若いころは暑い夏が大好きだった。
だけど年取ったら、逆に寒い方が過ごしやすくなりました。
それでも卓球で2時間も動けば、まだ汗をかきます。
もう少し冷え込んでくれた方が暮らしやすいのです。(笑)

カニの解禁だ境港だ
まあ、そんな中、忙しい合間を縫って、卓球仲間と以前から約束していた《山陰のカニ》を食べに行ってきました。

DSC_0093.jpg DSC_0103.jpg

朝5時に出発です。いつもならだれも起きてこない時間…待ち合わせの場所に行くと、もう全員荷物を抱えて待っていました。
ホント感心します。普段からこんなに時間守ってくれると、ホントありがたいのにねえ。(笑)

高知道のSAで朝食を摂るころには、完全に夜が明けていました。
瀬戸大橋(写真左)を通ったのが8時10分…早いねえ。
米子道に入ると、早くも前方に鳥取の大山が見えてきました。(写真右)まだ9時半です。

DSC_0117.jpg DSC_0135.jpg

10時前に蒜山高原に到着。道の駅で買い物をして、近くのチョコレート屋さんで、女性軍はマッタケの形をした芸術的なチョコを買って、テンションも高調
私も食べました。味はM製菓のブラックチョコに似ておいしかったが、何だかねえ…共食いみたいで、なんか変でした。(笑)

11時前には桝水高原を通りました。(写真左は桝水高原から見た大山)
山道は両側がブナやナラに囲まれて、ずいぶん黄葉していましたが、少し遅かったようです。すでに葉っぱが相当散っていて、もう一つの感はありましたが、それでもまあ満足でしたね。
(写真右のツタの葉は、大山寺参道にありました。)

DSC_0139.jpg DSC_0150.jpg
                     ☝  大山寺参道風景                               ☝とっとり花回廊の正面に大山
大山寺は奈良時代に建てられたお寺で、結構有名なお寺です。桝水高原から大山スキー場を過ぎるとすぐ見えてきました。
私は無神論者ですので、お参りも賽銭も一切しません。ただ建物や仏像など、その出来栄えを観賞するばかりですが、でも、お寺のたたずまいや山の景色、林や谷の姿など結構楽しんでいます。

昼過ぎに近くの食堂でソバを食べました。夜は大量のカニを食べる予定…なので、軽く済ませておきました。貧乏人根性、丸出しだな。(笑)

DSC_0158_20171119143511869.jpg DSC_0160.jpg

とっとり花回廊に入ったのが13時半、思っていたよりは広い。たくさんの花を見て回りました。
この季節ですから、多種の花は見れなかったが、バラや温室のランなど、それに初めて見る珍しい花なども結構ありました。

DSC_0161.jpg DSC_0163.jpg

DSC_0182.jpg DSC_0187_2017111914374779d.jpg

大山のお山は、思っていたよりも小さな山でしたが、この辺では、何処へ行っても大山が見える様に配慮されているようです。それだけ人の関心を集める、お山なんでしょうねえ。

写真右は、今夜の宿泊地から見た境港の景色です。
16時半に着きました。
これからひと風呂浴びて、待ちに待ったカニに食らいつきます。

DSC_0193_20171119143746742.jpg  
                         ☝  これが1人分のカニ料理です。
ズワイガニ1尾、ベニズワイガニ1尾、せこガニ1尾、あとは天ぷらにサザエに貝、そして刺身などですが、これが結構量があり、大食いの私でも、やっと完食…ただしご飯類は遠慮しました。
いや~  久しぶりに満足しました。
ビールの酔いも回って、ご機嫌です。
運転の疲れもあり、早くから布団にもぐりこんでしまいました。

DSC_0217.jpg DSC_0215.jpg

2日目は、米子で「お菓子の寿城」に寄り、まずは2階でコーヒータイム。その後1階に降り、土産物の買い出し…やはり女性陣はこういう所が大好きなようです。
両手いっぱいに土産物を下げて帰ってきました。
車の荷物沖の場所は、もうすでに満杯状態…さて、これから先、どうなるのか?少し心配です。

2日目は、これから出雲大社と島根のワイナリーを訪問します。
その様子は、また次回に・・・。



sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

スポンサーサイト
[ 2017/11/19 15:50 ] 四国の旅 | TB(0) | CM(0)

選挙区は野党共同、比例は共産党へ

2017/10/19(木)
いよいよ衆院選も終盤に入ってきましたねえ。
緑のタヌキと前原の狂言騒動で、事態は思わぬ方向へと展開しつつあります。
希望の党が今や絶望の党…なんてのは、まあ、それはそれでいいんですが、問題はその票の行方なんです。
票の行方が、野党共同候補へ流れてくれると最高なんですが、何とも悩ましい状況ですねえ。

しかしもう、これ以上アベ政治が続くのは、さすがの国民もうんざりではないですかねえ。
戦後72年間も続いた、この国の平和と国民主権、自由、平等、博愛の憲法の精神は、国民にとって永遠に必要なものではないですか。

自衛隊を軍隊として復活させ、再び天皇主権国家の再現を目指し、国民を奴隷的立場に突き落とす自民党の憲法案は、もうどうしてもいただけません。

私たちは平和が好きです。
自由、平等が好きです。
個人的人権の尊重、多様性の共存が大好きです。

戦争は嫌いです。
憎悪、蔑視、差別、隷属は大嫌いです。
憲法を破壊し、嘘とごまかしと、人を憎む…そんなアベ政治が自公政権が嫌いです。

人が人として大切にされる、そんな当たり前の社会が大好きです。



IMG_6217.jpg

選挙の間は、マイクが使えません。
【戦争法を許さない幡多の会】は、毎日1時間、四万十市の街頭に立ち続けています。
天気が良かったのは最初の日だけでした。
その後は、ず~っとずっと雨続きです。
秋の長雨…嫌ですねえ。それでも毎日傘をさして、街頭に立ち続けています。
日本全国、あちこちで、同じ思いの仲間たちが、街頭に立ち続けているのでしょうねえ。

本当にご苦労様です。この国を少しでも良くするために、共に頑張りましょう。


IMG_6246.jpg

9期27年も続いた、高知2区の自民党候補を落選させ、新しい時代を作ろう…と広田はじめさんが、無所属で立候補しました。
私も、決起集会に参加してきました。

嘘つき・二枚舌の自民党候補に代わり、国民にやさしい真っ当な政治を進めてほしいものです。


https://youtu.be/UoLzHwg9vjU   ☚ 高知に応援に来た小池書記局長の動画です。
どうか一度ご覧ください。

今度の選挙、人によって、色々と思いはあるでしょう。
しかし、みなさん、もうこれ以上アベ政治が続けば、間違いなくこの国は、軍国主義復活で戦争への悲惨な道を突き進むことになりますよ。
戦争は、人権を踏みにじり、個人を国家の奴隷に突き落とすだけでなく、家も財産も家族も全てを奪い去ります。そして、その人間性さへも奪い去ってしまいます。
まともな人間、まともな神経では人殺しはできませんから。


そうならないために、今度の選挙…ぜひとも皆さんにお願いします。
そう、それは、いつものことです。このフレーズ。
【選挙区は野党共同候補へ】そして【比例区は共産党へ】
それで、みなさん、世の中は少しは良くなりますよ。
今よりもず~っとよくなります。

投票には必ず行きましょう
棄権はアベ政権が大喜び…ですから・・・

最後に  ご注意
立憲民主党の人気が急速に高まっているのは、結構なんですが、この党の比例の候補者が足りません。せっかくの投票が無駄になり、自民など他党の議員が当選する可能性があります。
野党共闘の為、大量の候補者を下した共産党の比例票が、その影響を受け少なくなっています。
そのことも考え、今回は特に【比例は共産党へ】集中しましょう





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/10/19 06:00 ] 政治の話 | TB(0) | CM(1)

何だか忙しい毎日です

2017/10/14(土)

日が経つのは本当に早い
ブログ更新復活してから、もう1週間もたってしまいました。
とにかく忙しいのだ。

毎日、西へ東へと飛び回っている。
そうでない日は、家の畑を耕したり、防風林を切ったり、草刈りをしたり、とにかくめっちゃくちゃ用事が多い。

その諸悪の根源は、言うにゃ及ぶ…すべてアベシンゾウのせいなのだ。
大義もないのに、野党の油断を見澄まして、突然解散に打って出た…あのせこい男のせいで、選挙応援には駆り出されるし、もうとにかく忙しい。

自分自身が招いた国難を他人のせいにして、【国難突破解散】などと、勝手によく言うねえ。
私の住む高知2区では、共産党が候補を下ろして、広田はじめ氏が野党統一候補で出馬した。
緑の党の推薦も、立憲民主党の推薦も断って、不利を承知で、筋を通したい…と無所属で立候補した広田氏。男だねえ。

対決相手の自民党候補は、過去9回も当選しながら、地元の為に、これと言った仕事をしてない男。【TPPは地元の農林水産業を破壊するから絶対反対】なんて耳障りのいいことを言ったくせに、いざ国会では農林大臣を担当、言った言葉は【TPPを断固、強行採決だ
こんな2枚舌男、人間としても信用できないし、まして政治家としては、地元と国会で真逆の言葉と態度…絶対にやってはならないことでしょう。

まあ、そんなことで、演説会に行ったり、なにより、最近は戦争法に抗議するスタンディングデモは月に1回だけだったのに、誰かねえ《選挙中は毎日やろう》と言い出した人がいてねえ…もう大変です。毎日1時間、マイクが使えないので、プラカードを持って街頭に立っています。

選挙については、マスコミがあーだ、こーだと、もう毎日大変。緑のタヌキが優勢だと言ったり、やっぱり保守優勢だと言ったり、世論を操作するのは、もういい加減にしてほしいものだ。

とにかく私は、戦後72年間、日本を戦争から守ってきた憲法9条は、何があっても守ってほしいし、世界に誇るこの国の憲法、平和主義と民主主義と個人的人権の尊重を高らかに歌い上げる憲法を守り発展させる政党や議員さんたちを1人でも多く、国会に送りたいと望んでいます。


DSC_0086.jpg

庭では、夏の花が終わり、白いホトトギスが咲き始めました。
皇帝ダリアの枝も急に伸び始め、いよいよ花が咲くのかな…と楽しみにしています。


DSC_0078.jpg

今年は、とにかく忙しくて栗拾いにも行けないなあ…なんてぼやいていたら、世間はよくしたものです。知り合いのおばちゃんが大量のクリを届けてくれました。3回に分けて秋の味覚を楽しみました。


DSC_0085.jpg

今年は、ホントに畑の世話もおざなりで、先日ミニ耕運機を引っ張り出したら、エンジンがかかりませんでした。トホホホ。
仕方なく鍬で大汗かいて畑を耕しましたが、庭の隅っこでは、秋茗荷の花も見えました。
慌てて収穫しましたが、時期を失して通年より収穫は少なかったようです。


まあ、そんなこんなで、ちょっと暇がなくて慌ただしい毎日を送っている昨今です。





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/10/14 16:15 ] 珍味だよ | TB(0) | CM(0)

我が家の虫と世の中

2017/10/07(土)

ノーベル文学賞…なかなか村上春樹に順番が回ってきませんねえ。
昨年は音楽家のボブ・ディランにさらわれ、今回は、私の全然知らない、日系イギリス人のカズオ・イシグロさんにさらわれてしまいました。
ささやかれる候補者の中では、私としては宮崎駿にあげたかったなあ。(笑)

それと、世界的に権威失墜がささやかれるノーベル平和賞…今年は核兵器を条約で禁止しようと奮闘したICANに決まりました。
いつもなら、こんな人にあげるくらいなら、『憲法9条を守り世界に広げよう』と頑張る人か団体に賞を上げたらいいのに…と思うこと度々ですが、今回は納得です。世界的な核兵器禁止条約の締結推進…それこにこそ愚かな人類が救われる道があります。

まあ一人…救われない男もいますけどねえ…世界で唯一2度も原爆の洗礼を受け、更にビキニ被爆の洗礼さへも受けた国の総理…あんただよ、アベシンゾウ。
被爆者団体から『どこの国の総理だ?』と言われた男が、今自ら招いた《国難》を突破するために…なんて身勝手な屁理屈を振り回して、無駄な国費を使い解散総選挙を行おうとしています。

今度こそ、この暴走狂人・アベシンゾウに鉄槌を下したいものです。
それに、希望がどうのと、言葉と厚化粧で自分の身を飾るのが好きな女…小池百合子…これも怖いねえ。日本の最右翼【日本会議】のメンバーで、【日本を核武装】するのが目標という、これも懲りない面々の一人です。

国民の皆さん。今度の選挙、どうか投票する相手を間違えないよう、よくよく考え選択してくださいね。


DSC_0073.jpg さて、季節も廻り、早くも秋の気配が濃厚となってまいりました。
先日、1年で一度見かけるかどうか…という貴重な虫さんを見かけました。
と言っても、我が家のガラス戸に止まっていました。
正式な名前は分かりませんが、カゲロウの一種であるのは間違いなかろうと思います。

我が家の庭には、毎年10個ほどのアリジゴクの巣を見かけます。すり鉢型の巣に落ちたアリさんがアリジゴクに捕らえられる様をじっと見つめていた、そんな暇な時もありました。

まあ、そこから巣立った一匹だろうと思われますが、このカゲロウ君の人生ならぬ、その一生はわずかに数時間と言います。

人生とははかないもの…と時にはかなむときもありますが、このカゲロウ君に比べれば、我ら人類の生きる時間は無限にも匹敵するかもしれません。


問題は、その長い人生を意義深く生きているのか?
そのことであります。無為徒食では生きる値打ちはありませんねえ。せめて理不尽極まる、自公政権、その横暴は許さない。それくらいの気概は持って生きたいものです。


DSC_0049_201710062126022c9.jpgそして、こちらは言わずと知れたアマガエル君。
昨日今日の雨ふりには、姿を見せませんでしたが、夜中にケロケロと啼く声は聞こえました。まだ冬眠はしていないようです。(笑)

先日、今季5回目の月下美人の開花がありましたが、その横の棒に、ちんまりと張り付いていました。
よく見ると、指先には吸盤がついており、ツルツルの棒や葉っぱやガラス窓など、どこにでも吸い付くことができるようです。

このカエル君、毎晩寝室の近くで合唱されると、うるさくてたまりませんが、たまに見かける分には、愛嬌もあって可愛い感じです。

我が家の縁側では、この他、森に住む赤手ガニやトカゲ、カブトムシ、その他多くの虫や小動物がやってきます。
まあ、それは煩わしくもあり、可愛くもあります。(笑)

70爺さんの眼から見れば、こうした小動物たちの世界も、人類社会の有様も、まあ似たようなものではありますが、せめて人間には、理性と良識…それだけは失ってほしくないものではあります。

今度の選挙、まじめに将来を考えて必ず投票に入ってください。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/10/07 11:01 ] 虫・鳥・獣 | TB(0) | CM(0)

アベの国難解散は詐欺だ…と白サギたちの抗議

2017/10/03(火)

昨年は、台風の通り道・高知に、ついに1本も上陸しなかった。
今年はどうなんだろう?と思っていたら、3号が近くを通り、突然の迷走台風5号が忘れたころにやってきた。そしてこの前、18号がやってきた。なんだかコースも強さも似たような台風の襲来が続いている。
幸いに、高知では大きな被害にはなっていないが、九州では昨年に続いて大きな被害が出ているようだ。それに関東以北で、近頃は大きな被害が出ているようだ。

まあ、それもこれも、みんなアベ政治が悪いせいに違いない…私はそう思うのだが、皆さんはいかがお考えでしょうか?(笑)


そういえば先日、四万十川で白鷺たちが集会を開いていた。
耳を澄ますと、サギたちの怒り声が聞こえてきましたよ。

IMG_6115.jpg
もしゃもしゃもしゃ・・・・・・・
ん? さっぱり分からない。
もう少し近づいてみよう。

IMG_6117.jpg

すると聞こえてきました。
「ねえねえ、みんな 聞いたかい。又なんだか急に国会解散だってよ・・・」
「へえ、こないだ内閣改造して、仕事人内閣だとか言ってたけど、なんか仕事したのかねえ?」
「仕事は何にもしてないけど、速攻で失言大臣が辞任したよ。」
「ああ、金と女(男)と失言と…スキャンダルの種は尽きないねえ。」
「野党は、大義なき解散とか疑惑隠し解散とか呼んでるよ。」
「自民党雀が言ってたけど、アベの本音は、総理の寿命延命が一番の狙いだって言っていたよ。」
「それそれ、支持率は低迷してるけど、民進党のごたごたで、野党共闘が難しいみたい…今が
    チャンス!と急きょ決めたらしいね。」
「へえ~ それって究極の党利党略じゃないの。」
「でもアベは、国難突破解散…と言っていたよ。」
「へえ、ずいぶんあつかましい奴だな、アベは。だって自分が5年も総理だったんだろう。国難
    招いたのは自分のせいじゃないのよ。」
「そうだよな。自分の責任を棚に上げて、北朝鮮や他人のせいにするなんて、ずいぶん卑怯な
     奴だよなあ」
「そうだ、そうだ、黒いものを白という…まるでサギみたいじゃないか。」
「俺たち白サギとしては、そんな詐欺みたいなやり方、絶対に許せん! 」

四万十の雄大な流れに浸りながら、白鷺さんたち、ずいぶんと怒っていました。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/10/03 11:26 ] 政治の話 | TB(0) | CM(0)

そっと密やかにブログ再開

2017/10/01(日)

simantoよ  生きているかと  声いくつ
快く夏眠に浸る吾の耳に  解散解散と騒ぐアベの馬鹿
共産と主義が違うと前原言い  消え行く道を選ぶものとは
この国に希望がないと言う人の  ごった煮料理が希望なのか
改憲と戦争だけは許すまじ  吾が寿命たとえ削りても

いや~ よく休んだねえ。2ヶ月以上も休んでしまいました。
皆さんに内緒で、そっと、ひそやかにブログを再開します。へへへへ。
ご心配頂きました皆様、お詫び申し上げます。

2005年に大阪から四万十市へ単身で移住して、毎日コツコツと2年の月日をかけて、ずぶの素人が2階建てのヒノキ造りの木の家を完成させたのが2007年。
家が完成と同時に、持病の真珠性中耳炎が再発し、一旦大阪へ帰り通院治療…その後また四万十へ帰り、一人暮らし…その合間に、世の中にブログとやらあり、始めてみなむと、2007年にホームページを掲載したのがきっかけで、以後、simanto bbs、simanto114残日録、そしてsimanto114の田舎暮らし…と続けてきましたが、私もとうとう71歳を過ぎてしまいました。

思えば2005年当時は元気だったねえ。真夏の暑い日にも負けず、毎日ルンルンで、板を担いで雨の日以外は休むこともなく、何処へも遊びにも行かず、はしご1本で手作りの家を完成させてしまいました。(家づくりに興味のある方は、当ブログのリンク欄に『素人が建てた木の家』というのがあります。クリックしてみて下さい。)

今やもう、あの頃の元気はなくなってしまいました。毎年山菜採りには駆け回っていますが、最近はあまり魚釣りにも出かけなくなりました。

何よりも、あれほど大好きだった…真夏の太陽…が苦手になってしまいました。今はもう、夏よりも寒い冬の方が好きになってしまいました。
卓球も月に6回ほど通っていますが、さすがに7月8月はお休みにしています。

まあ、そんな訳で、アベの支持率も下がってきたし、ここらでちょっと冬眠ならぬ夏眠もいいか…と一服したのはいいけれど、気が付いたらもう2ヶ月が過ぎていました。
ホイしまった。これは寝すぎたしくじった。これじゃまるで、ウサギと亀の話じゃないか。

私が寝ているのをいいことに? アベの馬鹿野郎、冒頭解散だと…これ幸いと野党や国民を舐めて、『国難解散』だのと銘打って、『疑惑隠し解散』に打って出ました。
何言ってんだ、馬鹿野郎…5年も政権を担当して、『国難』招いたのはてめえのせいだろうが。国民や他人のせいにするんじゃねえよ。

まあしかし、一筋縄でいかないのが、この世の中、政治の世界です。
手ぐすね引いていた小池百合子が、都政をほっぽって早速、国政へ打って出ましたねえ。これには幾多の批判の声も出るでしょうが、アベ政治に飽き飽きしている国民は、思わず飛びついてしまうでしょうねえ。

しかしねえ、これでアベに一定の打撃を与えることにはなるでしょうが、この希望の党、さて、この国の未来に希望となるのでしょうかねえ?
何とも悩ましい話ではありますが、まあアベを追い込む姑息な手段としては、少しは役に立つのでしょうか。

とにかく解散後の、アベの話、更にいやらしいのが公明党の山口…もう何ともねえ、気持ち悪いったらありゃしない。自民の威を借るキツネのくせに、鳥なき里の蝙蝠のくせに、何だかねえ、権力かぶれの公明党の物言いにはサムイボが立ってしまいます。

今度の衆院選、台風の目となるのは、やはり小池旋風でしょう。しかし、私は、この国の未来のために、野党共闘の成果と、これを一番真面目に推進している共産党の躍進に期待したい。

そうでなくては、この国の未来は救われない。そう思います。


IMG_6148.jpg


IMG_6149.jpg

いつの間にやら秋ですねえ。
朝晩が涼しくなってまいりました。
さわやかな季節、私も老体に鞭打って、もう少し世の為に頑張ろうと思います。

皆さんも元気を出して、ともに一歩を踏み出しましょう。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください


[ 2017/10/01 08:27 ] 政治の話 | TB(0) | CM(2)

アベの終わりが始まったねえ

2017/07/24(月)

四万十市は梅雨も明けて、毎日うだるような暑さが続いています。
若いころは夏大好き人間だった私も、老齢化により、夏の暑さがこたえる様になってきました。

今日は朝から、国会の審議を楽しみに見ていましたが、途中から電波が乱れバカHKが映らなくなりました。いつものことですが腹が立ちます。民放はかろうじて映っていましたが、共産党の質問時間になると、映さなくなりました。

まったくバカHKと言い民放と言い、いい加減にしろ…と地デジ難民は怒っています。
《丁寧に誠実に国民に分かりやすく説明する》とのたまっていたアベシンゾウでしたが、審議が始まると、またも知らない・分からない・記憶にない…の繰り返し…歯切れの悪いアベや政府官僚の言い分よりも、前川前政務次官の言い分がすっきり、明快で起きている事態にぴったりくる説明でした。

あれだけミスやチョンボを繰り返し、管理能力もなく、自衛隊からも馬鹿にされている防衛長官・稲田…普通なら、とっくに更迭間違いなしでしょうよ。それが更迭できない…アベは、稲田によっぽど弱みを握られているようです。気持ち悪いねえ。

一見、水掛け論の繰り返しみたいな審議の様子でしたが、徐々にアベ内閣のお友達優遇、国政私物化の醜さが国民の前に明らかにされつつあります。
もう安倍政権もおしまい…絶対に改憲は許さない。国民全体の為に奉仕する精神をなくし、利権と特権ばかりを求める自公政権に、今度こそ引導を渡しましょう。




それにしても、仙台市長選よかったですねえ。
東京と違い、こちらでは小池旋風もなく、まともな与野党の激突選挙でしたから、ここでの敗北は自民・公明にとって、東京以上にショックでしょう。
驕る自公は久しからず…いよいよ事態は動き始めましたねえ。


郡 和子60歳民進・社民・共産・自由165,452得票率43.0%
菅原 裕典57歳自民・公明・こころ148,993 得票率38.7%
林 宙紀39歳元衆議院議員61,647得票率16.0%
大久保 三代40歳元衆議院議員8,924 






DSC_0034.jpg

今年も モミジアオイ の花が鮮やかな赤い色を見せてくれました。
この花、花径15cmほどの大柄な花ですが一日花です。毎日日替わりで、次々と新しい蕾が花を咲かせてくれます。これが何か月か続くのですから、すごいエネルギーです。



DSC_0005.jpg DSC_0006.jpg

野牡丹の青も鮮やか                                               カサブランカは1週間ほどの命です


DSC_0010.jpg DSC_0013.jpg









この花…なんだっけ?    すぐに名前を忘れます。(笑)



sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください


[ 2017/07/24 17:14 ] 政治の話 | TB(0) | CM(2)

今年も咲いた、月下美人

2017/07/19(水)

今政界を揺るがしている《モリとカケ》いよいよクライマックスが近づいてきた感があります。
まあ、暑い真夏の話としては、ピッタリかと思いますが、ひたすら真面目に生きてきた一人の日本人としては、なんだかなあ…国民全体の奉仕者であるべき、内閣や官僚が《モリとカケ》いわゆる総理の《お友達優遇》に加担・忖度していいのかなあ…と???なのである。

国会は終わったが、アベに対する不信感と疑念は残った。

【残された主な疑惑】
1 獣医学部設置をめぐる手続きで、安倍首相の便宜はあったのか
2 「総理のご意向」などとする文書の内容は正しいのか
3 和泉洋人首相補佐官、木曽功内閣官房参与は設置手続きをめぐって前川氏に「圧力」をかけたのか
4 獣医学部新設の応募資格が加計学園に有利になるよう、萩生田光一・官房副長官が条件修正に関与したのか

…政府も官僚も、当然の、この国民の疑惑に明確に答えてほしいし、その義務があろう。




今日は、そんな暑苦しい話は置いといて、さわやかに咲いた我が家の《月下美人》をご紹介します。
2年前、冬の寒さでやられた月下美人…やっと回復してきました。
今年は出足早く、6月末に1回目の開花がありました。が、開花日に度忘れして、開花を見ることができませんでした。

2回目の開花が17日にありました。今回は用意万端、鉢植えを室内に取り込み、夕方から開花を待ちました。

DSC_0018.jpg DSC_0021_20170719161906e61.jpg
20時30分  少し蕾が開き始める                         21時30分  半開状態に


DSC_0023_20170719161905f0e.jpg DSC_0024.jpg
21時30分  こちらは同じ時刻、正面から          22時8割ほどの開花


DSC_0033_20170719162303604.jpg
しばらく放置、寝る前…23時20分に見たら、完全な開花状態でした。 

月下美人の開花…我が家ではもう年中行事の一つで、珍しくも何ともありませんが、開花するとやっぱりうれしい。(笑)

まだこれからも、何度も開花すると思います。過去の最高は4回の開花で、60輪ほど咲いたと思います。今年はそこまでは回復しきれてないと思いますが、あと何回か楽しい思いができるでしょう。

毎回思うことですが、政治のことも、そして社会のことも、月下美人を愛でる…そんな思いで見ることが出来たら幸せだろうなあ。
みんなが安心できる社会も、そうでない社会も、すべては国民の意識、選挙での投票で決まります。国民の皆様、そのことだけはどうか肝に銘じて下さいね。





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/07/19 20:47 ] 草花たち | TB(0) | CM(2)

異常気象と原発の関係

2017/07/14(金)

皆さま、お久しぶりです。
台風3号が四国に上陸したのは、7月4日の正午頃でした。もうあれから10日もたったんですねえ。早すぎます。
台風進路は、ほとんど四万十市を直撃しました。
隣県愛媛の宇和島に『台風上陸』の報があって、すぐに雨風が突然に強くなり、我が家の防風林がうなりをあげて揺れ始めました。雨も完全な横殴りに変わり、久しぶりの(去年は珍しく台風の直撃ゼロだったので)台風の襲来を味わいました。

まあ、豆台風だったので、1時間ほどで雨風は弱まり、気になって外に出てみましたが、通路の木々や竹の倒れこみもなく、里の被害もなく、私的にはほっと一息つきました。

しかし、その後の被害の凄さに驚きました。
折からの梅雨前線の停滞とダブって、特に九州では壊滅的被害を受けた地域が続出…見慣れた九州の景色の変貌ぶりに唖然としてしまいました。

九州は私の生まれ育った町…いつも宿毛湾からフェリーに乗って、大分県佐伯市に渡り、九州自動車道を通り、阿蘇へ、そして天草へと向かうのがいつものコースでした。
九州自動車道は、日本一景色の良い自動車道で、今回大きな被害を受けた町々は、帰郷するたびに訪れては、その景色と街並みを愛でてきたところでした。

それにしても、九州は大変な事態です。昨年の大地震の回復も、まだ途中なのに、今回の大雨被害は、住民の心が折れる…そんな事態ではなかろうかと、私は心配しています。

最近の、政府与党の、人を食ったというか、余りにも国民の悲しみとか、辛さとか、日々の国民の暮らしから離れた、党利党略、私利私欲におぼれたアベ政権の醜さに、ブログ更新する気力さへ萎えている私ですが、福島や熊本や、あるいは原発に人間としての暮らしを奪われた人たちのことを思うと、ここでくじけているわけにはいきません。

たとえ《蟷螂之斧》であろうと、アベシンゾウの悪政に立ち向かっていきたいと思います。

年々相次ぐ異常気象の一因は原発

最近とみに異常気象が続発し、雨風の威力が増大の一途であります。
その大きな原因は、温暖化と海水温の上昇にある…と言われております。
温暖化は、特に世界でも問題視され、パリ協定によるCO2ガスの削減が課題とされていますが、もう一つ見逃せない原因が、原発排水による海水温の上昇です。

原発は現在、世界に437基が存在しているそうです。現在すべてが稼働しているわけではありませんが、原発1基当り、必要な冷却水の量を皆さん、ご存知ですか?
先日、知人にこの質問をしたら、しばらく考えたのち《1万トン?》との答えが返ってきました。
まだまだ。
じゃあ、10万トン?
まだまだ。
じゅあ、100万トン?
まだまだたよ。
ええっ~~…という話になりました。

原発1基当り、必要な冷却水は、1日1000万トン以上…だそうです。
この原発が、世界で大量の温水を海に流し続ければ、当然海水温は上昇します。また冷却水として吸い込まれた海水中には、大量のプランクトンや稚貝、幼魚が含まれています。
これらの稚貝や幼魚は、当然ながら死滅してしまいます。

最近、本当に魚が少なくなってしまいました。大自然の宝庫みたいな、ここ四万十市でも、10年前と比較すると、釣れる魚が激減しています。
そうかあ、原因は原発だったのかあ…いまさらながら、腹が立ってきました。

原発で良いことなんて何もありません。
常に命の心配と逃げ出す心配が、もれなく付きまとってきます。
そんなスリルが楽しいなんて…そんなバカな国民もいるのでしょうか?


DSC_0002_20170714105632939.jpg
庭のキキョウ…本格的に咲き誇っています


IMG_5936.jpg IMG_5941.jpg
7月8日久しぶりに高知市へ出かけてきました。
高知城を見るのも久しぶり。右は城の前の商店街の、その入り口にある《おひろめ市場》以前は、ここでビールを一杯やりながら昼飯…なんてありましたが、最近は観光客が多くて、座る席も空いてません。(笑)


IMG_5943.jpg IMG_5935.jpg
何故高知市内へ出かけたかというと、その理由はこれです《九条の会の交流会》に参加するためでした。その模様については、また別の機会にお知らせします。

とにかくまあ、雨がやんだと思ったら突然に真夏がやってきました。連日暑さと湿気にふうふう言っています。大好きな卓球も7月、8月はお休みにしました。
冷えたビールが最高のごちそうです。皆様も暴飲には注意ください。

そんな暑い中、何を思ったのか、我が家の連れ合いさんは、林の中に捨てていた一輪車を引っ張り出してきて、土を入れ、ご覧のように鉢植えに変えて、ご満悦です。




sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/07/14 17:33 ] 原発・原爆 | TB(0) | CM(0)

比叡山の旅その2

2017/07/05(水)
都議選での《自民党の歴史的惨敗!》の余波は、今も報道をにぎわかしていますが、「十分な反省と国民への丁寧な説明が必要」…とアベシンゾウが言った、その言葉も乾かぬうちから、馬鹿たれちんの菅官房長官は相も変わらず「説明は十分にした」「稲田の罷免の必要はない」などと、記者連と対決しています。まったく《懲りない面々》です。

また大勝した《都民ファースト》も、次々と問題が噴出しています。金の横領だとか、裏切りだとか、密告だとか、政策は本部に聞いてくれ…とか。こうなると、もう下手なお笑いよりも、政治の世界がよっぽど面白いのではないか。
《選挙の顔》を果たした小池知事は、代表の座を予定通り(世間ではサギみたい…と怒ってる人もいるが、どうもこれは当初からの予定に入っていたのだろう)野田数に譲った。

新代表は、アントニオ猪木議員の秘書時代、事務所の公金4,000万円を横領し、政治活動と称してキャバクラで豪遊、猪木議員から解雇され、告訴されている…そんな人物であり、また日本の闇を牛耳る右翼団体《日本会議》のメンバーである。

さてさて、都民の選択で伏魔殿と称されていた都政の闇は、果たして明るくなるのであろうか?
妖怪自民が粛清された都政で、今度は公明という鵺(ぬえ)、日本会議というサタンが跋扈するのではないか…と私は憂いている。



比叡山の旅・その2



6月28日、50年ぶりに訪ねた比叡山山頂遊園地は《ガーデンミュージアム比叡》と名前を変え、お花畑に代わっていました。


IMG_5881.jpg IMG_5899.jpg
山頂の《花の庭》突き当りの店はお土産品などを売っていました。
天気が良ければ、眼下にきれいな琵琶湖の景色が見えるはずなんだが、残念ながら雨模様の霧の中でした。

ちょうど昼になりました。右は、すぐ隣にある《カフェ・ド・パリ》ここでちょっと一休み。コーヒーとチーズケーキで疲れをとります。


IMG_5900.jpg IMG_5906.jpg

カフェの、その先にはローズガーデンが広がっていました。
ここは夏も清涼なので、夏場でもバラの花が咲くそうです。少しのバラしか紹介できないのが残念です。たくさんのバラが咲いていました。


IMG_5909.jpg IMG_5924.jpg
                                                                                            東塔の大講堂(重文)

バラの花を楽しんだ後は、《奥比叡ドライブウェイ》に入り、比叡山延暦寺を目指しました。      ここで一つ注釈…知らない人も多いと思いますが、『延暦寺』という名前のお寺はありません。
比叡山の山頂にある『東塔』『西塔』『横川』の3つのエリアの総称を『延暦寺』と呼びます。

連れ合いさんと2人、とりあえず東塔を巡りました。料金は700円。宝物殿は別途500円。

ここ比叡山は、何と過去3度も焼き討ちにあっていることが分かりました。びっくりです。

1435年足利義教が行った比叡山攻撃とその後の根本中堂自焼。
1499年細川政元が行った比叡山焼き討ち。
1571年織田信長が行った比叡山焼き討ち。

どうして、比叡山が3度も焼き討ちされたのか、興味のある方は調べてみて下さい。
それにしても、こんな例は他の寺院ではありませんよねえ。伝教大使の教えは一体何だったのか?と不信心者の私としては、笑ってしまいます。根本中堂は、焼き討ち以外にも、台風で倒壊したこともあったそうです。


IMG_5926.jpg IMG_5929.jpg
    新築されたのか…鐘楼                                              国宝・根本中堂…修理中でした
2度目の根本中堂訪問…大講堂から少し行くと、下り坂があり、くぼ地の中に根本中堂が見えていました。期待していた外観は、ご覧の通り工事中の為、よく見えませんでした。
しかし、中には入ることができました。さすがに国宝です。建物は重厚で迫力ありました。
薄暗い中で《不滅の法灯》が、瞬いていましたが、歴史的に見ると、過去3度の焼き討ちで、この法灯は、長い間途絶えていたこともあったのですねえ。


IMG_5931.jpg IMG_5934.jpg
文殊楼…ここも何度も燃えたり倒壊したりしている                   琵琶湖

とにかくこの日は、雨模様でしかも気温が高かったので、蒸し暑くて参りました。
連れ合いさんは東塔以外も行きたいようでしたが、私はもう、ここだけで十分。西塔では、車の中で休憩していました。

そして横川エリアはパス。琵琶湖大橋の近く雄琴に降りて、湖西道路で名神に入り、帰路につきましたが、まあ結構道がややこしく、高速代も結構かかりました。
比叡山と言えば、思い出すのが高野山です。

私としては、四国巡礼の地に住んでることもあり、やはり高野山の方がなじみがあります。
観光客も高野山の方が多いようです。次回は高野山に足を向けてみましょうか。(笑)





sho_fj3.jpg
a_01.gif← 気が向いたらポチッと押してください

[ 2017/07/05 12:11 ] 風景 | TB(0) | CM(2)